「2011 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 うわー。また今年もギリギリだー。

2011年10月22日(土)「Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one」(日本武道館)

2011年12月31日(土)「Mai Kuraki Countdown Live 11-12 〜Dragon Heart〜」(パシフィコ横浜 国立大ホール)

の2011年に行われる予定(2011年10月17日現在)のライブの掲示板です。
みなさん、遅くなってごめんよ〜。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
1 / 3 ページ 前へ→

【44】Re:遅くなりましたが、その3です☆
 黒砂糖  - 12/2/18(土) 3:54 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

どうもです(笑)。遅くなりましたが、マイペースでレスらせて
頂きますね♪

> パート3もありがとうございます!

いえいえ。ご丁寧にお付き合いくださって、マジで恐縮です。。。

>>12.step by step・・・アハハなコスプレコーナーが終わって、ここからは、いよいよ、毎年恒例のカウントダウンイベントに向けての、新旧取り混ぜての、盛り

> CDLでもこの曲は歌ったのですね。
> 10月の武道館ライブのレポのレスに書きましたが、私は麻衣さん自身がこの曲がお気に入りであるという印象(思いこみ?)を持っています。CDLではそんな様子を感じましたか? 

そうですね、何だか、CDLと現行のツアーの印象が、ゴッチャになって
しまっている印象がありますが、手拍子を合わせる感じを含めて、とても
温かく盛り上がる感じが、とても印象的なのが、この曲のライブでの印象
ですね(笑)。

>>13.Love, day after tommorow・・・次は、大定番のこの曲でした。スクリーンには、すっかりお馴染みの、「L・O・V・E」の指文字のアニメが表示され、会場で

> この曲は歌う位置(順番)をいろいろと試しているみたいですね。
> 今回は全体の中の位置として、自然に感じられましたか?

この曲は矢張り、色んな意味で別格と言うか、セットリストの流れに中で、
どこにおいても、ある意味で浮いてしまうような、でも、どこで歌っても
これだけは許される様な、そんな曲だと思っています(笑)。実際、麻衣さん
ライブに初めて参加されるファンの方は特に、色んなツアーに参加して、どこ
でこれが流れても、この曲が始まると、反応が違いますからね(笑)。矢張り、
その意味でも、これは、特別な代表曲なんだと思います。

>>14.ラララ*ラ・・・そして次は、初めて聴く新曲が来ました♪ タイトルからして、柔らかいバラードを勝手に想像していたら、あっと驚く熱いラテン調の曲で

> この曲はラテン調であることは確かですが、アルバムで聴いたときに「レトロ調」と表現したくなるような曲だと感じました。この曲と『touch Me!』に収録されている『Break the Tone』は、私にとっては、昭和的な雰囲気を感じさせる曲です。

なるほど〜(笑)。実は、麻衣さんの曲って、昭和のテイストを隠し味に
した曲って、結構沢山ありますよね(笑)。

> もちろんこのタイプの曲はCDで聴くのとライブで聴くのでは大きく印象が異なると思いますので、3月のライブで聴けることを楽しみにしています。

ライブだと、大いに盛り上がりますので、お楽しみに(笑)。

>>15.PUZZLE・・・そして次は、これまでの麻衣ミュージックの中でも、特に強烈なパワーに満ちたこの曲が来ました。振り上げて回すペンライトの感じも、この曲の時は、思わず力が入ってしまいますので、ペンライトの先端が外れて飛ばない様に、注意が必要です(笑)。理屈抜きに熱い、ライブの感じが最高でした。
>>
>>16.FUTURE KISS・・・ライブで、この曲のアグレッシブなイントロが来ると、「キター!!」って感じになります(笑)。熱く楽しいフリに向けて、前後のお客さんとの距離感を確認しながら、スタンバイする感じ(笑)。今回も、大いに楽しみました。個人的には、最近の麻衣さんライブの熱いパートの中で、一番のお気に入りの曲です♪

> 15は固定ファンの間では人気が高い曲ですが、私はあまり好きな曲ではありません。私はどうしてもこの曲だったら水樹奈々さんのようなアニメ声優系の人が歌った方が似合うだろうという印象を拭うことができません。

麻衣さんの曲の中でも、特にパワフルな面を前面に出した曲だと思う
のですが、個人的には、パワフルな歌声が持ち味の人が、ホントに
パワフルに歌ったものではなく、これは、古いところでは「Make my
day」あたりにも通じる味わいとして、何て言うか、「細腕の女の子
が一生懸命につっ張ってる」みたいな感じで、個人的には妙に好きな
んですよね(笑)。あと、ライブでの、ダンサーさん達と息のあった
イントロの髪を振り乱しての感じだとか、ペンライトを振り回す時
の力の入り方だとか、矢張り、この曲は独特の魅力があると思って
います(笑)。

> 16は。。。あの振りをやったのですか?。。。あの振りがなければいい曲なのですが。。。(笑)

いやいや、あの振りがまた、良いんですよ(笑)。

>>17.さよならは まだ言わないで・・・そしてカウントダウンイベント前の最後の曲は、これでした。曲の最初に、「最後の曲です♪」みたいな麻衣さんの紹介で、

> 題名、歌詞を考慮するとエンディング曲としていいかも。
> 今後のライブは『Be With U』を本編のエンディング、この曲をアンコールの最後の曲として定番化するのも悪くないと思いました。

いやあ、お見事です(笑)。てか、それがそのまま、現行のツアーの
セットリストなんですけど(笑)。

>>そして、麻衣さんは、赤いドレス姿で登場。いよいよ、恒例のカウントダウンイベントでした。一年間、本当に大変な年だったから尚更、こうして今年も、麻衣さんライブで無事にこうして集まることが出来て、そして楽しく新しい年を迎えることが出来る喜びに浸りながら、カウントダウンに向けた麻衣さんのアハハなMCに耳を傾けました(笑)。これまでのカウントダウンイベントでは、楽しげに会場に向けて話しかけている内に、いつの間にか10秒を切ってしまっていて、大あわてみたいな、アハハな超天然な場面だとかが、結構ありましたが、今回は麻衣さん、きっと、こんな年だからこそ、カウントダウンを無事に成功させようと言う気合いが十分でした(笑)。何度も、スクリーンを振り返って、そこに表示される時計に気を付けつつ、カウントダウンの瞬間に向けて、楽しそうに話していました(笑)。そして、気持ちがはやって、「みなさん、行くよ〜♪」みたいに叫んで振り向くと、まだ20秒ぐらい残っていて、「まだ早かったね〜♪」みたいな感じ、会場の温かい笑いを誘っていますた(笑)。
>>
>>そして、今年は、カウント10からキチッと、みんなで声を揃えて、カウントダウンすることが出来ました♪ スクリーンの数字が、段々と小さな数になって行って、そこに現れた卵が、ピクピクっとなって、殻を破って、その中から、今回のライブのロゴになっている可愛い龍の赤ちゃんが生まれて来るアニメも、めちゃ可愛かったですね(笑)。ともあれ、今年も、麻衣さんライブで、無事に年を越すことが出来ました♪♪
>>
>
> このあたりはCDLならではの楽しみでしょうね。参加できた人が羨ましい(笑)。

お陰様で、こんなアハハな楽しみを、今年も味わうことが出来ました☆

>>18.Strong Heart・・・年を越して、銀色のテープが、パーンと、客席に向かって放たれました。1階席でしたが、後ろの方だったので、残念ながら届きませんで

> これも最適な配置だったと思います。
>
> 近年の麻衣さんのライブはセットリストの組み方が上手になっていると感じるのは私だけでしょうか?

これはホントに、最適な配置でした(笑)。実際、ライブ前の予想で、
新年の1発目に、これを予想していた人が、結構いました(笑)。

>>19.chance for you・・・「改めて、明けましておめでとうございます♪」みたいなMCに続いて、この曲が来ました。カウントダウンイベントの前で一応本編が
>>
>>20.一秒ごとに Love for you・・・僕は、てっきり、「always」が来て、今年のカウントダウンライブもお終いなのかな〜とか思っていたら、まだまだ、そんな感
>>
>>21.always・・・そして、新年の3曲目は、この、ライブを締めくくる大切な曲が来ました。バンドのイントロで、すぐにこの曲だと判って、まだまだ終わって欲
>>
>>22.Diamond wave・・・ところが、まだ、ライブは終わらないで、そう、この曲が来ました(笑)。買ったばかりのタオルを慌てて出して、振り回して、楽しみま

> 18のところでセットリストの組み方を褒めましたが、19-22は少し?マークがつくかも。
>
> 20が『always』で終わりになると思わせて、実は22まであるという演出はファンからすると最後に得した気分になれるのでよかったと思います。
>
> その場にいなかったので、的確な意見ではないかもしれませんが、『chance for you』と『always』の間に挟む曲だったら『一秒ごとに Love for you』よりはしっくりくる選曲があったのではないかと思いました。最近歌っていないサプライズ的に受けとめられそうな曲だったらおもしろかったような。。。

そうですね。参加していた自分も、そこで「chance〜」が来て、「えっ?
もう終わりなの???」みたいになったのを、憶えています。

これは、CDLと言うライブの、独特の時間配分と密接な関係が
あるのだと思われます。つまり、ライブは22時スタートで、年越し
イベントまでに2時間の内容な訳ですよね、そうすると、年越しイ
ベントの後は、実質的にアンコール分の時間しか残っていない
みたいな感じで。これが、11時スタートだったら、カウントダ
ウンイベントの前後で、思い切ったセットリストを組める様な
気が、しないでもないです。

> 22はタオル回しができるのでCDLで採用したい気持ちはわかりますが、なんとなく2012年夏ぐらいまでは封印しておいた方がよかったかもしれないと思いました。

この曲の、いたわりに満ちた温かい波の感じ、好きなので、封印
してしまうのは寂しいですけどね(笑)。

> 17を『Be With U』にして22を『さよならは まだ言わないで』にするとよかったのではないかというのが私の感想です。

この辺りは、是非、「OVER THE RAINBOWツアー」に参加して、味わって
頂いて、その感想を伺いたい感じです(笑)。

>>ライブはここで一旦終わって、後は、休憩を挟んで、毎年恒例の、座席に座っての「出待ちショー」がありました。そこでも、新しい試みなんかも含めて、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました♪ そしてその中で、麻衣さんからのサプライズ、運転免許の取得が公開されました(笑)。末永い安全運転を祈っています(笑)。
>>
>
> 運転免許の件はコアなファンの間では事前に予想されちゃったみたいなので、それほどのサプライズではなかったかな? 

いやいや、そんな感じが、何とも麻衣さんらしくて、イイ感じでは
ないですか〜(笑)。

>>出待ちショーが終わったのが、深夜の3時近く。人の波に乗って外に出ると、ロビーの所で、ライブの余韻をそれぞれに噛みしめて、沢山の、いつもの笑顔の麻衣友さん達と会えるのも、ライブ後の大きな喜びです♪ 
>>
>>そして、十数人の麻衣友さん達と合流することが出来て、去年と同じ中華料理屋さんで、新年会をしている内に夜が明けて、今年もパシフィコの所まで歩いて戻って、ぷかり桟橋の階段の上から、毎年恒例の初日の出でした(笑)。今年は、天気がイマイチで、雲がちで、はっきりと、水平線から頭を出す初日の出の様子は見えませんでしたが、でも、気分を味わいました♪
>>
>>来年のカウントダウンライブ後に見る初日の出は、もっとちゃんと見れたらイイなと、早くも来年に気持ちが向いたりもしますた(笑)。
>>
>
> 麻衣友さん達と楽しく正月を迎えられたようでよかったです。おめでとうございます♪〜♪

どうもありがとうです☆ よろしかったら、いつか、その気になられましたら、Steinfeldさんも、是非、ご一緒に♪

>>そんな感じで、またまた遅くなった上に長たらしくなってしまいましたが、ここまで読んでくださった方は、どうもありがとうでした(笑)。
>>
>
> 今回も3部作の大作、とてもとても楽しかったです。
> ありがとうございます☆☆☆

こちらこそ、お忙しい中、ご丁寧にお付き合いくださいまして、
感謝感謝です☆

>p.s. 本日はそろそろパワー切れなので、ツアーのライブレポは後日読みたいと思います。

こちらも、今日はガス欠につき、このへんで失礼します♪

どうもありがとうでした☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【43】Re:その2です♪
 黒砂糖  - 12/2/15(水) 4:45 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

いつも、どうもです(笑)。

> 仕事多忙で超々遅レスになりましたが、楽しく読ませていただきました。

いやいやいや、とんでもないっす。お忙しい中、お付き合い頂けて
嬉しいです。それに、こうしてゆっくりと、ライブを振り返ったり
する機会を持てて、とても嬉しく思います♪

>>07.白い雪・・・先ず、ピアノによるこの曲のイントロが聞こえて来て、「キター」みたいな(笑)。今回は、ピンク色のロングドレスでの登場です。この曲、冬のライブにぴったりだし、それに、思い出しで見ると、確か、最初のカウントダウ
>
> ドレスの色など、黒砂糖さんの記憶力に感心しました。 

いやいやいや、衣装関連は、自分の最も弱い箇所ですが、「白い雪」が
ライブで初披露された時の白いドレスって、すっごく印象的だったので、
憶えています。

>>既に着席して聴いていました(笑)。そんな様子を見て、麻衣さんから、「もう、みんな、もう座ってる♪ みなさん、さすがに良く判ってますね〜♪」みたいな、アハハなMCで始まりました(笑)。MCの中身は、カウントダウンライブは今年で6回目になること、そうした時間を積み重ねて来れたことへの感謝、今年も全国から沢山の方が来てくれたことに対する感謝、今年は大変な年だったけど、「絆」を感じることが出来た年だったと言うこと、これからも、出来る限りのことをやって行くと言うこと、そして、もっともっと絆を深めて行きたいと言ったことなど。そんな、いつもの様に、生真面目で丁寧で、実感のこもった内容のMCでしたが、ここだけではなかったですが、あちこちで、「今年」と「来年」がごっちゃになってしまう様な、恒例の天然節の味付けも、ありました(笑)。
>
> 参加していないと気になるトークの内容紹介ありがとうございます。
> 痒いところに手が届いたような感じで、読んで気持ちがよかったです(笑)。

そう言って頂けると、書いた甲斐がありました(笑)。ただ、内容は
書き言葉で少しは伝わっても、矢張り、麻衣さんのあの、独特のMCの
声で聞いてこそみたいなものもありますので、矢張り、会場で実際に
聞くのがベストで、次に、ライブDVDだとかが望まれるみたいな気が
します(笑)。

>>08.Tommorow is the last Time・・・次に、個人的に、最近の麻衣ソングの中で、最も好きな数曲の中の1曲であるこの曲が来ました。これなんかは、去年のカ>>
>>09.Sun will shine on u・・・ニューアルバムについてのMCを挟んで、その中の1曲であるこの曲の初披露です♪ 先ず、大好きなバラードコーナーでやると言
>>
>>10.あなたがいるから・・・そして、大楠さんの美しいソロピアノに導かれて、この曲が来ました。2011年は、日本が大変な状況に追い込まれた年で、その中で、
>>
>>11.明日へ架ける橋・・・そしてバラードコーナーの最後は、この、明日へ向けての希望を歌った大切な1曲で締めくくられました。なかなか面白いアレンジで、
>
> 07-11のバラードコーナーはいい選曲だったという印象です。

バラードコーナー、個人的には、麻衣さんライブのハイライトで、
まさに至福の時間です♪

> 08は今後もたくさん歌い続けて欲しい名曲です。

これは、本当に素晴らしい曲ですよね。ただ、ライブだと、ショート
バージョンが多いのが、とてもモッタイナく思う曲です。

> 09は「懐かしいサウンドと超高音部」と表現されていますが、どういうニュアンスの懐かしさなのかな?  なぜこの部分に興味を感じたかというと、アルバムで聴いたときに、私も「懐かしさ」を感じたからです。

う〜ん、これは難しいですね(笑)。理屈では上手く言えないんですが、
とにかく、最初に聴いた時に、「懐かしさ」を感じたんですよね(笑)。

> 私の場合は、「数年前の麻衣さんを思い出す懐かしさ」を感じました。ちょっと違う言い方をすると、もしこの曲がいつの曲かを知らないで聴いたら2003から2007の間のいつかにリリースされた曲だと思うような感じです。

なるほど〜。Steinfeldさんの場合は、麻衣ソングの中での懐かしさな訳
ですね(笑)。

> 10-11は震災の年にふさわしい、ぴったりの選曲だと思いました。

ホントですね(笑)。そして、だからこそ、感情の込め方の焦点が
ぴたりと合った、本当に心に響く歌声でした!!!

