「2014 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 黒砂糖さん、お待たせしました。
 2014年の倉木麻衣さんのライブの掲示板です。

 いやー、それにしてもいいです。
 ライブホールで、ライブをする。
 ほんと、原点だとぼくも思います。

「15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014
 BEST “一期一会” 〜FUN FUN FUN☆彡〜」


 ツアーの日程です。

 6月21日(土) 愛知  Zepp Nagoya
 6月28日(土) 大阪 堂島リバーフォーラム
 6月29日(日) 東京 STUDIO COAST
 7月05日(土) 香川 高松オリーブホール
 7月13日(日) 福岡 DRUM LOGOS
 7月21日(祝・月) 広島 BLUE LIVE 広島
 7月26日(土) 札幌 ペニーレーン24
 8月10日(日) 福島 郡山Hip Shot Japan

 です。
 もうファンクラブに入っている人の申込は終わってしまったけど、
 一般発売はまだこれからです。

 今年は、この他にもホールでのライブも予定されているとか。
 いつも掲示板を作るのが遅いので、この他のライブも、ここの掲示板を使っていただければと思います。
 そして今回もまた、黒砂糖さん、遅くなってごめんよ〜。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
3 / 17 ツリー ←次へ | 前へ→

【47】無敵ツアーファイナル、大阪ライブ(014/11/09)のセトリです☆ 黒砂糖 14/11/11(火) 3:46 [未読]
┣ 【49】レポ、その1です☆ 黒砂糖 14/11/19(水) 2:56 [未読]
┣ 【50】レポ、その2です☆ 黒砂糖 14/11/26(水) 4:18 [未読]
┗ 【51】レポ、その3です☆ 黒砂糖 14/12/3(水) 4:26 [未読]

【47】無敵ツアーファイナル、大阪ライブ(014/11...
 黒砂糖  - 14/11/11(火) 3:46 -

引用なし
パスワード
   【15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” 〜無敵なハート〜】、通称「無敵ツアー」の第13弾にしてツアーファイナル、グランキューブ大阪でのライブに参加することが出来ましたので、まずは、セットリストだけでも(笑)。

01. 無敵なハート
02. FUTURE KISS
03. SUMMER TIME GONE 
04. わたしの、しらない、わたし。
05. 一秒ごとに Love for you
06. Feel fine !

07. chance for you(途中までアカペラ&後半バンド、そして合唱)
08. STAND BY YOU
09. 明日へ架ける橋
10. Secret of my heart
11. Everything's All Right
12. Time after time 〜花舞う街で〜
13. あなたがいるから
14. Stay by my side

15. Stand Up
16. ベスト オブ ヒーロー
17. TRY AGAIN
18. PUZZLE
19. touch Me!
20. 無敵なハート

アンコール
21. You can
22. Wake me up
23. always 
24. Love, Day After Tomorrow

注目の「日替わりお楽しみコーナー」は、「Everything's All Right」でした。アコースティックで演奏されることは、実に新鮮でしたし、麻衣さんも、雰囲気たっぷりに歌いこなしていました♪ そして、サビの英語のパートを、いきなり、合唱を求めてくるという、無茶ぶりもまた、楽しい瞬間でした(笑)。

とにかく、さすがにファイナルだけあって、全身全霊というか、最初からエンジン全開のライブ!!! 01や02は、これまでは、やや抑え気味でスタートして、どんどん調子が上がって行く感じのライブが多かった印象ですが、この日は、最初から気合いの入りが違った感じでした。ただ、最初から全力で飛ばした分、バラードパートの前半、特に08あたりで、ちょこっと危なっかしい感じもあった様な印象です(笑)。

ともあれ、ファイナルに相応しい、実に燃焼度の高い、素晴らしいライブでした!!!

詳しくは、改めてレポする予定ですので、お時間のある方は、読んでやってくださいませ〜♪

では(笑)。

【49】レポ、その1です☆
 黒砂糖  - 14/11/19(水) 2:56 -

引用なし
パスワード
   【15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” 〜無敵なハート〜】、通称「無敵ツアー」も、グランキューブ大阪でのライブで無事にファイナルを迎え、ライブハウスツアーからスタートした今年のライブツアーは、無事に完走しました♪

大阪から帰ってきてから、息をつく間もなく、ベストアルバムの発売と、テレビやイベントといった、発売に伴う楽しみが、アレコレと豊富で、なかなかレポを書く時間がなくて、微妙に遅くなってしまって恐縮ですが、これから、マイペースにレポを書いていこうと思っています。

