「2017 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 また、黒砂糖さん、お待たせしました。
 2017年の倉木麻衣さんのライブの掲示板です。

 2016年12月20日現在、予定されているのは薄々知っているのですが、
 個人的な理由で、今現在、何もできない状態になっています。

 なので、あとはみなさんにお任せします。

 黒砂糖さん、今回もご連絡いただきまして、おおきにです。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
1 / 3 ページ 前へ→

【54】Re:レポその3です☆
 黒砂糖  - 18/1/18(木) 4:48 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

こんばんは(笑)。

改めて、楽しくも刺激的なレス、本当にどうもありがとうです♪

一気に拝見してしまうとモッタイナイので、何回かに分けて、お返事レスを書かせて頂きました♪

>>21. 渡月橋 〜君 想ふ〜・・・アンコールの1曲目は、ライブの当時はまだ、発売されていなかった新曲でスタートしました。麻衣さんは、アバンギャルドな着物風の衣装で登場(笑)。美しい和のメロディを、それと相性抜群の麻衣さんの柔らかい美声で、丁寧に、そしてニュアンス抜群に、紡ぎ出していく感じ、この辺りも、まさに、ハイライトの中のハイライトでしたね〜♪ この曲は、麻衣さんの、新しい代表曲に決定ですね(笑)。
>>
>>着物風の衣装は、この1曲のためだけで、一旦麻衣さんは、着替えへ。その間、スクリーンには、まだ発売前の「渡月橋」のフルMVが、映し出されました。十二単姿も絶美のMV、ウルウルしながら見ていましたね〜(笑)。
>>
>
> 私は他の会場に行ってなかったので興味津々で聴いていました。
> いい曲だ、最近の麻衣さんの曲の中では一般受けもよさそうだ、という感想でしたが、これほどのヒット曲になるとは想像できませんでした(恥)。
> ”癖になる曲”であることはCDで経験しました。

曲よし、歌声よし、MVよしで、素晴らしい曲だとすぐにわかりましたが、僕も、これほどのヒット曲になるとは、正直、思いませんでした。

麻衣さんの歌声と、和のテイストを持ったメロディとの相性は抜群というのが、改めて証明されましたよね〜♪今後も、色んな形で、和のメロディを取り入れてほしいですし、しばらく時が経った後で、「Time after time」〜「渡月橋」に続く、京都三部作を、三たびの「神曲」で、大いに期待したいですよね〜♪


>>22. Stand Up・・・前奏が流れて、すぐにこの曲だと判って、会場は、大盛り上がりでしたね〜♪ 車谷さんとにゃんごすたーのダブルドラムでのこの曲、楽しかったですね〜(笑)。会場は、即座にこの曲に対応して、結構複雑なフリも、バッチリ決めてました(笑)。この曲のエンディングの所でしたっけ、車谷さんと、にゃんごすたーの、迫力満点のドラムソロバトル、思わず、「おお〜っ!!!」みたいに見ましたね(笑)。にゃんごすたーの中の人は知らないですが、お二方、素晴らしいドラマーだと思いました。
>>
>
> この曲はセットリストだけを見ると違和感を感じる人が多いと思いますが、にゃんごすたーさんの参加を実際に見た人は100%納得&200%満足だったのではないでしょうか。少なくとも私はそうでした(笑)。

にゃんごすたーさんは、最高でした(笑)。カンペを持った麻衣さんとのやり取りや、ゆるキャラでありつつスーパードラマーというギャップの面白さ、最高ですよね(笑)。

>>23. Serendipity・・・今ツアー最大の「課題曲」であり「ツボ曲」が来ました(笑)。麻衣さんライブの楽しみのひとつに、楽しいフリを合わせることがあると思うのですが、個人的には、これまでの麻衣さんライブで、フリの難易度が最も高かったのが、この曲でしたね(笑)。国フォまでに、かなり、深夜に陰練を積んだので、国フォではバッチリ出来たと思うのですが、どうでしたかね〜(笑)。といいつつ、フリは無しにしても、押しつけがましさは全く無いのに、何とも言えない明るくて清潔な光を感じさせられる、思わずそれに誘われて旅に出たくなるような、そんな、麻衣さんの美しい歌声のメリットが、とてもよく生きるこの曲、フリを含めて(笑)、これからも、ライブで味わいたいな〜と思いました(笑)。
>>
>
> この曲は「雰囲気」がすごく好きです。
> 私は不器用でフリはできませんが、この曲のふりの”芸術点”は高いと思います。FutureKissのダ〇〇(←自粛(笑))ふりとは対照的です。

この曲の「雰囲気」がすごく好きって、すっごくよくわかります♪音楽で、ある種の「雰囲気」を表現できるのって、それだけで素晴らしいことだと思いますが、この曲の場合、凄く爽やかで、清潔で、静かでありつつ心躍る雰囲気で、今の世の中で、他に類を見ない魅力ですよね〜♪

フリは、芸術点が高い分、決まった時の充実感も高いので、次のライブで歌われた時には、ぜひぜひ♪ 密かに、「FUTURE KISS」も(笑)。


>>24. きみへのうた・・・何というか、ちょっと「Love one another」に通じるような、自然の中で緩やかな時間を感じるみたいなテイストを持った、とても良い曲ですよね〜♪ 会場は、黄色のペンライトで統一されていて、その光が、麻衣さんの歌声に合わせて揺れている景色は、実に綺麗でしたよね〜♪
>>
>
> この感想は大きく頷きました。
> 私にとってのカラーイメージは柔らかい日差しを