>> 〜楽屋コント→サッカーのユニフォームで麻衣さん登場〜
>>バラードコーナーが終わって、麻衣さんの着替えタイムですが、ここで何と、今
>
> 幕張の3D映像でもやったし、麻衣さん、本当にコスプレ好きなのかな(笑)。

ホントは、こう言うのって、苦手そうな気がするのですが、一生懸命に
ファンに喜んで欲しいみたいな感じが、とても伝わって来る所が、
個人的は最高に好きです(笑)。

> 本人が楽しくて、固定ファンが喜ぶならばいいのですが、こういうのってライトファンや同伴者として来ている非ファンや女性のうけはどうなんだろう。そういう人の率直な感想も知りたいような。。

確かに、それは言えてますね。ただ、こう言うことをすると、麻衣さんの
人柄の良さが、滲み出るので、それは、非ファンであれ、女性であれ、
心ある人には伝わると思うのですが。

> パート2も楽しかったです。ありがとうございます♪

こちらこそ、お忙しい中、どうもありがとうでした(笑)。

パート3は(長くてすみません。。。)、改めて、ゆっくりと
拝見して、お返事させて頂きますね♪

では(笑)。
・ツリー全体表示

【42】Re:その2です♪
 黒砂糖  - 12/2/14(火) 4:20 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

どうもです(笑)。いつも、本当にどうもありがとうです(笑)。

と言いつつ、今日はガス欠につき、改めて、少しずつ拝見して、
お返事していきますね(笑)。

PS・超多忙のご様子ですが、体調を崩さないように気を付けて
くださいね☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【41】Re:遅くなりましたが、その3です☆
 Steinfeld  - 12/2/14(火) 1:39 -

引用なし
パスワード
    パート3もありがとうございます!

>
>12.step by step・・・アハハなコスプレコーナーが終わって、ここからは、いよいよ、毎年恒例のカウントダウンイベントに向けての、新旧取り混ぜての、盛り上がりコーナーでした。先ずは、新しいこの曲でスタートです。まさに、カウントダウンに向けて、楽しく、一歩一歩、歩いて行こうみたいな感じで、ノリノリで楽しかったですね(笑)。軽快でいながら、歌うのはメチャ難しそうなこの歌を、麻衣さんはスルスルと歌いこなしていました。曲の後半、みんなで手拍子を合わせる感じも、ホントに一体になっている感じで、温かくてとても良かったです♪
>

 CDLでもこの曲は歌ったのですね。
 10月の武道館ライブのレポのレスに書きましたが、私は麻衣さん自身がこの曲がお気に入りであるという印象(思いこみ?)を持っています。CDLではそんな様子を感じましたか? 


>13.Love, day after tommorow・・・次は、大定番のこの曲でした。スクリーンには、すっかりお馴染みの、「L・O・V・E」の指文字のアニメが表示され、会場でも、指文字の波が出来ていました(笑)。相変わらず、ライブでこれを歌う麻衣さんの歌声に浸る気持ちよさを感じながら、もつれる指を賢明に合わせて指文字を作る、そんな楽しさが一杯の時間でした(笑)。最後は、指文字で締める最近のアレンジでした。
>

 この曲は歌う位置(順番)をいろいろと試しているみたいですね。
 今回は全体の中の位置として、自然に感じられましたか?
 

>14.ラララ*ラ・・・そして次は、初めて聴く新曲が来ました♪ タイトルからして、柔らかいバラードを勝手に想像していたら、あっと驚く熱いラテン調の曲でした♪ もう既に、アルバムで繰り返し聴いてしまいましたが、ライブ会場で初めて聴いた時の第一印象が、メモ書きに残っています。「ラテン調、熱くアグレッシブ、ラララのメロディが超キャッチ」みたいな(笑)。初めて聴いたのに、麻衣さんの「一緒に♪」の声に応えて、すぐにみんなで「ラララ・ラララ〜♪」みたいに合唱出来る感じが、非常に印象的でしたね。ツアーでも、また、大いに楽しみたい1曲ですね(笑)。
>

 この曲はラテン調であることは確かですが、アルバムで聴いたときに「レトロ調」と表現したくなるような曲だと感じました。この曲と『touch Me!』に収録されている『Break the Tone』は、私にとっては、昭和的な雰囲気を感じさせる曲です。

 もちろんこのタイプの曲はCDで聴くのとライブで聴くのでは大きく印象が異なると思いますので、3月のライブで聴けることを楽しみにしています。


>15.PUZZLE・・・そして次は、これまでの麻衣ミュージックの中でも、特に強烈なパワーに満ちたこの曲が来ました。振り上げて回すペンライトの感じも、この曲の時は、思わず力が入ってしまいますので、ペンライトの先端が外れて飛ばない様に、注意が必要です(笑)。理屈抜きに熱い、ライブの感じが最高でした。
>
>16.FUTURE KISS・・・ライブで、この曲のアグレッシブなイントロが来ると、「キター!!」って感じになります(笑)。熱く楽しいフリに向けて、前後のお客さんとの距離感を確認しながら、スタンバイする感じ(笑)。今回も、大いに楽しみました。個人的には、最近の麻衣さんライブの熱いパートの中で、一番のお気に入りの曲です♪

 14-16は組み合わせとしては適していると思いました。また、CDLのようなコアなファン中心のライブには絶好であるとも思いました。
 
 15は固定ファンの間では人気が高い曲ですが、私はあまり好きな曲ではありません。私はどうしてもこの曲だったら水樹奈々さんのようなアニメ声優系の人が歌った方が似合うだろうという印象を拭うことができません。

 16は。。。あの振りをやったのですか?。。。あの振りがなければいい曲なのですが。。。(笑)


>
>17.さよならは まだ言わないで・・・そしてカウントダウンイベント前の最後の曲は、これでした。曲の最初に、「最後の曲です♪」みたいな麻衣さんの紹介で、ライブの中での今の位置が判って、「もうそんなに時間が経っちゃったの??」とか思う位に、ここまで、もうあっと言う間でした。そしてこの曲、ライブでは初披露ですよね〜。サビの部分、「まだ言わないで♪」と言う所を、ファンが大声で歌う感じも熱くて楽しくて、スタジオ盤でとても印象的だった「イェイ・イェイ〜♪」の部分を、ライブの麻衣さんの歌声で聴くのも、また、格別でしたね(笑)。実に熱く、温かく、そして楽しく、カウントダウンイベントの準備が整った様な感じでした♪
>

 題名、歌詞を考慮するとエンディング曲としていいかも。
 今後のライブは『Be With U』を本編のエンディング、この曲をアンコールの最後の曲として定番化するのも悪くないと思いました。


>
>そして、麻衣さんは、赤いドレス姿で登場。いよいよ、恒例のカウントダウンイベントでした。一年間、本当に大変な年だったから尚更、こうして今年も、麻衣さんライブで無事にこうして集まることが出来て、そして楽しく新しい年を迎えることが出来る喜びに浸りながら、カウントダウンに向けた麻衣さんのアハハなMCに耳を傾けました(笑)。これまでのカウントダウンイベントでは、楽しげに会場に向けて話しかけている内に、いつの間にか10秒を切ってしまっていて、大あわてみたいな、アハハな超天然な場面だとかが、結構ありましたが、今回は麻衣さん、きっと、こんな年だからこそ、カウントダウンを無事に成功させようと言う気合いが十分でした(笑)。何度も、スクリーンを振り返って、そこに表示される時計に気を付けつつ、カウントダウンの瞬間に向けて、楽しそうに話していました(笑)。そして、気持ちがはやって、「みなさん、行くよ〜♪」みたいに叫んで振り向くと、まだ20秒ぐらい残っていて、「まだ早かったね〜♪」みたいな感じ、会場の温かい笑いを誘っていますた(笑)。
>
>そして、今年は、カウント10からキチッと、みんなで声を揃えて、カウントダウンすることが出来ました♪ スクリーンの数字が、段々と小さな数になって行って、そこに現れた卵が、ピクピクっとなって、殻を破って、その中から、今回のライブのロゴになっている可愛い龍の赤ちゃんが生まれて来るアニメも、めちゃ可愛かったですね(笑)。ともあれ、今年も、麻衣さんライブで、無事に年を越すことが出来ました♪♪
>

 このあたりはCDLならではの楽しみでしょうね。参加できた人が羨ましい(笑)。

>18.Strong Heart・・・年を越して、銀色のテープが、パーンと、客席に向かって放たれました。1階席でしたが、後ろの方だったので、残念ながら届きませんでしたが。。。そして、麻衣さんの力強い声で、「今年もよろしくお願いします〜♪」みたいな感じ(嬉)。そして、続いて、この曲の力強いイントロが流れて来ました。今年の最初の1曲目は、ニューアルバムの冒頭を飾る、力強さと適度な落ち着きとのバランスが絶妙な、この曲で始まりました♪
>

 これも最適な配置だったと思います。

 近年の麻衣さんのライブはセットリストの組み方が上手になっていると感じるのは私だけでしょうか?


>19.chance for you・・・「改めて、明けましておめでとうございます♪」みたいなMCに続いて、この曲が来ました。カウントダウンイベントの前で一応本編が終わって、18が、実質のアンコール1曲目みたいなセットリストだったから、そしてライブの大定番のこの曲は、いつもライブの大詰めで歌われる曲だから、「年を越したばっかなのに、もうライブは終わりなの〜。。。」みたいな寂しさを感じつつ、「一緒に♪」みたいな麻衣さんの声に誘われて、今年ものっけから、温かい大合唱に参加出来ました(笑)。大合唱が終わって、麻衣さんの美しい声の聴かせ所、エンディングの「君のためのchance for 〜♪」の「for〜♪」の部分、今までのライブで一度も経験したことが無いぐらいに、良くそんなに息が続くなと、心底感心したくなるぐらいに、力強く声を、長〜く伸ばしたのがとても印象的で、会場からも、感嘆の声が上がりました。凄い聴かせ所だった訳ですが、個人的には、この曲の場合は、もっと力を抜いて、優しい、そよ風の様な、繊細なビブラートで聴ける方が、もっと気持ち良いのにな〜とか思ったのも、正直な感想だったりします(笑)。
>
>20.一秒ごとに Love for you・・・僕は、てっきり、「always」が来て、今年のカウントダウンライブもお終いなのかな〜とか思っていたら、まだまだ、そんな感じではなくて、この、真夏に届けて下さった、熱い熱い曲が続きました(笑)。「オーエーオー♪」なやり取り、バンドのメンバーとのやり取りも、とてもイイ感じでした。ギターのコージさんにマイクを振った時の、「みなさん、明けまして」→客「おめでとう!」みたいなやり取りも、イイ感じでした(笑)。
>
>21.always・・・そして、新年の3曲目は、この、ライブを締めくくる大切な曲が来ました。バンドのイントロで、すぐにこの曲だと判って、まだまだ終わって欲しくないけど、仕方ないな〜みたいな気持ちで、麻衣さんライブを締めくくる大切なこの曲の感じを味わいながら、麻衣さんの動きに合わせて、切なく手を振った印象です(笑)。
>
>22.Diamond wave・・・ところが、まだ、ライブは終わらないで、そう、この曲が来ました(笑)。買ったばかりのタオルを慌てて出して、振り回して、楽しみました(笑)。今年も、こうした熱く温かい麻衣さんライブの波が、沢山広がって行ったら良いな〜とか思いながら、楽しんでいた印象です♪
>

 18のところでセットリストの組み方を褒めましたが、19-22は少し?マークがつくかも。

 20が『always』で終わりになると思わせて、実は22まであるという演出はファンからすると最後に得した気分になれるのでよかったと思います。

 その場にいなかったので、的確な意見ではないかもしれませんが、『chance for you』と『always』の間に挟む曲だったら『一秒ごとに Love for you』よりはしっくりくる選曲があったのではないかと思いました。最近歌っていないサプライズ的に受けとめられそうな曲だったらおもしろかったような。。。

 22はタオル回しができるのでCDLで採用したい気持ちはわかりますが、なんとなく2012年夏ぐらいまでは封印しておいた方がよかったかもしれないと思いました。

 17を『Be With U』にして22を『さよならは まだ言わないで』にするとよかったのではないかというのが私の感想です。

>
>ライブはここで一旦終わって、後は、休憩を挟んで、毎年恒例の、座席に座っての「出待ちショー」がありました。そこでも、新しい試みなんかも含めて、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました♪ そしてその中で、麻衣さんからのサプライズ、運転免許の取得が公開されました(笑)。末永い安全運転を祈っています(笑)。
>

 運転免許の件はコアなファンの間では事前に予想されちゃったみたいなので、それほどのサプライズではなかったかな? 


>出待ちショーが終わったのが、深夜の3時近く。人の波に乗って外に出ると、ロビーの所で、ライブの余韻をそれぞれに噛みしめて、沢山の、いつもの笑顔の麻衣友さん達と会えるのも、ライブ後の大きな喜びです♪ 
>
>そして、十数人の麻衣友さん達と合流することが出来て、去年と同じ中華料理屋さんで、新年会をしている内に夜が明けて、今年もパシフィコの所まで歩いて戻って、ぷかり桟橋の階段の上から、毎年恒例の初日の出でした(笑)。今年は、天気がイマイチで、雲がちで、はっきりと、水平線から頭を出す初日の出の様子は見えませんでしたが、でも、気分を味わいました♪
>
>来年のカウントダウンライブ後に見る初日の出は、もっとちゃんと見れたらイイなと、早くも来年に気持ちが向いたりもしますた(笑)。
>

 麻衣友さん達と楽しく正月を迎えられたようでよかったです。おめでとうございます♪〜♪


>そんな感じで、またまた遅くなった上に長たらしくなってしまいましたが、ここまで読んでくださった方は、どうもありがとうでした(笑)。
>

 今回も3部作の大作、とてもとても楽しかったです。
 ありがとうございます☆☆☆


p.s. 本日はそろそろパワー切れなので、ツアーのライブレポは後日読みたいと思います。
・ツリー全体表示

【40】Re:その2です♪
 Steinfeld  - 12/2/14(火) 0:23 -

引用なし
パスワード
    仕事多忙で超々遅レスになりましたが、楽しく読ませていただきました。


>
>07.白い雪・・・先ず、ピアノによるこの曲のイントロが聞こえて来て、「キター」みたいな(笑)。今回は、ピンク色のロングドレスでの登場です。この曲、冬のライブにぴったりだし、それに、思い出しで見ると、確か、最初のカウントダウンライブの年のツアーファイナルで初披露された曲で、その後の最初のカウントダウンライブの時も、バラードの1曲目でしたね。その時は白いロングドレスで登場したんだよな〜なんて事を懐かしく思い出しながら、より落ち着きと表現力を増した、でも基本、相変わらず美しい歌声に浸りました(笑)。
>

 ドレスの色など、黒砂糖さんの記憶力に感心しました。 


>既に着席して聴いていました(笑)。そんな様子を見て、麻衣さんから、「もう、みんな、もう座ってる♪ みなさん、さすがに良く判ってますね〜♪」みたいな、アハハなMCで始まりました(笑)。MCの中身は、カウントダウンライブは今年で6回目になること、そうした時間を積み重ねて来れたことへの感謝、今年も全国から沢山の方が来てくれたことに対する感謝、今年は大変な年だったけど、「絆」を感じることが出来た年だったと言うこと、これからも、出来る限りのことをやって行くと言うこと、そして、もっともっと絆を深めて行きたいと言ったことなど。そんな、いつもの様に、生真面目で丁寧で、実感のこもった内容のMCでしたが、ここだけではなかったですが、あちこちで、「今年」と「来年」がごっちゃになってしまう様な、恒例の天然節の味付けも、ありました(笑)。