これまでのツアーの時もそうだったように、ファイナルの後は、全曲、あれこれと思いだしながら振り返りつつ、ツアーの感じを、忘れないように書き留めておこうと思います。ライブ会場でつけた、なぐり書きのメモや、個人的な感想や印象に基づく、あまり客観性のないレポになると思いますが、自分の駄文が、参加された方が何かを思い出すきっかけとなったり、参加出来なかった方に、少しでも、素晴らしかった「無敵ツアー」の感じが伝わったら、嬉しいです♪

大阪には、前日の夜発の深夜バスで、行きました♪ 相変わらず、深夜バスは、ライブ前の気分の高ぶりもあって、なかなか寝付けないで、殆ど寝た気がしないまま、大阪駅に到着したのが、朝の8時前でした。最初は、ネットカフェで少し仮眠を取ろうかなとも思っていたのですが、考えてみれば、今年のツアーは、ほとんど観光をして来なかった訳で、午前中は眠い目をこすりながら、プチ観光をしました(笑)。

環状線に乗って新今宮まで出て、そこから、あいにくの小雨が降り続く中、傘をさして通天閣の周辺をぶらぶらと散策。まだ、お店はほとんど開いてなくて、日本橋の界隈だとか、通天閣の南の、かな〜りディープな商店街だとかを散策してから、再び環状線に乗って、グランキューブを目指しました(笑)。ちなみに、通天閣近くで食べたたこ焼きは、絶品でした♪

環状線の福島駅から歩いて、橋を渡って右折、川沿いの通を歩いていくと、ここ何年も、毎年、麻衣さんライブが開催されている、大阪ので「聖地」グランキューブライブがあります。ここに来るといつも、以前、いつかのライブの時に、川に巨大なアヒルのオブジェが浮かんでいたことを思い出すな〜みたいに思いながら会場へ。1時ちょっとに到着すると、そこは既に、沢山の麻衣ファンが集まっていまして、おなじみの麻衣友さん達も、既に沢山、集まっていました♪

今年初めての、入り待ちにも参加することが出来ました。麻衣さん、何と、ファンの作るアーチの下をくぐり抜けてくださって、こんなことまでしてくれるのかと感動しつつ、腰を痛めないようにと、心配になりました。。。

グッズの先行販売の後、麻衣友さんたちと食事会へ。ただ、人数が多かったので、なかなか全員入れるお店がなくて、仕方なく分散して、自分らは、エスニックなカレーショップへ。焼きたてのナンに、かなり辛いカレーが、とても美味でした(笑)。

そうこうする内に、気がつけば、ライブの時間が迫っていて、慌てて会場を目指して歩いていきました。そして、グランキューブ恒例の長いエスカレーターを上がって、急いでトイレを済ませて、急いでドリンク剤をがぶ飲みして、毎年恒例のグランキューブの会場に入りました(笑)。

ちなみに、今回の席は、1階席9列目の、ほぼ真ん中でした。同伴の友人が、FC枠で当ててくれたチケットでしたが、自分が参加してきた、これまでのグランキューブのライブの中で、今までで一番の良席でした♪

さて、ここからは、セトリを眺めながら、それぞれの曲のことを思いだしながら、感想だとかを、マイペースでカキコしていきます。大阪ライブの記憶を一応、中心にしつつ、ツアー全体を振り返って、それぞれの曲の感想だとかを、あれこれ書いていきますので、お時間がある方は、読んでみてくださいませ♪

01. 無敵なハート
02. FUTURE KISS
03. SUMMER TIME GONE 
04. わたしの、しらない、わたし。
05. 一秒ごとに Love for you
06. Feel fine !

07. chance for you(途中までアカペラ&後半バンド、そして合唱)
08. STAND BY YOU
09. 明日へ架ける橋
10. Secret of my heart
11. Everything's All Right
12. Time after time 〜花舞う街で〜
13. あなたがいるから
14. Stay by my side

15. Stand Up
16. ベスト オブ ヒーロー
17. TRY AGAIN
18. PUZZLE
19. touch Me!
20. 無敵なハート

アンコール
21. You can
22. Wake me up
23. always 
24. Love, Day After Tomorrow

場内の照明が消えて、会場のあちこちから歓声が上がって、次々と席を立ち上がる気配が伝わって、いよいよ、ライブが始まる空気は最高です。まず、心臓の鼓動のような音が聞こえて、そこに、麻衣さんの声で、英語のメッセージが流れます。そして、「Welcome to MY 15th birthday!!」という麻衣さんの声に続いて、いよいよライブの開幕です。「無敵なハート」の強烈なイントロが流れる中、ステージ中央のひな壇の様に高くなっている所へ、麻衣さんとダンサーさん達が、シルエットのような感じで登場。実にクールで格好いい幕開けでしたね〜♪