 参加していないと気になるトークの内容紹介ありがとうございます。
 痒いところに手が届いたような感じで、読んで気持ちがよかったです(笑)。

>
>08.Tommorow is the last Time・・・次に、個人的に、最近の麻衣ソングの中で、最も好きな数曲の中の1曲であるこの曲が来ました。これなんかは、去年のカウントダウンライブだとかでの素晴らしい聴き所だった曲で、久しぶりにライブで聴きましたが、大変なことがあった後だから、再びこの曲をライブで聴くことが出来た喜びみたいなものを噛みしめながら聴きました。サビの部分の「みんなで一緒に♪」みたいな麻衣さんの呼び掛けに応じて、左右に手を振った青いライトが、とても美しかったですね♪ 唯一残念だったのが、ショートバージョンだったことです。
>
>09.Sun will shine on u・・・ニューアルバムについてのMCを挟んで、その中の1曲であるこの曲の初披露です♪ 先ず、大好きなバラードコーナーでやると言うことで、きっとアルバム曲の個人的なハイライトになりそうな予感で、椅子に座り直して聴きました(笑)。このレポを書いている時点では、もう既にアルバムを聴いてしまって、しかも可成りのヘビロテなので、この曲の、癒し度満点の個性は判ってしまっていて、ライブで最初に聴いた時の印象を変えてしまっているかも知れませんが、暗がりで書いたメモには、「懐かしいサウンドと超高音部」って書いてあります(笑)。今は、逆に、アルバムを聴いて曲を知った感じで、早くライブで味わってみたい曲ですね♪
>
>10.あなたがいるから・・・そして、大楠さんの美しいソロピアノに導かれて、この曲が来ました。2011年は、日本が大変な状況に追い込まれた年で、その中で、チャリティソングとして、今出来ることをいち早く形にしてくださったこの曲は、ある意味で、2011年の代表曲だと思っています。それを、何の種も仕掛けもない、ピアノだけの伴奏で、時に繊細に時に力強く、深い悲しみを癒す様に切々と温かく歌い上げてくれて、個人的には、今回のカウントダウンライブの一番のハイライトがこの曲でした。。。
>
>11.明日へ架ける橋・・・そしてバラードコーナーの最後は、この、明日へ向けての希望を歌った大切な1曲で締めくくられました。なかなか面白いアレンジで、スローで始まって、途中、「熱く〜♪」と長く伸ばしてから、少しテンポアップする感じも新鮮でした。エンディングの部分は、この前のチャリティライブの時は、フルオーケストラとの素晴らしい共演でしたが、エンディングの所だけは、バックとの呼吸が今ひとつで、せかせかと歌ってしまったのが残念でしたが、この日は、長く一緒にやって来た、本当に信頼のおけるバンドの演奏をバックに、たっぷりとタメを作って、実に美しくまとめてくれました♪ともあれ、バラードコーナー、もっと沢山聴きたかったなあ。。。
>

 07-11のバラードコーナーはいい選曲だったという印象です。

 08は今後もたくさん歌い続けて欲しい名曲です。

 09は「懐かしいサウンドと超高音部」と表現されていますが、どういうニュアンスの懐かしさなのかな?  なぜこの部分に興味を感じたかというと、アルバムで聴いたときに、私も「懐かしさ」を感じたからです。
 私の場合は、「数年前の麻衣さんを思い出す懐かしさ」を感じました。ちょっと違う言い方をすると、もしこの曲がいつの曲かを知らないで聴いたら2003から2007の間のいつかにリリースされた曲だと思うような感じです。

 10-11は震災の年にふさわしい、ぴったりの選曲だと思いました。


> 〜楽屋コント→サッカーのユニフォームで麻衣さん登場〜
>バラードコーナーが終わって、麻衣さんの着替えタイムですが、ここで何と、今までにない新しい楽しい試みがありました(笑)。先ず、舞台の袖に消えた麻衣さんのことを待つ、レポーターの様子がスクリーンに映し出されました。「今から倉木さんが、着替えに来ます!」みたいな(笑)。麻衣さんの楽屋には、沢山の衣装が掛けてあります。で、「次の衣装はどんなのでしょうか♪」、みたいな感じで、ここから、何と、麻衣さんのよるアハハなコスプレコントが始まりました(笑)。レポーターが、「倉木さん、着替えは終わりましたか?」みたいに聞くと、様々なアハハな衣装で麻衣さんがレポーターの前に登場すると言う感じ(笑)。聴診器をもったナース姿であったり、スケート靴を履いたアイススケーターであったり、うさぎの着ぐるみ姿であったり、サッカー日本代表のユニフォーム姿であったり(笑)。会場からはその度に、温かい笑い声や、「可愛い!!」みたいな歓声が上がっていました♪
>
>そして、それだけに終わらないで、サッカーのユニフォーム姿で実際にステージに登場!!「オーレ・オレ・オレ・オレ♪」と言うサッカーでお馴染みのBGMの中、「マイケージャパン」みたいな♪ 舞台の色んな場所で、床においたサッカーボールを蹴ろうとしてコケるみたいなアハハなコントが続きました(笑)。幕張ライブの2日目の3D映像コーナーや、FUTURE KISSツアーの無茶振りメンバー紹介を思い出させる様な感じで、楽しかったですね〜♪ 何よりも、明るく楽しく今年のライブを締めくくろうと言う、麻衣さんやスタッフさんの気持ちが伝わって来る様な、とても楽しいコーナーでした(笑)。
>

 幕張の3D映像でもやったし、麻衣さん、本当にコスプレ好きなのかな(笑)。

 本人が楽しくて、固定ファンが喜ぶならばいいのですが、こういうのってライトファンや同伴者として来ている非ファンや女性のうけはどうなんだろう。そういう人の率直な感想も知りたいような。。


 パート2も楽しかったです。ありがとうございます♪
・ツリー全体表示

【39】遅くなりましたが、その3です☆
 黒砂糖  - 12/1/21(土) 4:53 -

引用なし
パスワード
   時間の経つのは本当に早くて、楽しかったカウントダウンライブから、もう大分時間が経ってしまいました。ボヤボヤしている内に、待望の「OVER THE RAINBOWツアー」の直前になってしまいましたが、マイペースに、カウントダウンライブのレポ第3弾を行かせて頂きます。今回も、参加された方が何かを思い出したり、参加出来なかった方にライブの楽しさが少しでも伝わったら嬉しいです♪

12.step by step・・・アハハなコスプレコーナーが終わって、ここからは、いよいよ、毎年恒例のカウントダウンイベントに向けての、新旧取り混ぜての、盛り上がりコーナーでした。先ずは、新しいこの曲でスタートです。まさに、カウントダウンに向けて、楽しく、一歩一歩、歩いて行こうみたいな感じで、ノリノリで楽しかったですね(笑)。軽快でいながら、歌うのはメチャ難しそうなこの歌を、麻衣さんはスルスルと歌いこなしていました。曲の後半、みんなで手拍子を合わせる感じも、ホントに一体になっている感じで、温かくてとても良かったです♪

13.Love, day after tommorow・・・次は、大定番のこの曲でした。スクリーンには、すっかりお馴染みの、「L・O・V・E」の指文字のアニメが表示され、会場でも、指文字の波が出来ていました(笑)。相変わらず、ライブでこれを歌う麻衣さんの歌声に浸る気持ちよさを感じながら、もつれる指を賢明に合わせて指文字を作る、そんな楽しさが一杯の時間でした(笑)。最後は、指文字で締める最近のアレンジでした。

14.ラララ*ラ・・・そして次は、初めて聴く新曲が来ました♪ タイトルからして、柔らかいバラードを勝手に想像していたら、あっと驚く熱いラテン調の曲でした♪ もう既に、アルバムで繰り返し聴いてしまいましたが、ライブ会場で初めて聴いた時の第一印象が、メモ書きに残っています。「ラテン調、熱くアグレッシブ、ラララのメロディが超キャッチ」みたいな(笑)。初めて聴いたのに、麻衣さんの「一緒に♪」の声に応えて、すぐにみんなで「ラララ・ラララ〜♪」みたいに合唱出来る感じが、非常に印象的でしたね。ツアーでも、また、大いに楽しみたい1曲ですね(笑)。

15.PUZZLE・・・そして次は、これまでの麻衣ミュージックの中でも、特に強烈なパワーに満ちたこの曲が来ました。振り上げて回すペンライトの感じも、この曲の時は、思わず力が入ってしまいますので、ペンライトの先端が外れて飛ばない様に、注意が必要です(笑)。理屈抜きに熱い、ライブの感じが最高でした。

16.FUTURE KISS・・・ライブで、この曲のアグレッシブなイントロが来ると、「キター!!」って感じになります(笑)。熱く楽しいフリに向けて、前後のお客さんとの距離感を確認しながら、スタンバイする感じ(笑)。今回も、大いに楽しみました。個人的には、最近の麻衣さんライブの熱いパートの中で、一番のお気に入りの曲です♪

17.さよならは まだ言わないで・・・そしてカウントダウンイベント前の最後の曲は、これでした。曲の最初に、「最後の曲です♪」みたいな麻衣さんの紹介で、ライブの中での今の位置が判って、「もうそんなに時間が経っちゃったの??」とか思う位に、ここまで、もうあっと言う間でした。そしてこの曲、ライブでは初披露ですよね〜。サビの部分、「まだ言わないで♪」と言う所を、ファンが大声で歌う感じも熱くて楽しくて、スタジオ盤でとても印象的だった「イェイ・イェイ〜♪」の部分を、ライブの麻衣さんの歌声で聴くのも、また、格別でしたね(笑)。実に熱く、温かく、そして楽しく、カウントダウンイベントの準備が整った様な感じでした♪

麻衣さんは、ひとまず、舞台の袖へ。そして、ステージでは、バンド&ダンサータイムです。それぞれの妙技を披露したりしつつ、徐々に気分が高まって行く感じが、実にイイ感じでした(笑)。

そして、麻衣さんは、赤いドレス姿で登場。いよいよ、恒例のカウントダウンイベントでした。一年間、本当に大変な年だったから尚更、こうして今年も、麻衣さんライブで無事にこうして集まることが出来て、そして楽しく新しい年を迎えることが出来る喜びに浸りながら、カウントダウンに向けた麻衣さんのアハハなMCに耳を傾けました(笑)。これまでのカウントダウンイベントでは、楽しげに会場に向けて話しかけている内に、いつの間にか10秒を切ってしまっていて、大あわてみたいな、アハハな超天然な場面だとかが、結構ありましたが、今回は麻衣さん、きっと、こんな年だからこそ、カウントダウンを無事に成功させようと言う気合いが十分でした(笑)。何度も、スクリーンを振り返って、そこに表示される時計に気を付けつつ、カウントダウンの瞬間に向けて、楽しそうに話していました(笑)。そして、気持ちがはやって、「みなさん、行くよ〜♪」みたいに叫んで振り向くと、まだ20秒ぐらい残っていて、「まだ早かったね〜♪」みたいな感じ、会場の温かい笑いを誘っていますた(笑)。

そして、今年は、カウント10からキチッと、みんなで声を揃えて、カウントダウンすることが出来ました♪ スクリーンの数字が、段々と小さな数になって行って、そこに現れた卵が、ピクピクっとなって、殻を破って、その中から、今回のライブのロゴになっている可愛い龍の赤ちゃんが生まれて来るアニメも、めちゃ可愛かったですね(笑)。ともあれ、今年も、麻衣さんライブで、無事に年を越すことが出来ました♪♪

18.Strong Heart・・・年を越して、銀色のテープが、パーンと、客席に向かって放たれました。1階席でしたが、後ろの方だったので、残念ながら届きませんでしたが。。。そして、麻衣さんの力強い声で、「今年もよろしくお願いします〜♪」みたいな感じ(嬉)。そして、続いて、この曲の力強いイントロが流れて来ました。今年の最初の1曲目は、ニューアルバムの冒頭を飾る、力強さと適度な落ち着きとのバランスが絶妙な、この曲で始まりました♪

19.chance for you・・・「改めて、明けましておめでとうございます♪」みたいなMCに続いて、この曲が来ました。カウントダウンイベントの前で一応本編が終わって、18が、実質のアンコール1曲目みたいなセットリストだったから、そしてライブの大定番のこの曲は、いつもライブの大詰めで歌われる曲だから、「年を越したばっかなのに、もうライブは終わりなの〜。。。」みたいな寂しさを感じつつ、「一緒に♪」みたいな麻衣さんの声に誘われて、今年ものっけから、温かい大合唱に参加出来ました(笑)。大合唱が終わって、麻衣さんの美しい声の聴かせ所、エンディングの「君のためのchance for 〜♪」の「for〜♪」の部分、今までのライブで一度も経験したことが無いぐらいに、良くそんなに息が続くなと、心底感心したくなるぐらいに、力強く声を、長〜く伸ばしたのがとても印象的で、会場からも、感嘆の声が上がりました。凄い聴かせ所だった訳ですが、個人的には、この曲の場合は、もっと力を抜いて、優しい、そよ風の様な、繊細なビブラートで聴ける方が、もっと気持ち良いのにな〜とか思ったのも、正直な感想だったりします(笑)。

20.一秒ごとに Love for you・・・僕は、てっきり、「always」が来て、今年のカウントダウンライブもお終いなのかな〜とか思っていたら、まだまだ、そんな感じではなくて、この、真夏に届けて下さった、熱い熱い曲が続きました(笑)。「オーエーオー♪」なやり取り、バンドのメンバーとのやり取りも、とてもイイ感じでした。ギターのコージさんにマイクを振った時の、「みなさん、明けまして」→客「おめでとう!」みたいなやり取りも、イイ感じでした(笑)。

21.always・・・そして、新年の3曲目は、この、ライブを締めくくる大切な曲が来ました。バンドのイントロで、すぐにこの曲だと判って、まだまだ終わって欲しくないけど、仕方ないな〜みたいな気持ちで、麻衣さんライブを締めくくる大切なこの曲の感じを味わいながら、麻衣さんの動きに合わせて、切なく手を振った印象です(笑)。

22.Diamond wave・・・ところが、まだ、ライブは終わらないで、そう、この曲が来ました(笑)。買ったばかりのタオルを慌てて出して、振り回して、楽しみました(笑)。今年も、こうした熱く温かい麻衣さんライブの波が、沢山広がって行ったら良いな〜とか思いながら、楽しんでいた印象です♪

そして、楽しい時間は、歌だけで終わらないのが、麻衣さんライブの良さのひとつ(笑)。この後も、メンバー紹介から、ファンやスタッフさんや関係者に対する、麻衣さんからの心を込めた感謝の言葉、そして、会場に向けての生声での挨拶などなど、、、麻衣さんライブのいつもの光景ですが、そうした時間を今年を無事に迎えることが出来て本当に良かったなと言う思いが、今年は特別強く感じられました(涙)。

ライブはここで一旦終わって、後は、休憩を挟んで、毎年恒例の、座席に座っての「出待ちショー」がありました。そこでも、新しい試みなんかも含めて、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました♪ そしてその中で、麻衣さんからのサプライズ、運転免許の取得が公開されました(笑)。末永い安全運転を祈っています(笑)。

出待ちショーが終わったのが、深夜の3時近く。人の波に乗って外に出ると、ロビーの所で、ライブの余韻をそれぞれに噛みしめて、沢山の、いつもの笑顔の麻衣友さん達と会えるのも、ライブ後の大きな喜びです♪ 

そして、十数人の麻衣友さん達と合流することが出来て、去年と同じ中華料理屋さんで、新年会をしている内に夜が明けて、今年もパシフィコの所まで歩いて戻って、ぷかり桟橋の階段の上から、毎年恒例の初日の出でした(笑)。今年は、天気がイマイチで、雲がちで、はっきりと、水平線から頭を出す初日の出の様子は見えませんでしたが、でも、気分を味わいました♪

来年のカウントダウンライブ後に見る初日の出は、もっとちゃんと見れたらイイなと、早くも来年に気持ちが向いたりもしますた(笑)。

そんな感じで、またまた遅くなった上に長たらしくなってしまいましたが、ここまで読んでくださった方は、どうもありがとうでした(笑)。

では(笑)。
・ツリー全体表示

【38】その2です♪
 黒砂糖  - 12/1/16(月) 3:43 -

引用なし
パスワード
   マイペースで恐縮ですが、CDLのレポ第二弾を、行かせて頂きます。今回も、余り客観性は無いかもですが、参加された方が何かを少しでも思い出したり、参加出来なかった方に少しでも楽しい時間の感じが伝わったら嬉しいです♪

バンドによる素敵な「OVER THE RAINBOW」のインストをバックに、スクリーンで2011年の麻衣さんの活動を、涙しつつ振り返った後は、個人的には最も楽しみにしている、聴かせるバラードコーナーでした。

07.白い雪・・・先ず、ピアノによるこの曲のイントロが聞こえて来て、「キター」みたいな(笑)。今回は、ピンク色のロングドレスでの登場です。この曲、冬のライブにぴったりだし、それに、思い出しで見ると、確か、最初のカウントダウンライブの年のツアーファイナルで初披露された曲で、その後の最初のカウントダウンライブの時も、バラードの1曲目でしたね。その時は白いロングドレスで登場したんだよな〜なんて事を懐かしく思い出しながら、より落ち着きと表現力を増した、でも基本、相変わらず美しい歌声に浸りました(笑)。

ここで、MCがありました。恐らく麻衣さんは、「ここからバラードを歌って行きますので、よかったら座って聴いてください」って言おうとして、言葉を用意していた様子ですが、その辺は、麻衣さんライブに慣れたファンが多いと見えて、「OVER THE RAINBOW」のインストの辺りからみんな、既に着席して聴いていました(笑)。そんな様子を見て、麻衣さんから、「もう、みんな、もう座ってる♪ みなさん、さすがに良く判ってますね〜♪」みたいな、アハハなMCで始まりました(笑)。MCの中身は、カウントダウンライブは今年で6回目になること、そうした時間を積み重ねて来れたことへの感謝、今年も全国から沢山の方が来てくれたことに対する感謝、今年は大変な年だったけど、「絆」を感じることが出来た年だったと言うこと、これからも、出来る限りのことをやって行くと言うこと、そして、もっともっと絆を深めて行きたいと言ったことなど。そんな、いつもの様に、生真面目で丁寧で、実感のこもった内容のMCでしたが、ここだけではなかったですが、あちこちで、「今年」と「来年」がごっちゃになってしまう様な、恒例の天然節の味付けも、ありました(笑)。

08.Tommorow is the last Time・・・次に、個人的に、最近の麻衣ソングの中で、最も好きな数曲の中の1曲であるこの曲が来ました。これなんかは、去年のカウントダウンライブだとかでの素晴らしい聴き所だった曲で、久しぶりにライブで聴きましたが、大変なことがあった後だから、再びこの曲をライブで聴くことが出来た喜びみたいなものを噛みしめながら聴きました。サビの部分の「みんなで一緒に♪」みたいな麻衣さんの呼び掛けに応じて、左右に手を振った青いライトが、とても美しかったですね♪ 唯一残念だったのが、ショートバージョンだったことです。

09.Sun will shine on u・・・ニューアルバムについてのMCを挟んで、その中の1曲であるこの曲の初披露です♪ 先ず、大好きなバラードコーナーでやると言うことで、きっとアルバム曲の個人的なハイライトになりそうな予感で、椅子に座り直して聴きました(笑)。このレポを書いている時点では、もう既にアルバムを聴いてしまって、しかも可成りのヘビロテなので、この曲の、癒し度満点の個性は判ってしまっていて、ライブで最初に聴いた時の印象を変えてしまっているかも知れませんが、暗がりで書いたメモには、「懐かしいサウンドと超高音部」って書いてあります(笑)。今は、逆に、アルバムを聴いて曲を知った感じで、早くライブで味わってみたい曲ですね♪

10.あなたがいるから・・・そして、大楠さんの美しいソロピアノに導かれて、この曲が来ました。2011年は、日本が大変な状況に追い込まれた年で、その中で、チャリティソングとして、今出来ることをいち早く形にしてくださったこの曲は、ある意味で、2011年の代表曲だと思っています。それを、何の種も仕掛けもない、ピアノだけの伴奏で、時に繊細に時に力強く、深い悲しみを癒す様に切々と温かく歌い上げてくれて、個人的には、今回のカウントダウンライブの一番のハイライトがこの曲でした。。。

11.明日へ架ける橋・・・そしてバラードコーナーの最後は、この、明日へ向けての希望を歌った大切な1曲で締めくくられました。なかなか面白いアレンジで、スローで始まって、途中、「熱く〜♪」と長く伸ばしてから、少しテンポアップする感じも新鮮でした。エンディングの部分は、この前のチャリティライブの時は、フルオーケストラとの素晴らしい共演でしたが、エンディングの所だけは、バックとの呼吸が今ひとつで、せかせかと歌ってしまったのが残念でしたが、この日は、長く一緒にやって来た、本当に信頼のおけるバンドの演奏をバックに、たっぷりとタメを作って、実に美しくまとめてくれました♪ともあれ、バラードコーナー、もっと沢山聴きたかったなあ。。。

〜楽屋コント→サッカーのユニフォームで麻衣さん登場〜
バラードコーナーが終わって、麻衣さんの着替えタイムですが、ここで何と、今までにない新しい楽しい試みがありました(笑)。先ず、舞台の袖に消えた麻衣さんのことを待つ、レポーターの様子がスクリーンに映し出されました。「今から倉木さんが、着替えに来ます!」みたいな(笑)。麻衣さんの楽屋には、沢山の衣装が掛けてあります。で、「次の衣装はどんなのでしょうか♪」、みたいな感じで、ここから、何と、麻衣さんのよるアハハなコスプレコントが始まりました(笑)。レポーターが、「倉木さん、着替えは終わりましたか?」みたいに聞くと、様々なアハハな衣装で麻衣さんがレポーターの前に登場すると言う感じ(笑)。聴診器をもったナース姿であったり、スケート靴を履いたアイススケーターであったり、うさぎの着ぐるみ姿であったり、サッカー日本代表のユニフォーム姿であったり(笑)。会場からはその度に、温かい笑い声や、「可愛い!!」みたいな歓声が上がっていました♪

そして、それだけに終わらないで、サッカーのユニフォーム姿で実際にステージに登場!!「オーレ・オレ・オレ・オレ♪」と言うサッカーでお馴染みのBGMの中、「マイケージャパン」みたいな♪ 舞台の色んな場所で、床においたサッカーボールを蹴ろうとしてコケるみたいなアハハなコントが続きました(笑)。幕張ライブの2日目の3D映像コーナーや、FUTURE KISSツアーの無茶振りメンバー紹介を思い出させる様な感じで、楽しかったですね〜♪ 何よりも、明るく楽しく今年のライブを締めくくろうと言う、麻衣さんやスタッフさんの気持ちが伝わって来る様な、とても楽しいコーナーでした(笑)。

結構長くなった上に、今回はこの辺でガス欠ですので、ここで一旦切ります(汗)。ここまで読んでくださった方は、どうもありがとうでした☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【37】Re:その1です☆
 黒砂糖  - 12/1/13(金) 4:51 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

どうもです(笑)。

> レポ、ありがとうございます。

いやいや、こちらこそ、いつもマイペースなレポに、ご丁寧にお付き合いしてくださって、本当にどうもありがとうです(笑)。

> 今回は参加していないライブなので、黒砂糖さんの文章で想像を膨らませて、楽しませていただきました☆☆☆

やっぱ、実際に参加された方が、何十倍も楽しいですけど、参加出来なかった方に、少しでも良さが伝わったなら、書いた甲斐がありました(笑)。

>>沢山のお馴染みの麻衣友さん達とお会いすることが出来て、軽く談笑を楽しんだ後、目当てのグッズを買って(←今年も絵馬が最高でした♪)、毎年恒例の、ガチャガチャおみくじを、今年も3回やりました(笑)。以前、3つの内の2つが大凶だった様なトホホな年もありましたが、今年は何と、「吉」「小吉」「大吉」!! 2012年は、いい年になりそうな予感がして来ました(笑)。
>>
>
> 本当にいい年になるとよいですね(笑)

本当ですね☆

>>パシフィコ横浜で、麻衣さんライブを1階席で見るのは、今回が始めてでした。
>>
>
> そうだったのですか(驚)。1階席と2階席を比較すると、やはり総合的には1階席の方がよかったですか?

パシフィコでの麻衣さんライブは、不思議といつも上からの観戦でしたね。1階席と2階席(や3階席)、それぞれに良さがありますが、熱い一体感と言う点では、やっぱ、1階席の方が上ですね。落ち着いて、ステージ全体を見たりして楽しむのには、寧ろ、2階や3階の方が上ですけどね。

>>01.Born to be Free・・・1曲目は何が来るのかは、いつも、大きな楽しみで、ライブ前の麻衣友さんとの談笑の時にも、楽しい話題ですが、自分を含めてこれを
>
> 曲の題名、曲調からして辰年や寅年など肉食系の干支に似合いそうだと納得しました。とにかくよく考えた選曲だと感心しました。

いやあ、干支との関係だとかは、全く気が付きませんでした(笑)。他には、去年の活動を振り返った時に、大きなキーワードが、サッカーでの「君が代」があると思うので、サッカーにゆかりのあるこの曲を冒頭に持って来たのかなと言ったことも思いました。ライブ途中の、「コスプレコーナー」も含めて(笑)。

>>02.another day*another world・・・初めて聴いたので、もちろん、最初は何の曲か判らないで、でも、アルバムの新曲であることだけは直感して、メモに「新曲」と書きました(笑)。歌詞の中にタイトルが出てきたので、この曲だと判りました。メチャメチャイイ感じの曲です。第一印象は、「情熱とクールさのバランス加減が絶妙な感じ」でした。アルバムでちゃんと聴くのが、メチャ楽しみですね♪
>>
>
> アルバムで聴きました。
> 「情熱とクールさのバランス加減が絶妙な感じ」というのはこの曲の特徴を的確に表していると思います。
> ライブ環境の中で、この曲を初めて聴いて、しっかりと特徴を把握するところはさすが黒砂糖さん!と思いました。

いやいやいや。。。最初、結構激しい曲だな〜と思ったんですよ。ところが、曲の途中で、良く聴くと、落ち着いて聴かせる魅力みたいなものもちゃんとあって、その両方がバランス良く両立しているみたいな印象があって、そのことをメモになぐり書きした感じでした(笑)。こんな感じが、今の麻衣さんの等身大の音楽観なのかなみたいな気が、ちょこっとします(笑)。

>>03.I scream!・・・続いて、間髪入れずに、ライブで聴き慣れていた、この曲の攻撃的なイントロの感じ。会場の盛り上がりも凄いです。FUTURE KISSツアーのオープニングだったこの曲、その感じを思い出して軽くウルウルなりながら、熱く盛り上がった印象です。麻衣さんの声も、とても良く出ていましたね♪
>>
>
> 01-03のコンビネーションはカウントダウンライブにふさわしい、アグレッシブなセットリストで、最初からエンジン全開で盛り上がるためにはぴったりだったであろうと想像しました。

かなり、アグレッシブでした(笑)。

>>04.Delicious Way・・・ライブの定番曲ですが、実は、かなり久しぶりにライブでの披露ですよね。音楽のみずみずしい感じはそのままに、歌に、落ち着きや風格が出て来てるな〜とか思いながら浸った印象です(笑)。
>>
>
> 私はこの曲は大好きです。
>
> ただ、セットリスト的には01-03の後にこの曲というのはやや唐突で違和感を感じます。またその後の05との接続もそれほどよいとは思えないのですが。。。
>
> あくまでもセットリストから受ける印象なので、実際にその場にいた黒砂糖さんが、曲の順番による ”全体の流れ” という視点ではどう感じられたかは興味津々です。

確かに、曲を並べて眺めると、唐突感や違和感を感じるかもですが、実際には、全然そんなこと無かったですよ。寧ろ、アグレッシブに盛り上がった気持ちを、一旦、落ち着かせると言うか、丁度、それぞれ味の濃い料理を続けて食べた後に、冷たいお水で口を整えるみたいな効果が、この曲にはありました(笑)。それに、確かに曲調の流れからすると、違和感があってもおかしくない曲ですけど、そうした異質な曲でも、全て、麻衣さんの歌声の魅力と言う点では通底していて、どんなタイプの歌を歌っても、見事に麻衣ミュージックになるあたり、実に素晴らしいですよね(笑)。

>>05.Stay the same・・・そして、メルちゃんのこの曲に続きました♪ スクリーンには、メルちゃんやマイマイや、メルシーヒルズのアニメが映し出されて、麻衣さんの優しい柔らかい声で歌う、何とも可愛らしいこの曲の感じと、とても良くマ

> カウントダウンライブは深夜に及ぶので、この企画に合う家族連れの子供やローティーンの女の子は普段のライブ以上に少なかったかな? メルちゃん不参加はこのあたりの事情が関係している???

それは確かに言えてますね(笑)。

> 曲自体はいいと思いますし、企画自体も麻衣さんの存在を浸透させるのによいと思います。

確かに(笑)。それに、普通ならこうした企画とは全く無縁の自分みたいな者でも、麻衣さんがこうした企画に参加してくださることで、その世界に触れることが出来て、それが何とも言えない優しくて可愛い世界で、思わずメルちゃんのファンになってしまいましたよ(笑)。

>>06.Your Best Friend・・・温かいメルヘン風の世界から一転して、アダルティな切ない世界が、美しく展開しました。スクリーンに一部、MVが映し出されてい

> これはどちらかというと座ってじっくり聴き入りたい曲ですが、今回の会場では皆スタンディング状態でしたか?

この時にはまだ、スタンディング状態でした(笑)。そして、「OVER THE RAINBOW」のインストの所で、みんな、自発的に椅子に座った感じでした。そのことに対して、麻衣さんからのアハハなMCもありましたので、次回、紹介したいと思います(笑)。

>>ここで、一旦、麻衣さんは袖に引き上げて、着替えタイムでした。バンドがインストで「OVER THE RAINBOW」を演奏する中、スクリーンに、今年の麻衣さんの活動のダイジェストが、写真でスライドショー的に映し出されました。
>>
>>
>>そして、そんな素敵な演奏を聴きながら、動画ではなく、敢えて写真で振り返る今年の出来事、FUTURE KISSツアーでの楽しかった思い出で始まり、3.11の大震災でそれが断絶してしまったこと。。。あれは和光市ライブの前日のことだったから、和光市ライブの中止とファンへの心配を綴ってくださった麻衣さんのダイアリーや、国フォファイナルを中止する決断をされた日のダイアリーが映し出されました。この辺りは、自分、不覚にもマジで涙腺がヤバかったです。。。(汗)。そして、そんな難しい状況の中での、色々な可能性を積極的に探りながら、頑張ってくださった活動の記録、国歌斉唱の場面だとか、荒川静香さんとの共演の場面だとか、女川での活動の場面だとか、アジア活動の場面だとか、チャリティーライブの場面だとかが映し出されました(涙)。
>>
>>毎年恒例のカウントダウンライブですが、矢張り今年は、いつもとは違って、本当に大変な年だったなと言うことを改めて実感すると共に、こんなに難しい世の中でも、それでも、色んな可能性を探りながら、麻衣ミュージックを、こうして色々な形で届けてくださったことに、心からの感謝と、未来への希望を胸に刻んだ、そんな時間でした。
>>
>
> 2011年はとにかく震災の年だっただけに出来事や活動を写真で振り返ると感慨深いものがあるのは黒砂糖さんの書かれている通りで、会場の人の全員が同じような感想を持ったであろうと想像しました。

きっと、そうだと思います(涙)。そして、そうした大変な状況の中で、こうして毎年恒例のCDLを味わうことが出来ている幸せを感じましたね。「Stay the same」の、「苦しい時こそ手をつなごう♪」と言う歌詞が、今思うと、とても、熱く、胸に迫ります!!

>>マイペースで恐縮ですが、続きは後日(笑)。ここまで読んでくださり有り難うでした(笑)。
>>
>
> 続きも楽しみにしています♪

書くのが遅くてゴメンナサイ。。。今は、アルバムヘビロテモードに入ってしまいましたので、もう少し後になりますが、書く予定ですので、その時はまた、お付き合いして頂けたら嬉しいです♪

ともあれ、今回も、本当にどうもありがとうございました☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【36】Re:その1です☆
 黒砂糖  - 12/1/12(木) 4:35 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

> レポ、ありがとうございます。

いやいやいや、いつもどうもありがとうです(笑)。と言いつつ、今日は完全にガス欠ですので、レス返しは改めて♪ 細かく拝見するの、楽しみにしています(笑)。

では(笑)。
・ツリー全体表示

【35】Re:その1です☆
 Steinfeld  - 12/1/12(木) 4:04 -

引用なし
パスワード
   >黒砂糖さん

 レポ、ありがとうございます。

 今回は参加していないライブなので、黒砂糖さんの文章で想像を膨らませて、楽しませていただきました☆☆☆

>
>沢山のお馴染みの麻衣友さん達とお会いすることが出来て、軽く談笑を楽しんだ後、目当てのグッズを買って(←今年も絵馬が最高でした♪)、毎年恒例の、ガチャガチャおみくじを、今年も3回やりました(笑)。以前、3つの内の2つが大凶だった様なトホホな年もありましたが、今年は何と、「吉」「小吉」「大吉」!! 2012年は、いい年になりそうな予感がして来ました(笑)。
>

 本当にいい年になるとよいですね(笑)


>パシフィコ横浜で、麻衣さんライブを1階席で見るのは、今回が始めてでした。
>

 そうだったのですか(驚)。1階席と2階席を比較すると、やはり総合的には1階席の方がよかったですか?

>ライブは、確か、こんな感じの始まり方でした。先日のチャリティライブの時の静謐な感じとは対照的に、かなり攻撃的なサウンドのSEが流れる中、大型スクリーンに、麻衣ミュージックのタイトルだとかの文字で積み上げられた様な建物、万里の長城みたいな建物だとかのCGが映し出されて、これは天を駆ける龍の視線なんでしょうか、それを見下ろしながら素晴らしいスピードで天を駆け抜けるみたいな映像が流れて、そして、「Dragon Heart」と言う、今回のカウントダウンライブのタイトルロゴが浮かび上がって来るみたいな感じ。そして、何が来るのかと固唾をのんでいると、意表を突く「Born to be Free」のかけ声が聞こえて来て、「おお、これで来たか〜!!」みたいな感じ(笑)。
>
>01.Born to be Free・・・1曲目は何が来るのかは、いつも、大きな楽しみで、ライブ前の麻衣友さんとの談笑の時にも、楽しい話題ですが、自分を含めてこれを予想した人は誰もいませんでした。とても意表を突いたオープニングでした。と言いつつ、あれは確か、パシフィコの展示場ホールでやった年のライブで、1曲目がこの曲で、何だか非常に懐かしい感じもしました(笑)。麻衣さんは、舞台の中央から、せり上がって来て登場。黒いカッコイイ衣装です。それを言い表すボキャが無いのはスイマッセン(笑)。非常に情熱的な曲ですが、麻衣さんは、変に力まずに、とてもスムーズに美しく歌っていた印象です。ちなみに、バンドは、向かって左前からギターのコージさん、ベースの鮫ちゃん、コーラスのマーナちゃん、後ろにドラムスのスギちゃん、向かって右に、キーボードの大楠さん、ギターの大賀さん、後ろにキーボードのヤッサンと言った配置。それに、6人のダンサーさん。いよいよ、ライブのスタートって感じでした(笑)。
>

 曲の題名、曲調からして辰年や寅年など肉食系の干支に似合いそうだと納得しました。とにかくよく考えた選曲だと感心しました。


>02.another day*another world・・・初めて聴いたので、もちろん、最初は何の曲か判らないで、でも、アルバムの新曲であることだけは直感して、メモに「新曲」と書きました(笑)。歌詞の中にタイトルが出てきたので、この曲だと判りました。メチャメチャイイ感じの曲です。第一印象は、「情熱とクールさのバランス加減が絶妙な感じ」でした。アルバムでちゃんと聴くのが、メチャ楽しみですね♪
>

 アルバムで聴きました。
 「情熱とクールさのバランス加減が絶妙な感じ」というのはこの曲の特徴を的確に表していると思います。
 ライブ環境の中で、この曲を初めて聴いて、しっかりと特徴を把握するところはさすが黒砂糖さん!と思いました。


>03.I scream!・・・続いて、間髪入れずに、ライブで聴き慣れていた、この曲の攻撃的なイントロの感じ。会場の盛り上がりも凄いです。FUTURE KISSツアーのオープニングだったこの曲、その感じを思い出して軽くウルウルなりながら、熱く盛り上がった印象です。麻衣さんの声も、とても良く出ていましたね♪
>

 01-03のコンビネーションはカウントダウンライブにふさわしい、アグレッシブなセットリストで、最初からエンジン全開で盛り上がるためにはぴったりだったであろうと想像しました。

>04.Delicious Way・・・ライブの定番曲ですが、実は、かなり久しぶりにライブでの披露ですよね。音楽のみずみずしい感じはそのままに、歌に、落ち着きや風格が出て来てるな〜とか思いながら浸った印象です(笑)。
>

 私はこの曲は大好きです。

 ただ、セットリスト的には01-03の後にこの曲というのはやや唐突で違和感を感じます。またその後の05との接続もそれほどよいとは思えないのですが。。。

 あくまでもセットリストから受ける印象なので、実際にその場にいた黒砂糖さんが、曲の順番による ”全体の流れ” という視点ではどう感じられたかは興味津々です。


>05.Stay the same・・・そして、メルちゃんのこの曲に続きました♪ スクリーンには、メルちゃんやマイマイや、メルシーヒルズのアニメが映し出されて、麻衣さんの優しい柔らかい声で歌う、何とも可愛らしいこの曲の感じと、とても良くマッチしていて、実に良かったです。会場が、何とも言えない温かさに満たされていたみたいな感じ。ダンサーさん達も、メルちゃんのしっぽみたいな虹色のポンポンを振っていたのも印象的でした(笑)。スクリーンのアニメで、メルちゃんが、花飾りをマイマイに掛けてあげる映像で、不覚にもウルっと来てしまったのは、個人的なシークレットです(笑)。マイマイ達がタマゴカーに乗って進むシーンなどもありましたが、まさかこの時点では、麻衣さんのサプライズが、運転免許の所得だとは思いませんでした(笑)。あと、印象的だったのが、歌に関して、かなり高音域を使う部分があるのですが、そう言う箇所だとか、普段の麻衣さんの歌とはちょっと音色の感じが違っていて、何て言うか、ちょっと、まるで声優の様に、キャラクターに合わせて声色を変えて歌っている様な感じがしました。そう言う所にもさりげなく、ライブシンガーとしての引き出しが増えているな〜とか思いながら聴きました(笑)。ひとつだけ物足りなかったのが、チャリティーライブで初めて聴いた時にいたメルちゃんがいなかったのが、寂しかったことですかね(笑)。麻衣さんが、ステージ真ん中の階段に座って、体をスウィングさせながら楽しそうに歌っていた感じもとても印象的で、ともあれ、ライブ前半部の素晴らしい見所でした♪ DVD化して欲しいなあ。。。
>

 カウントダウンライブは深夜に及ぶので、この企画に合う家族連れの子供やローティーンの女の子は普段のライブ以上に少なかったかな? メルちゃん不参加はこのあたりの事情が関係している???

 曲自体はいいと思いますし、企画自体も麻衣さんの存在を浸透させるのによいと思います。

>06.Your Best Friend・・・温かいメルヘン風の世界から一転して、アダルティな切ない世界が、美しく展開しました。スクリーンに一部、MVが映し出されていたこともあって、メルシーヒルズの虹色の温かい世界から、セピア色の切ない世界へみたいな感じがとても印象的でした。歌声も、これも高音を多用する曲ですが、05とは明らかに異なる音色なのが非常に印象的でした。この曲は、歌いこなすのって、メチャメチャ難しい曲だと思うのですが、相変わらず、歌に敏感なニュアンスがあって、実に美しかったです。あと、この曲をテレビで歌った時には、ショートバージョンでしたが、やっぱ、フルで聴いた方が全然イイですね(笑)。
>

 これはどちらかというと座ってじっくり聴き入りたい曲ですが、今回の会場では皆スタンディング状態でしたか?

>ここで、一旦、麻衣さんは袖に引き上げて、着替えタイムでした。バンドがインストで「OVER THE RAINBOW」を演奏する中、スクリーンに、今年の麻衣さんの活動のダイジェストが、写真でスライドショー的に映し出されました。
>
>
>そして、そんな素敵な演奏を聴きながら、動画ではなく、敢えて写真で振り返る今年の出来事、FUTURE KISSツアーでの楽しかった思い出で始まり、3.11の大震災でそれが断絶してしまったこと。。。あれは和光市ライブの前日のことだったから、和光市ライブの中止とファンへの心配を綴ってくださった麻衣さんのダイアリーや、国フォファイナルを中止する決断をされた日のダイアリーが映し出されました。この辺りは、自分、不覚にもマジで涙腺がヤバかったです。。。(汗)。そして、そんな難しい状況の中での、色々な可能性を積極的に探りながら、頑張ってくださった活動の記録、国歌斉唱の場面だとか、荒川静香さんとの共演の場面だとか、女川での活動の場面だとか、アジア活動の場面だとか、チャリティーライブの場面だとかが映し出されました(涙)。
>
>毎年恒例のカウントダウンライブですが、矢張り今年は、いつもとは違って、本当に大変な年だったなと言うことを改めて実感すると共に、こんなに難しい世の中でも、それでも、色んな可能性を探りながら、麻衣ミュージックを、こうして色々な形で届けてくださったことに、心からの感謝と、未来への希望を胸に刻んだ、そんな時間でした。
>

 2011年はとにかく震災の年だっただけに出来事や活動を写真で振り返ると感慨深いものがあるのは黒砂糖さんの書かれている通りで、会場の人の全員が同じような感想を持ったであろうと想像しました。

>マイペースで恐縮ですが、続きは後日(笑)。ここまで読んでくださり有り難うでした(笑)。
>

 続きも楽しみにしています♪

 
・ツリー全体表示

【34】Re:その1です☆
 黒砂糖  - 12/1/10(火) 4:30 -

引用なし
パスワード
   ▼ちゃっぴーさん:

どうもです(笑)。

>2011-2012/CDLが鮮明に蘇ってきましたっ♪

そう言って頂けると、時間を掛けて書いた甲斐がありました(笑)。続きも頑張りまっす(笑)。

>入り待ちから最高のライブでしたね!!

入り待ちと忘年会は、残念ながら参加出来ませんでしたが、新年会も含めて、今年も最高のカウントダウンライブでしたよね♪

>DE・MA・CHIの企画も改善?されて良かったですw

少しずつ、変化や改善されながら、毎年恒例で続けてくださっている企画、来年も楽しみですよね(笑)。
 
>去年は震災でいろいろとありましたが、
>東北への支援を忘れずに、
>今後の麻衣ちんの活動を期待しましょう!

これは、本当にそう思います。麻衣さんファン達が、麻衣さんの活動を中心にして、麻衣さんの歌を聴いて元気になることが出来て、そのことが、ほんの少しでも、震災の復興に役立つことが出来たら、こんなに素晴らしいことはないですよね☆

それでは、レス、どうもありがとうでした(笑)。

では(笑)。
・ツリー全体表示

【33】Re:その1です☆
 ちゃっぴー  - 12/1/9(月) 8:11 -

引用なし
パスワード
   黒砂糖さん、レポありがとうございます。
2011-2012/CDLが鮮明に蘇ってきましたっ♪
入り待ちから最高のライブでしたね!!
DE・MA・CHIの企画も改善?されて良かったですw
 
去年は震災でいろいろとありましたが、
東北への支援を忘れずに、
今後の麻衣ちんの活動を期待しましょう!
・ツリー全体表示

【32】その1です☆
 黒砂糖  - 12/1/9(月) 3:35 -

引用なし
パスワード
   去年は本当に大変な年だったけれども、そんな中でも、いつもの様に開催してくださった、毎年恒例の大切な年越しライブ、そんな「いつもの様な」感じが、こんなに有り難く感じられることは、これまでには無かった様な、そんなカウントダウンライブでした(涙)。

恒例のパシフィコでのライブ。今回も、軽く大掃除をして、食材の買い出しや、野菜の皮むきなど、お正月の支度をアレコレとしてから会場に向かいました。7時過ぎに到着。ロビーに入ると、そこには、倉木大明神があって、ガチャガチャの機械が並んでいて、そして、グッズ売り場の大行列の熱気があって・・・。「ああ、カウントダウンライブだな〜」みたいな思いで、胸が一杯になりました。

沢山のお馴染みの麻衣友さん達とお会いすることが出来て、軽く談笑を楽しんだ後、目当てのグッズを買って(←今年も絵馬が最高でした♪)、毎年恒例の、ガチャガチャおみくじを、今年も3回やりました(笑)。以前、3つの内の2つが大凶だった様なトホホな年もありましたが、今年は何と、「吉」「小吉」「大吉」!! 2012年は、いい年になりそうな予感がして来ました(笑)。

そうこうする内に、ライブの時間が近づいて来ます。相変わらず、胸の高鳴りが、何とも言えないイイ感じです(笑)。カウントダウンライブだけは、定刻キッチリに始まるだろうと言うことで、少し余裕を持って、いつもの様にトイレに行き、栄養ドリンクをがぶ飲みしてから席へと向かいました(笑)。

今回の席は、1階席37列の右よりです。麻衣さんライブに始めて参加したのが、ここパシフィコ横浜で、その意味でも個人的に非常に思い入れが強い会場で、そしてそれ以来、カウントダウンライブで何度も参加して来た会場ですが、実は、麻衣さんライブを1階席で見るのは、今回が始めてでした。会場に入って、周囲を見渡して、天井を見上げて、「パシフィコって広いなあ♪」と思いますた(笑)。

ライブは、カウントダウンライブにしては珍しく、少々遅れてのスタートでした。会場が暗くなります。一気に上がる歓声、そして、早くも立ち上がって、手持ちの上着を椅子の上においてライブ臨戦態勢に入るファンの方々。こうした感じは、1階席ならではだな〜みたいに思いました(笑)。

さて、セットリストですが、超速報で作ってくださった、タスクさん作成のものを、有り難く使わせて頂きます。。。ベリーthankfulです♪

01.Born to be Free
02.another day*another world
03.I scream!
04.Delicious Way
05.Stay the same
06.Your Best Friends
〜今年の活動のダイジェスト(BGM:OVER THE RAINBOW)〜
07.白い雪
08.Tommorow is the last Time
09.Sun will shine on u
10.あなたがいるから
11.明日へ架ける橋
〜楽屋コント→サッカーのユニフォームで麻衣さん登場〜
12.step by step
13.Love, day after tommorow
14.ラララ*ラ
15.PUZZLE
16.FUTURE KISS
17.さよならは まだ言わないで
〜バンドタイム→カウントダウン〜
18.Strong Heart
19.chance for you
20.一秒ごとに Love for you
21.always
22.Diamond wave

ライブは、確か、こんな感じの始まり方でした。先日のチャリティライブの時の静謐な感じとは対照的に、かなり攻撃的なサウンドのSEが流れる中、大型スクリーンに、麻衣ミュージックのタイトルだとかの文字で積み上げられた様な建物、万里の長城みたいな建物だとかのCGが映し出されて、これは天を駆ける龍の視線なんでしょうか、それを見下ろしながら素晴らしいスピードで天を駆け抜けるみたいな映像が流れて、そして、「Dragon Heart」と言う、今回のカウントダウンライブのタイトルロゴが浮かび上がって来るみたいな感じ。そして、何が来るのかと固唾をのんでいると、意表を突く「Born to be Free」のかけ声が聞こえて来て、「おお、これで来たか〜!!」みたいな感じ(笑)。

01.Born to be Free・・・1曲目は何が来るのかは、いつも、大きな楽しみで、ライブ前の麻衣友さんとの談笑の時にも、楽しい話題ですが、自分を含めてこれを予想した人は誰もいませんでした。とても意表を突いたオープニングでした。と言いつつ、あれは確か、パシフィコの展示場ホールでやった年のライブで、1曲目がこの曲で、何だか非常に懐かしい感じもしました(笑)。麻衣さんは、舞台の中央から、せり上がって来て登場。黒いカッコイイ衣装です。それを言い表すボキャが無いのはスイマッセン(笑)。非常に情熱的な曲ですが、麻衣さんは、変に力まずに、とてもスムーズに美しく歌っていた印象です。ちなみに、バンドは、向かって左前からギターのコージさん、ベースの鮫ちゃん、コーラスのマーナちゃん、後ろにドラムスのスギちゃん、向かって右に、キーボードの大楠さん、ギターの大賀さん、後ろにキーボードのヤッサンと言った配置。それに、6人のダンサーさん。いよいよ、ライブのスタートって感じでした(笑)。

02.another day*another world・・・初めて聴いたので、もちろん、最初は何の曲か判らないで、でも、アルバムの新曲であることだけは直感して、メモに「新曲」と書きました(笑)。歌詞の中にタイトルが出てきたので、この曲だと判りました。メチャメチャイイ感じの曲です。第一印象は、「情熱とクールさのバランス加減が絶妙な感じ」でした。アルバムでちゃんと聴くのが、メチャ楽しみですね♪

03.I scream!・・・続いて、間髪入れずに、ライブで聴き慣れていた、この曲の攻撃的なイントロの感じ。会場の盛り上がりも凄いです。FUTURE KISSツアーのオープニングだったこの曲、その感じを思い出して軽くウルウルなりながら、熱く盛り上がった印象です。麻衣さんの声も、とても良く出ていましたね♪

04.Delicious Way・・・ライブの定番曲ですが、実は、かなり久しぶりにライブでの披露ですよね。音楽のみずみずしい感じはそのままに、歌に、落ち着きや風格が出て来てるな〜とか思いながら浸った印象です(笑)。

05.Stay the same・・・そして、メルちゃんのこの曲に続きました♪ スクリーンには、メルちゃんやマイマイや、メルシーヒルズのアニメが映し出されて、麻衣さんの優しい柔らかい声で歌う、何とも可愛らしいこの曲の感じと、とても良くマッチしていて、実に良かったです。会場が、何とも言えない温かさに満たされていたみたいな感じ。ダンサーさん達も、メルちゃんのしっぽみたいな虹色のポンポンを振っていたのも印象的でした(笑)。スクリーンのアニメで、メルちゃんが、花飾りをマイマイに掛けてあげる映像で、不覚にもウルっと来てしまったのは、個人的なシークレットです(笑)。マイマイ達がタマゴカーに乗って進むシーンなどもありましたが、まさかこの時点では、麻衣さんのサプライズが、運転免許の所得だとは思いませんでした(笑)。あと、印象的だったのが、歌に関して、かなり高音域を使う部分があるのですが、そう言う箇所だとか、普段の麻衣さんの歌とはちょっと音色の感じが違っていて、何て言うか、ちょっと、まるで声優の様に、キャラクターに合わせて声色を変えて歌っている様な感じがしました。そう言う所にもさりげなく、ライブシンガーとしての引き出しが増えているな〜とか思いながら聴きました(笑)。ひとつだけ物足りなかったのが、チャリティーライブで初めて聴いた時にいたメルちゃんがいなかったのが、寂しかったことですかね(笑)。麻衣さんが、ステージ真ん中の階段に座って、体をスウィングさせながら楽しそうに歌っていた感じもとても印象的で、ともあれ、ライブ前半部の素晴らしい見所でした♪ DVD化して欲しいなあ。。。

06.Your Best Friends・・・温かいメルヘン風の世界から一転して、アダルティな切ない世界が、美しく展開しました。スクリーンに一部、MVが映し出されていたこともあって、メルシーヒルズの虹色の温かい世界から、セピア色の切ない世界へみたいな感じがとても印象的でした。歌声も、これも高音を多用する曲ですが、05とは明らかに異なる音色なのが非常に印象的でした。この曲は、歌いこなすのって、メチャメチャ難しい曲だと思うのですが、相変わらず、歌に敏感なニュアンスがあって、実に美しかったです。あと、この曲をテレビで歌った時には、ショートバージョンでしたが、やっぱ、フルで聴いた方が全然イイですね(笑)。

ここで、一旦、麻衣さんは袖に引き上げて、着替えタイムでした。バンドがインストで「OVER THE RAINBOW」を演奏する中、スクリーンに、今年の麻衣さんの活動のダイジェストが、写真でスライドショー的に映し出されました。

先ず、音楽ですが、大賀さんの印象的なギターに続いて、丁度、「ONE LIFE」に入っている様な感じのブルージーなアレンジでの名曲「OVER THE RAINBOW」です。麻衣さんの歌が無い分、バンドのメンバーがパートを分け合って、アドリブを交えてのインスト演奏でした。みんなとても良かったですが、自分の趣味もありますけど、やっぱ、大楠さんが加わると、ジャジーなテイストがバンドサウンドに加わって、すごく演奏の幅が広がりますよね〜。ただ、矢張り、麻衣さんの歌声で聴きたかったと言うのが、本音ではあります(笑)。キャンパスライブだとか、ハロウィンライブだとかで聴いた、この曲の美しい歌声が忘れられないですし、いつかまた、絶対に聴いてみたいですね!!!

そして、そんな素敵な演奏を聴きながら、動画ではなく、敢えて写真で振り返る今年の出来事、FUTURE KISSツアーでの楽しかった思い出で始まり、3.11の大震災でそれが断絶してしまったこと。。。あれは和光市ライブの前日のことだったから、和光市ライブの中止とファンへの心配を綴ってくださった麻衣さんのダイアリーや、国フォファイナルを中止する決断をされた日のダイアリーが映し出されました。この辺りは、自分、不覚にもマジで涙腺がヤバかったです。。。(汗)。そして、そんな難しい状況の中での、色々な可能性を積極的に探りながら、頑張ってくださった活動の記録、国歌斉唱の場面だとか、荒川静香さんとの共演の場面だとか、女川での活動の場面だとか、アジア活動の場面だとか、チャリティーライブの場面だとかが映し出されました(涙)。

毎年恒例のカウントダウンライブですが、矢張り今年は、いつもとは違って、本当に大変な年だったなと言うことを改めて実感すると共に、こんなに難しい世の中でも、それでも、色んな可能性を探りながら、麻衣ミュージックを、こうして色々な形で届けてくださったことに、心からの感謝と、未来への希望を胸に刻んだ、そんな時間でした。

マイペースで恐縮ですが、続きは後日(笑)。ここまで読んでくださり有り難うでした(笑)。

では(笑)。
・ツリー全体表示

【31】カウントダウンライブ11-12 Dragon Heart レ...
 黒砂糖  - 12/1/9(月) 3:32 -

引用なし
パスワード
   今回も幸運なことに、毎年恒例のカウントダウンライブに参加することが出来ましたので、マイペースにレポらせて頂きます(笑)。参加された方が何かを思い出したり、参加出来なかった方に、ほんの少しでもライブの感じが伝わったら嬉しいです♪

基本、いつもの様に、ライブ中、暗がりで殴り書きをした、半分は判読不能のメモ書きと、あやふやな記憶を頼りにした、客観性の低いものかもですが、その辺はご了承くださいませ(笑)。

書くのが遅い上に、相変わらず、長くなりそうですので、分割させて頂きますが、もしもよろしかったら、読んでみてくださいませ☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【30】Re:Mai Kuraki Countdown Live 11-12 〜Dra...
 akyu  - 12/1/7(土) 20:38 -

引用なし
パスワード
   ▼タスクさん:
セットリストありがとうございます。
今回は長〜い瞬きも少なく、全曲を目を開いて聴いたのですが・・・
ナースコスプレだけが…
DVD望む!
・ツリー全体表示

【29】Re:超遅くなりましたが、、、レポその3です...
 黒砂糖  - 12/1/7(土) 4:58 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

どうもです(笑)。

> 最後のパート3も楽しく読みました☆

そう言って頂けると、時間を掛けて書いた甲斐がありました(笑)。

>>15. Stay the same(メルの曲)・・・まずは、サンリオのメルちゃんのコーナーが来ました(笑)。オーケストラの余韻が残る中、暗がりから「あれ、ここはどこだろう?」みたいな、可愛らしいメルちゃんの声が流れてきました(笑)。そして、場内に流れるメルちゃんのナレーションと、スクリーンの映像を使って、「Wish me mell」の世界や、なぜメルちゃんが今日、このライブ会場に来たのかが紹介されました。ちなみにバックに流れていたのは「LOVE SICK」のインスト。そして、メルちゃんの声に導かれる形で、会場で声を合わせて「マイマイ」を呼ぶことに(笑)。これは、ちょこっと恥ずかしく思いながら、思わず声を出してしまいますた(笑)。1回目は、メルちゃんからのそんな余りの無茶振りに、会場の声が小さかったのか、思わずメルちゃんは、「あれ?元気がないな〜。。。」みたいな(笑)。ちなみのそのセリフを、後で麻衣さんがマネをする場面があって、思わず笑ってしまいました(笑)。そして、もう1回大声で呼ぶと、舞台の両側から、メルちゃんと、赤い衣装の麻衣さんが元気よく登場みたいな(笑)。麻衣さんが、マイマイの着ぐるみで登場することを、少し期待していたのですけど、それはありませんでした(笑)。「マイマイ」がハミングで歌うサビのメロディしか聴いたことが無かったこの曲、「言葉の石」が、メルちゃんからマイマイの元に無事に届いて、曲がイイ感じに完成しましたね♪ 初めて聴きましたが、こうしたメルヘンに相応しい、とても可愛らしい曲だと思いました。いつかちゃんと聴いてみたいですね、、、とか思っていたら、ニューアルバムに収録されるとのことで、良かった良かった(笑)。曲の後半、会場でサビのメロディをハミングで合唱したのも、とても温かい感じでイイ感じでした。曲が終わると、麻衣さんがメルちゃんに、「今日は来てくれてどうもありがとう♪」みたいに言って、2人が抱き合う感じ、思わず心温まる名場面でしたね♪ ともあれ、このメルちゃんのコーナー、個人的には、中止になってしまったハロウィンライブが持っていた様なメルヘンの世界を、今年も少しでも味わうことが出来て、とても良かったです。てか、このコーナー、もう少し長くして、ここで、恒例の「不思議の国」だとかを歌ったら、案外、もっと良かった様な気もしました(笑)。
>>
>
> 私にはくすぐったい場面でした(笑)。
> 全体的な見地からは、この企画を雑誌『Spoon』とともに展開していく価値は大きいと思うので温かく見守りたいです。
> 別のサイトで見た情報によると、カウントダウンライブで発表された2011年の麻衣さん10大ニュースの4位にこの企画があげられていたようですね。あまり倉木麻衣を知らない層に知名度を浸透させたい思いが麻衣さんサイドにもあるのかな。

いやあ、僕も、非常にくすぐったかったですよ〜(笑)。でも、そんなくすぐったさは、麻衣さんファンにならなかったら味わえなかっただろうくすぐったさで、その意味でも、イイ感じのくすぐったさだったです(笑)。

>>16. step by step・・・そしてここからは、今の麻衣ミュージックの一番新しい形、ジョルジョさん楽曲のパートが続きました。先ずは、新曲のカップリング曲の、ライブ初披露でした。この曲、歌いこなすのって結構難しいと思うのですが、ライブでも器用にスルスルと歌っていた様な印象です。「つらい時は手を叩いて行こう♪」って歌詞、イイ味出してますよね〜(笑)。曲の後半、この曲のリズムに合わせて、実際に、会場で手拍子を合わせる所があって、ここは、もっと効果的に活用すると、今後、ライブでの大きな楽しみになり得る様な気がしました(笑)。
>>
>
> 私の気のせいかもしれませんが、この曲と23は "麻衣さん自身が好きな曲" であるという印象を強く受けました。気合を入れているというのではなく、なにかすごく楽しそうに歌っていると感じました。

そう言われてみると、確かにそんな感じですね。てか、ホントに、この曲と「anywhere」って、どこか共通するテイストがありますよね〜。

> 16も23も独特の心地よい爽やかさとリズム感がある曲でいいと思いました。

そうそう。それと、ライブで思わず、自発的に、自然と、体を動かしたくなる感じだとか。
 
>>17. どうして好きなんだろう・・・そして、間髪を入れずに、印象的なピアノのイントロが流れて、美しいこの曲が来ました。何と、作曲のジョルジョさんが、ゲストで登場です。何とも切なくて美しいメロディと、麻衣さん美しいの歌声が、会場一杯に響きました。ジョルジョさんと麻衣さんの掛け合いも、ライブで聴くと、とても新鮮に感じました。スクリーンには、MVの時計の画像が映し出されていたと思います。
>>
>>18. 言葉にできないほど好きなのに・・・次もジョルジョさんとの共演で、今度は、ジョルジョさんの持ち歌を、麻衣さんがサポートするみたいな形でのライブ披露でした(笑)。この曲に限らず、ジョルジョさんは、全体的に、一歩下がった場所で歌っている感じで、そんな謙虚さも、とても好印象でした。ともあれ、どの曲も、それぞれに印象的で、どれもとても、頭に残る印象的なメロディを持った曲で、そして麻衣さんの歌声の美しさがちゃんと生きていて、イイな〜と思いながら、生で聴いていた印象です(笑)。
>>
>
> 私はGiorgioさんに対してよい印象を持っているのでこの2曲を一緒に歌ったのは大歓迎でした。

このパートも、麻衣ミュージックの最新系みたいな感じで、とても印象的でしたよね。

> ただ、残念ながら一部のファンにアンチGiorgioさんがいるのか、Giorgioさん登場の瞬間に、大歓迎ではない、微妙な空気みたいなのが一瞬あったようにも感じました。そして、黒砂糖さんが書かれているように、Giorgioさんは全体的に遠慮がちだったように思いました。

どうなんでしょう??

> 私はオフ会などのファンとの直接交流はないのでわからないのですが、Giorgioさんは大歓迎ではないという人は黒砂糖さんの知人の範囲でもめずらしくはないですか?

色んなスタンスのファンがいますから、確かに自分の知り合いの麻衣友さんにも、
余り歓迎ではない方もいます。音楽的に余り好みでないなんて方も知っています。逆に、今風の素晴らしい「美メロメーカー」として評価している方も、勿論、います。
 
>>19. FUTURE KISS・・・ジョルジョさんのコーナーの次は、先ず、とても熱いバンドコーナーが挟まれて、その後は、今の麻衣ワールドの、ライブでの一番熱い感
>>
>>20. Growing of my heart・・・そして後半の熱いパートは、いよいよ熱さ全開で、間髪を入れずに、この、麻衣さんライブの熱さが一杯のこの曲が続きました。
>>
>>21. touch Me!・・・まだまだ、そんな盛り上がりは冷める気配もなく、間髪入れずに、この曲に繋がりました。これも、これまでにこの曲をライブで聴いて、感
>>
>>22. 一秒ごとに Love for you・・・そんな熱さは、まだまだ続いて、ここも間髪入れずに、もう、麻衣さんライブの一番熱い感じが、エンドレスで続きそうな感
>
> 19-22はいつもの後半を盛り上げる流れでしたね。このコーナーで俄然元気になり飛び跳ねる人たちにはなかなかついていけない部分もありますが、楽しかったです。

麻衣さんライブ後半戦で恒例の、熱〜いパートですよね(笑)。自分的には、じっくりと聴くパートが一番好きなのですが、去年は本当に大変な年で、大切なツアーも中断を余儀なくされたりして、そんな経験を経て、この熱〜い時間を再び味わうことが出来て、本当に嬉しく思ったりしましたね♪

> 黒砂糖さんは「涙が出そうになるほど熱く」のような感じ方のようですが、私の場合は「表面的にはちょっぴり苦笑いのような部分がありつつも、心はしっかり飛び跳ねしながら楽しんでいる」という感じかな。あまりまともな表現になっていませんが。。。(笑) 

おお、なるほど〜。凄くその感じ、判ります(笑)。

> 選曲もこのコーナーの選曲としては的確だったと思いました。
> 1つだけ余計なことを言わせてもらうと、FUTURE KISSの振りはいまだにあまりよいとは思えませんでした。すみませんm(_ _)m。

いやいや、この振りは、やるとメチャメチャ楽しいですよ(笑)。一番のコツは、右手を横に大きく伸ばす時に、隣の方の背中の後ろに伸ばすことです(笑)。あと、曲の終盤に転調した後の、一拍タイミングを置く感じが、最高なんです♪

>>23. anywhere・・・そして次は、この、遊び心に満ち溢れた、比較的新しい、この素晴らしい曲が来ました。そしてこの曲は、これまでのライブでも、ライブの終盤の印象なので、そろそろライブ本編の終わりを察して、「まだ終わらないで〜。。。」みたいに思いながら、熱く、温かく楽しんでいた印象です。麻衣さんのあおりを受けて、ちょこっと歌いにくいですけど、歌いながら楽しみました(笑)。スクリーンには、メリーゴーランドの映像が流れていました。
>>
>
> これまでのライブでも、ライブの終盤の印象なので、そろそろライブ本編の終わりを察して、「まだ終わらないで〜。。。」みたいに思いながら ← 私も(笑)。

同感して頂けて、勿論、色んな趣味の違いはあっても、共有出来ている部分も沢山あることが判って、嬉しい限りです(笑)。

> メリーゴーランドの映像はこの曲のリズムに似合うという印象でした。

ホントですね(笑)。

> 曲を聴いた時の印象は16のところで書いたとおりです。麻衣さん自身がこの曲が好きという印象を受けました。

確かに言えてますね。そして、そう思うと、またまた、ライブで聴きたくなってきますよね(笑)。

>>24. BE WITH U・・・そしてライブ本編の最後は、熱く盛り上がった感じを、優しくクールダウンしてくれる様な、この定番曲で締められました。麻衣さんに合わせて、ゆっくりと手を振りながら、このライブでの温かい感じを、再び味わうことが出来たことに、もう、ウルウルと来つつ、麻衣さんがずっとブレずに、こうした、温かく心を合わせながら、一緒に歩こうと言う曲を、実は震災前からずっと、歌い続けてきてくれたんだな〜みたいに思うと、思わず涙ぐんでしまった曲でした(泣)。
>>
>
> 本編の締めにこの曲が来ると、私の頭と心の中は何をしているかは、黒砂糖さんなら知っていると思います(笑)。
>
> ガ・ッ・ツ・ポ・−・ズ!!!
>
> CDで聴く場合は別として、ライブの本編の締めにふさわしい曲は断然×2でこれです。 異論は認めない!!!!! (最後はもちろん冗談です。異論がある方はぜひ意見を知らせて下さい。)

アハハ(笑)。Steinfeldさん、この曲、お好きですもんね〜(笑)。てか、ライブで、この曲が流れた時に、Steinfeldさんが、きっと、喜んでいらっしゃるんだろうな〜とか、思ったりしながら、自分も手を振って盛り上がった感じでした(笑)。

> もちろん、この曲を聴いた時点ではこれが本編の最後である確信はなかったのですが、異論を認めない私(笑)としてはこれで "ゴールが決まった!" と思い込んでいました。

上手い!! ナイスゴール!!みたいな(笑)。

>>(アンコール)
>>25. Love,Day・・・アンコールの最初は、やっぱ、これが無いと始まらない、大切な曲で始まりました。献血ライブやテレ朝フェスでは、どちらかと言うとアウェ>>
>
> この曲をアンコールに配置するのはいいアイディアだと思います。
>
> 桁違いに手先が不器用なので、指文字は永遠に上手くできそうにない(情けない。。。)

矢張り、欠かせない曲ですよね〜。指文字は、自分も結構もつれますが、まあ、雰囲気でみたいな(笑)。

>>26. Strong Heart・・・そして、ここで何と、新曲のライブでの発表がありました。そして、この時はまだ、まさかこの時のこのライブの音と映像が、新曲のDV
>
> これの第一印象はやや平坦な曲という感じでした。
>
> しかし、発売されてCDで聴くようになったらハマリました。
>
> CD発売後にタスクさんがメイン掲示板に書いていたと記憶しているのですが、これはいわゆる "するめ" ソングですね。

麻衣さんの曲って、表面的なインパクトを大だしにする曲って殆ど無いので、でも、かな〜りしっかりと、丁寧に作り込まれているから、聴けば聴くほど、味が出てくる曲って、多いですよね〜♪ するめソング、ホント、これからも、沢山、期待したいですよね(笑)。

> 2011年に発表された曲は全体的に私の好みの曲だったので、その中では第一印象は下位だったのに、20回以上ぐらい聴くといつの間にかこれが1番いいかもと思うようになっていました。

自分的には、順位は付けられないですけど、どの曲も、それが発売されてヘビロテで聴いていた頃の感じが、しっかりと、積み重なっている感じです(笑)。

>>27. chance for you・・・この日の「chance for you」は、麻衣さんからの提案で、特別な演出がありました。ステージから見ると、ペンライトがとても綺麗とのことで、ペンライトを持っていない人も、是非、携帯電話の明かりを灯して欲しい
>
> ペンライトは売り切れで買えず、携帯電話は持参しないので個人的にはちょっと残念でした。こんな企画を用意していたのだったら、ペンライトはもっと多く準備して欲しかった。
>
> 曲の最中に何度か後ろを振り返って会場を見渡しましたが、確かにすごく綺麗でした。ステージから見ている麻衣さんも満足だったのではないかと思うと嬉しかったです。

ペンライトは、自分の場合、メモ書きの必需品ですので、毎回、必ず2本は持参します(笑)。そして1本を、グッズにはまるで無関心の連れの友人に、こちらの電池が切れたら返してねと念を押してから、貸します(笑)。何てことはどうもで良いのですが、ホント、チャリティライブに相応しい、ひとりひとりのファンが、それぞれの思いで掲げる小さな光が、麻衣さんの美しい歌声の元で、実に美しく集まって揺れた、素晴らしい時間だったですよね(笑)。

>>28. always・・・そして最後は、矢張り、これしかないですね(笑)。今では、新曲のDVDで見ることが出来ますが、曲が始まり幕が開くと、何とそこに、フルオーケストラが。そして、パーンと銀のテープが客席に向かって放たれました。ちなみに、そのテープは、アリーナにいた麻衣友さんから、一枚、頂きました(笑)。自分がいたのは、1階席の左よりだったのですが、曲の最初の方から、舞台の袖で、メルちゃんがノリノリで踊っている様子がよく見えました(笑)。ちなみに、DVDでも、そんなメルちゃんの姿が、ちょこっと映ってますね(笑)。麻衣さんの歌声に合わせて手を振りながら、ライブの最後を、熱く温かく締めくくる、最高の時間が続きました。曲の後半、メルちゃんも、ジョルジョさんも、アレックス・ルーさんもステージに登場!! 会場の手振りも一層力が入って、この特別なライブの最後に相応しい様な、文句なしに最高の盛り上がりでした♪
>>
>
> オーケストラ、銀テープ、ゲスト再登場と、演出を含めてほんとうに最高によかったです。

ここは、ホントに、最高の盛り上がりでしたよね(笑)。

>>3時間を優に超えて、28曲も歌ってくださったライブはまだまだ続いて、タオルを振り回して、2回も生声での挨拶もしてくださって、何度もステージを行き来
>
> 毎度のことですが、恒例の長い挨拶は、特に麻衣さんの気持ちを考えると、嬉しいですが、その反面、ライトなファンや同伴者として来た非ファンには少し冗長に感じることもあるようですね。今回の私の同伴者もちょっと長すぎると感じている様子でした。

確かにそうですが、熱い気持ちに、熱く応えてしまう、麻衣さんの優しさみたいなものが、ビンビンに伝わって来る瞬間ですよね(笑)。

>>来年も、10月と言う、麻衣さんのお誕生月に行われる大きなライブ、絶対に、しっかりと繋げて欲しいなと、思っています。ハロウィンライブが復活するのか、チャリティーライブが新しい恒例として続けられるのか、それとも、違った形でのライブが開催されるのか、、、今から楽しみでなりません(笑)。
>>
>
> 私はどちらかというとハロウィンライブが復活することを望みます。
> 2012年は麻衣さんもいよいよ30歳ですよね。そろそろ年齢や誕生日には触れないようにしたくなるのかな? それとも堂々と節目の誕生日ライブを実行してくれるのかな? 

おお、そうですか〜。確かに、チャリティーライブが必要となくなるくらいに、豊かで平和な日本が戻って来てくれたら、イイんですけどね(笑)。

そして、30歳は、音楽家としては、これからますます油が乗って来る頃なので、10代や20代では歌えなかった歌を、変わらない部分は、ずっといつまでも保ちながら、美しく味わわせて貰える様ライブを、期待したいですよね(笑)。

> いずれにせよ、2012年の後半に何らかの形で私が行けるような日時・場所のライブが設定されることを期待しています。

これは、心底、同感です(笑)。

> 毎回恐縮ですが、最後に私の今回の同伴者(20代前半女性、麻衣さんライブ初参加の非ファン)に聞いた感想も書いておきます。

おお、そんな貴重な意見、興味津々です(笑)。

> 1.麻衣さんに興味を持ったことは一度もないのに、どこかで聴いたことのある曲の数が意外と多かった。

これは、積み上げて来た歴史の強みでしょうね(笑)。

> 2.残念ながら特別に印象に残った曲はなかったが、流れとしては後半の盛り上がり部分(19-22)が自分には合っていた。

なるほど(笑)。

> 3.麻衣さんは綺麗、可愛い。(←要するに男性ファンが多いことに非常に納得したという感じ(笑)。)

「綺麗」だとか「可愛い」だとかは、麻衣さんの魅力を言う上での、とても大切なキーワードだと思うので、それが伝わっていたら、嬉しいですね(笑)。

>>そんな感じで、ライブから1ヶ月半も経ってしまった、超遅いレポで恐縮ですが、ここまで読んでくださった方は、本当にお疲れ様でした&どうもありがとうでした(笑)。
>>
>
> 大作ありがとうございました。
>
> 黒砂糖さんのおかげで、いろいろと思い出しながら楽しいひと時を過ごすことができました。

自分でも、何を書いているのか判らなくなってきましたが、こちらこそ、読んで
頂けた上に、ご丁寧にレスを頂きまして、どうもありがとうでした(笑)。
 
> 今年もよろしくお願いします☆〜♪♪♪

こちらこそ、どうぞヨロシクお願いしますね〜☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【28】Re:倉木麻衣:震災後の2011年
 akyu  - 12/1/6(金) 21:29 -

引用なし
パスワード
   追加事項

2011年12月20日
麻衣ちゃん『普通自動車運転免許』取得
・ツリー全体表示

【27】Re:レポ、その2です☆
 黒砂糖  - 12/1/4(水) 4:38 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

どうもです(笑)。

> パート2も楽しく読ませていただきました♪

どうもありがとうございます。。。こちらこそ、ご丁寧なレス、
ふむふむだとか、なるほど〜だとか、色々と感じたり思ったり
しながら、とても楽しく拝見しました♪

>>藤原いくろうさんの指揮する、何と、東京フィルハーモニー交響楽団。指揮台に立つ藤原さんは、初めて拝見しましたが、白髪の素敵な紳士と言った感じで、さっそうと指揮棒を振る姿は、自分もこんな風に年を取れたら良いなと思えるような感じで、とても格好良かったっす(笑)。
>>
>
> 自分もこんな風に年を取れたら良いなと思える ← こういう気持ちを持てる余裕があるのはすてきなことで、うらやましいです。私は年をとることには恐怖ばかりを感じてしまいます(笑)。

いやいやいや(笑)。自分、実際にかなり年を取ってしまってますので(汗)、それだったら、出来るなら、ほんの少しでも素敵な年のとり方がしたいな〜と感じただけでして(笑)。

>>08. もう一度・・・最初、オーケストラの前奏を聴いて、実に新鮮で美しいな〜とか思いつつ、何の曲だか良く判らなかった内に、麻衣さんの歌い出しを聴いて、「おお、『もう一度』だったのか〜♪」みたいな感じで、やっと、この曲だと理解しました(笑)。まだライブで全然歌い慣れていない歌、しかも、こうした初めてのフルオーケストラのバックで、歌いこなすのはとても難しかったと思うのですが、心のこもった歌唱で、とても美しいなと感じる部分が一杯でした。そしてこの曲は、大震災が無かったら、決して生まれなかった歌だと思っていますので、その意味でも、ホントにグッと来るものがありました。。。
>>
>
> そしてこの曲は、大震災が無かったら、決して生まれなかった歌 ← ?

アハハ(笑)。そうですね、この辺は、自分の勝手な思いこみの部分がかな〜り大きいです(笑)。これは、実際にその曲がどういうコンセプトで作られたかだとかとは全く別に、聴き手側の事情だとかで、曲の印象が心に強くすり込まれているみたいな感じですかね。例えば、「1000万回のキス」は、発売されたばかりの頃、ヘビロテの真っ最中に、あの大震災が起こりました。テレビで見る、本当に悲惨で恐ろしい被災地の映像、それを見ながら、頭に中にずっと、この曲が流れていて、だからこの曲は自分にとって、非常に切迫した音楽になってしまっています。そして、そんな状況がまだ癒されない時期に、それに続いてリリースされた「もう一度」は、歌の主人公の「私」が、津波で行方不明になった恋人に向けての心情を歌っている様に、当時、「錯覚」しながら聴いてしまったので、少なくとも自分にとってこの曲は、大震災と、切り離せない曲だったりする訳です。。。そう言ったニュアンスで書いた訳ですが、余りに説明がなさ過ぎました(汗)。

>>09. Can't forget your love・・・これも、オーケストラの前奏を聴いていた時に、すぐに何の曲か判らなくて、一体次は何が来るのか〜みたいにワクワクしっぱなしだったんですが、その中から、聴き慣れたこの曲のイントロが流れて来た時には、オーケストラとの共演で、特に聴きたかったのがこの曲だったので、「来た〜!!!」みたいな(笑)。バックの演奏と麻衣さんの歌とのバランスを含めて、そして、超楽しみにしていた、麻衣さんとフルオーケストラとの共演を、生で体験出来たこの日のライブの、一番のハイライトは、個人的には、この曲でした(笑)。これは、簡単に言葉に出来ないくらいに、掛け値なしに最高にスンバラシカッったです(笑)。
>>
>>10. Brave your heart・・・ここで、麻衣さんのMCが挟まれて、この、最新の映画の主題歌が来ました。ゲストで、アレックス・ルーさんが登場されました。指揮者の藤原さんは、ピアノを弾きながら指揮をする、いわゆる「弾き振り」みたいな感じでした。第一印象としては、なかなか壮大な感じの、映画音楽として、とても相応しい曲のデュエットみたいな(笑)。アレックス・ルーさん、謙虚に日本語で客席に話しかけて、帰って行く時に、間違えて、サイドに設けられたステージに足を踏み入れてしまって、慌てて舞台裏に帰って行く感じが、好感度大でした(笑)。ただ、曲の間、みなさん、座って、礼儀正しく聴いていて、流石にオケとの共演と言うこともあり、ペンライトだとかも余り振られていなかったから、会場の光はまばらで、折角ゲストに来てくださったルーさんに、「白けているのでは。。。」とか思われなかったら良いのですが・・・みたいに思いました。
>>
>>11. あなたがいるから・・・そしてこの曲が続きました。これも、指揮者の藤原さんは、ピアノのイントロを美しく弾いて、いわゆる弾き振りでした。まだそんなに歌い慣れていない歌で、しかも、全く新しいアレンジだと言うこともあって、麻衣さんの歌の入り、頭が欠けてしまって、結構ハラハラしましたが、その後、上手く軌道修正をして、とても美しく、歌いあげました(笑)。この、チャリティーライブに最も相応しいこの曲を、フルオーケストラの素晴らしいバックで聴けて、心からの感謝を感じつつ、ウルウルしながら浸っていましたが、麻衣さんの歌、実に心がこもっていて、ここも、凄く良いなと思ったポイントでした♪ 荒川静香さんの、美しいスケートの表現とシンクロした感じも、見たかったな〜とか思いつつ浸りました(笑)。
>>
>>12. 明日へ架ける橋・・・そして次は、これも、チャリティーライブにとても相応しい、辛い時にこそ感じる、温かい希望の光を優しく感じられる様な、この曲が続きました。これも、実に美しかったです。ただ、少々、演奏が、少々、スペクタクルに走りすぎた印象と言うか、所によっては、この曲の個性からしたら、大がかり過ぎた感じが、少ししたのと、エンディングの所で、普段の麻衣さんだったら、もっと、大きく呼吸しながら、大きく溜めを作って歌う感じなのに、遠慮がちに、せかせかと歌ってしまったのは、これはモッタイナイな〜みたいに感じたのも、正直な感想です。。。
>>
>>13. Time after time 〜花舞う街で〜・・・そして次は、アコースティックな伴奏が、最も似合いそうな、この曲が来ました。先ず、イントロで、クラシックの「チゴイネルワイゼン」を思わせる様な、情熱的で巧みなバイオリンの独奏で始まりました。そして、そんな情熱的なバイオリンの感じが、この曲の和のテイストを感じさせられるイントロが現れると、パッと和の感じに、空気感が変わったのが、実に印象的でした。オーケストラの演奏に関しての、個人的な感動のピークはこの辺で、もう、ホントに鳥肌が立つぐらい、素晴らしかったです。ただ、歌が始まってからは、この曲の、麻衣さんの歌声の個性からすると、ちょっと、所によって、伴奏を、盛り上げ過ぎみたいな感じも、正直な所、しまして、麻衣さんの歌声の細やかなニュアンスが、ちょっと、隠れてしまってるな〜みたいな、もっとはっきりと聴きたい〜みたいに、一番気になったのは、実は、この曲でした。
>>
>>14. Reach for the sky・・・そして、超楽しみにしていた、フルオーケストラとの共演は、意外にも、この曲で締めくくられました。これは、かな〜り素晴らしかった印象です。この、麻衣さんの声の美しさが非常に良く生かされた、何とも美しい曲が、フルオーケストラの新鮮な伴奏を得て、控え目で涼やかな声の良さを保ったまま、結構、高らかに歌われる歌が実に美しく思われて、今思うと、思わず、「まだまだ終わらないで〜。。。」みたいな(笑)。
>>
>
> オーケストラパートは皆さんの注目の的だったので様々な感想があるようですね。

ホントですね(笑)。

> ここは私と黒砂糖さんの感想が一致する部分もあれば一致しない部分もあるようです(笑)。

なるほど〜(笑)。意見や感想が一致するのは嬉しいですが、一致しない時だって、新しい見方だとかを知ることが出来て、楽しいですから♪

> 私の場合は選曲および聴いた印象は、良い方から順に12→08→13→14→09→11→10でした。

とても興味深く拝見しました!!

> 10と11はオーケストラにふさわしい選曲というよりは曲の話題性(映画、震災関連)で選んだという感じで、正直、それほどすばらしいとは感じませんでした。
> 曲が単独でダメという意味ではありません ← 念のため。

確かにそう言う見方も出来ますね。11だとかは、原曲が、シンプルなピアノだけの伴奏なので、フルオーケストラとの相性は、かなり冒険だったのではと思います。

> 12、13はライブで聴いた回数がそれなりに多いので、オーケストラバージョンはとても新鮮に感じられて、私としては満足感が高かったです。

なるほど〜。

> ただ、12については黒砂糖さんの感想を読むと、客観的には、黒砂糖さんが書かれている通りかもしれないと思いました。私の場合はライブ前の段階から麻衣さんの曲の中でオーケストラが似合うのは断然この曲だという先入観が強かったので、それが高い満足感を導き出した部分があるのかもしれません。

この曲は、自分の場合は、FUSEツアーの時に、座って聴くバラード
パートの、しみ渡る様な声の魅力の記憶がいまだに忘れられなくて、
その時の記憶からすると、バックの演奏が、時には、声の魅力をかき消して
しまっている部分もあるなと言うのを感じたりしました。。。

> 08、14はオーケストラがとてもよく似合うという感じで、いい選曲だと思いました。

ホントですね(笑)。特に08は、最初の一曲が、自分が期待していた以上に、フルオケとの共演が素晴らしかったので、最高の思い出ですし、14は、もっともっと聴きたかった時の感じが、今でも生々しい記憶です(笑)。

> 09は黒砂糖さんが大〜好きな曲なので思い入れがあったようですが、わたしはこの曲はどちらかというと、通常の演奏の方が似合うと感じました。もちろん、この曲を聴けたこと自体は間違いなく嬉しいですが。

スイマッセン、個人的に、大変に思い入れの大きい曲ですので(笑)。今回、フルオーケストラの伴奏で聴けたのは、素晴らしい思い出ですし、もっと進化した形でも聴いてみたいですし、他のスタイルの伴奏でも、聴いてみたい曲です(笑)。

> 次に、技術的なこと。
>
> 立ち位置の問題は、指揮者が見える位置の方がよかったというのはその通りだと思いました。

これは、ホントにそうですよね。その方がずっと、歌い手と伴奏との呼吸が、バッチリと合ったのではと思いました。

> 会場の問題は、黒砂糖さんの意見に同意です。シンフォニーホールで、最初から最後まで座ってじっくり聴く、オーケストラつきライブをいつか体験したい気持ちは非常に強いです(笑)。

ホントですね(笑)。全曲、フルオーケストラじゃなくても良いので、色んな編成による、熟練したアコースティック楽器の奏者さん達、オーケストラの楽団員さん達と、それぞれの個性を生かし合って作るライブ、その中に、フルオーケストラとの共演も、勿論含まれるみたいなライブ、体験出来たら、素晴らしいだろうな〜みたいな(笑)。

> 声と楽器の音量のバランス、歌うリズムの取り方、オーケストラにふさわしい選曲など課題はあるかと思いますが、今回の経験を生かして、再びオーケストラを使うライブを2012年にも実施してほしいと思います。

これはホントに、120パーセント同感です(笑)。

>>ともあれ、ここまで読んでくださった方は、お疲れ様でした&どうもありがとうでした♪
>>
>
> ありがとうございました♪

こちらこそ、いつも、とても考えさせられる、刺激的なレスを頂きまして、本当にどうもありがとうございました☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【26】Re:レポ、その1です♪
 黒砂糖  - 12/1/2(月) 2:55 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

ご丁寧なレス、本当にどうもありがとうです(笑)。実は、メインの方でも、なかなか登場されないで心配していましたが、自分のマイペースなレポに、一気にレスをくださって、超嬉しいお年玉です(笑)。

一気に拝見してしまうのもモッタイナイですし、一気にレス返しをさせて頂く能力はないので、昨日のカウントダウンライブのレポを、少しずつマイペースで書きながら、少しずつ、楽しみながらレス返しをさせて頂きますね☆

> 今回も超大作の3部作、ありがとうございます☆☆☆

いえいえ、とんでもないです(笑)。メインの方にも登場されないで心配していましたが、お正月の貴重な時間を割いて、ご丁寧にレスを頂けて、恐縮と言うか。。。本当にどうもありがとうです(笑)。

>>昼過ぎから、見事に雨が上がりました(笑)。麻衣さんの晴れ女伝説は、まだまだ健在です(笑)。
>>
>
> 私は傘を持つのが大〜嫌いなので、これは本当に助かりました(笑)。

アハハ(笑)。そうなんですか(笑)。これからもますます、晴れ女伝説、更新して行って貰えたら有り難いですよね♪

>>今年は、ハロウィンの飾り付けが無いのは少し寂しいなと思いつつ歩いていたら、すぐに、素敵な企画を実行されている麻衣友さん達を発見(笑)。幸運にも晴れたアスファルトの上に敷かれたメッセージシートは、かなり大きくて、自分が着いた時には、まだまだ空白が多かったですけど、それが徐々に、沢山の温かいメッセージで埋まって行くのは、とても感動的でした♪
>>
>
> ハロウィンの飾り付けが無いのは少し寂しい ← 私も同感でした。2012年はハロウィンライブを実施してくれることを期待しています。

確かに言えてますね。ただ、そんなに簡単に復興は出来ないと思いますし、ハロウィンライブの良さをしっかりと取り入れつつ、チャリティライブの気持ちをしっかりと繋げる様なライブが理想だと、個人的には思っています♪

> メッセージシート ← 私はかなりギリギリの時間に会場入りしたので、これは残念ながら見れませんでした。

おお、それは残念です。てか、密かに、Steinfeldさんとお会い出来るのではと楽しみにしていたのですけどね(笑)。

> 栄養ドリンク ← 今回はどのブランドですか?(笑)

いつも決まって、アリナミンVです(笑)。

> 今回は私も良席(身分証確認エリア内)でした。肉眼で麻衣さんがよく見えるのは、やはり、すご〜く楽しかったです。

どの位置で見ても、それぞれに、ライブの楽しみ方ってあると思うのですけど、凄くステージに近い席で見ると、やっぱ、これは文句なしに格別ですよね(笑)。羨ましいっす!!

>>「SAFEST PLACE」のイントロが場内を優しく包む中、巨大スクリーンには、回転する地球、そしてそれを、今回のライブのロゴ、人や動物たちが手を繋いで輪を作る、温かいイラスト取り囲んで、そして、本当の1曲目だった「Stand Up」が始まりました。
>>
>
> 1曲目は大方の予想通りでしたね。

そうそう(笑)。

>>02. Everything's〜・・・非常に気持ちいいクールなグルーブ感で武道館が満たされていて、こうした曲を歌うと、麻衣さんは水を得た魚の様で、とてもイイ感じでした。
>>
>>03. NEVER GONNA〜・・・02に続いて、麻衣さんライブの非常に大きな魅力のポイントである、クールなR&Bナンバーが続きました。レーザー光線が効果的で、音楽のクールな空間性と言うか、奥行き感を際だたせていました。バンドも、流石に長く麻衣さんのバックを努めてこられているだけあって、非常に安定感があって、よくまとまっていた印象です。
>>
>>04. happy days・・・これは、なかなか意外な選曲でした。でも、イイ感じの選曲ですよね(笑)。熱く始まって、クールにつないで、ここからの数曲は、友情だとか心の繋がりだとか、いよいよチャリティーライブにとても相応しい様な感じのセットリストですよね。スクリーンにステンドグラスの映像が映し出されていたのも、祈りに満ちた感じで、とても印象的でした。ショートバージョンだったのは、ちょっと残念でした。
>>
>>05. Secret of my heart・・・個人的に最も魅力的な麻衣ソングだと思っている、この代表曲が続きました。今まで何度もライブで見て来たのですが、こうしたチャリティーライブで浸ると、改めて胸に響くものがありました。フルで歌ってくれたのも嬉しかったです♪スクリーンのステンドグラスの色が青に変わったのも印象的でした。エンディングは、麻衣さんのアカペラで終わる感じ。

> 02〜05が私にとっては今回の最大の感激でした。初期のころの曲を連続で4曲も歌ってもらったおかげで、麻衣さんのファンになった当時のワクワク感が全身を駆け抜け、ゾクゾクしました。特に、04は激好きな曲だけに有頂天状態で聴いていました。

なるほど〜。初期からのファンの方にとっては、初期の曲を少しずつ積み重ねて来た大切な記憶だとかってあるだろうから、それが連発で来ると、格別な思いがあるのでしょうね♪ そんなことを思いながら拝見しました。

>>06. Your Best Friend・・・MCに続いて、次は最新曲がきました。先日のテレ朝フェスの時も、素晴らしい聴き所でしたが、この日も素晴らしかったです(笑)。声の魅力や歌のニュアンス、美しかったなあ。。。あと、曲単独でも素晴らしかったですが、「Secret of my heart」を挟んで、「happy days」と呼び合うみたいな感じも、上手いな〜と思います。
>
>>07. key to my heart・・・次は、この曲が来ました。何とも言えない、優しくて柔らかい静けさみたいな感じと、ペンライトを突き上げる時の熱い楽しさみたいな感じが、上手く同居した感じが、この曲のライブでの良さですよね(笑)。あと、この日のステージは、中央に花道があって、小さくセンターステージが設けられていたのですが、ダンサーの方達と、そこまで来て、歌っていた感じ。あと、ここでも、「Your Best Friend」を挟んで、ふたつの「my heart」な曲が響き合うみたいな選曲、これまた、上手いな〜と(笑)。
>>
>
> 私も06と07は単独でも好きな曲ですが、06-07については黒砂糖さんが書いている通りだと思いました。 とにかくセットリストの組み立てが優れていて、複数の曲のコンビネーションから生まれる相乗効果を大いに堪能できました。

この辺のセットリストの流れは、上手いな〜って感じでしたよね♪ レポを書いている時に、自分の考え過ぎかな〜とか思うこともあったのですが、同感して頂けて、嬉しいです♪

> 私もオーケストラ登場以前の選曲のすばらしさ+登場直前のスクリーン映像の演出=鳥肌でした(笑)

ホント、ホント(笑)。

> パート1、ありがとうございました。
> 引き続きパート2を読みます♪

どうもありがとうございます!!!

パート2は、今は出し惜しみしつつ、改めて、楽しく拝見&レス返しをさせて頂きますね(笑)。

ともあれ、今回も、どうもありがとうございました☆

では(笑)。
・ツリー全体表示

【25】Re:倉木麻衣:震災後の2011年
 Steinfeld  - 12/1/1(日) 18:53 -

引用なし
パスワード
   >akyuさん

 麻衣さんの活動の記録ありがとうございます。

 akyuさんの情報力・行動力には毎回脱帽する思いです。とにかくすごい!!

 2011年を詳細に振り返ることができて、読んで楽しかったです。

----------------------------------------------------------------------

>
>2011年4月18日
>チャリティブレスレットによる義援金が665万円を越える
>

 これは全く知らなかった。

 665万円を越えたのは素晴らしいと思います。


 ラジオは聞かないのでラジオ情報は知らないか覚えていないのがほとんどだった。

 テレビ、雑誌関係は以下の4件は知らなかった。

>
>2011年9月19日
>『ORIGINAL CONFIDENCE』に掲載
>
>2011年10月1日
>テレビ金沢「となりのテレ金ちゃん」「花のテレ金ちゃん」のエンディングテーマ曲として「Your Best Friend」が流れる

>2011年10月22日
>『フィギュアスケートDays』掲載
>
>2011年11月11日
>『ワールド・フィギュアスケート50』掲載
>
・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
1 / 3 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
2,633
(SS)C-BOARD v3.8 is Free