バンドは、左から、ドラムのすぎちゃん、ギターのコージさん、ベースのハマちゃん、ギターにしてバンマスの大賀先生、コーラスのマーナちゃん、そしてキーボードの大楠さんという、盤石の布陣。そして、麻衣さんとの息もぴったりな6人のダンサーさん達による、もうあっという間に終わってしまう程に、楽しくて、熱くて、そして音楽を生で聴く快感に溢れた、魅惑の約2時間半でした♪

01. 無敵なハート・・・ダンサーさん達と登場した麻衣さんは、黒いセクシーなドレス姿。この、最新の、強烈なビートの利いたダンスナンバーを、のっけから、熱く歌い上げてくれました♪ これまで、自分が参加してきた会場では、麻衣さん、割とスロースターターで、01と02あたりは、声の出方が、まだ完全じゃなくて、03あたりからどんどん良くなってくることが多かった印象ですが、大阪のファイナルでは、気合いの入り方が違ったのか、のっけから、全力投球といった感じでした(笑)。客席は、赤く光る、旗のついた無敵バージョンの大型ペンライトを振ったり、フリを合わせて楽しんだり、1曲目から、メチャメチャ熱かったです(笑)。

02. FUTURE KISS・・・2曲目で、出し惜しみすることなく、今の麻衣さんライブで最高に盛り上がるこの名曲を持ってくる構成が、素晴らしいです!!! ライブの序盤で早くも、この曲のイントロが流れた時に必ず起きる、「キター!!!」みたいな会場のどよめきが、凄かったですよね(笑)。それに、例のサビのフリも、自分のまわりは、もうみんなやっていて、最高でした(笑)。

03. SUMMER TIME GONE・・・01と02で、いきなりマックスに盛り上がった空気を、ちょっと感傷的に癒してくれるみたいな、そんな曲がここで来ました。過ぎゆく夏を惜しむ、ちょっとおセンチな感じ、それは、初夏からスタートして、真夏を駆け抜けて、秋まで続いた今年のライブツアーが終わりつつあるみたいな、そんなおセンチな気持ちとも重なった来た、この曲の印象でした(笑)。ライブではここの所、あまり歌われなかった曲でもあるので、ペンライトを振る手にも、更に力が入った印象ですね。ただ、今回も、この曲の大好きなパート「夏になると、なぜか海が恋しい♪」の部分は、歌われませんでした。。。

04. わたしの、しらない、わたし。・・・この曲も、いきなりハードな盛り上がりで始まったライブの感じを、何というか、クールにひんやりと癒してくれるみたいな、そんな印象の、今年のツアーの「わたしの、しらない、わたし。」でした。麻衣さんの歌声の魅力もバッチリだし、前にもどこかのレポで書きましたが、曲の間奏で、大賀さんが、アコギとエレキを器用に使い分けでギターソロを取る感じだとか、ライブハウスツアーでは絶対に味わえなかった、ライブで生演奏を味わう楽しさに溢れていたのも、この曲の特に印象的だった場面でしたね♪

05. 一秒ごとに Love for you・・・そして、曲は間髪を入れずにこの曲のイントロに。そして、イントロに乗せて、麻衣さんの初めてのMC、ライブへの参加のお誘いがあって、03でクールダウンした感じを、またここで、一気に熱さマックスへ持ってくる、そんなメリハリの付け方も、実に美味いな〜と思いましたね(笑)。会場は、客席にまで光りが沢山あたって、いきなり会場が明るくなる感じ。そして、麻衣さんとの楽しい、「オーエーオー♪」なコール&レスポンス。それ以外にも、曲の途中の、これまでの麻衣さんと客席とでライブを重ねて来ることで作り上げてきた、色んなフリや掛け声が満載で、まさに、麻衣さんライブの楽しい側面が凝縮されたのが、この曲でしたね〜♪ そして、曲を締めたあと、面白い演出があって、ステージの最前線に並んで、コージさん、ハマちゃん、麻衣さん、大賀さんが、キメのポーズのまま、固まって動かなくなる感じ。そして、客席の声援を聞いた麻衣さんが、「もっともっと」と、固まったポーズのまま、片手だけ動かして、会場をあおる感じ(笑)。続いて、その固まった体勢のままで、「もっともっと盛り上がれますか〜?」みたいな感じ、思わず微笑んでしまいそうな、無敵ツアーを思い出す時に、絶対に忘れられない、楽しい場面でしたね♪

06. Feel fine !・・・そしてライブ前半のラストは、何と、今までのライブ後半の締めをつとめてくることが多かった、この超盛り上がり曲でした(笑)。前にも書きましたが、いつも、ライブの後半にこの曲を聞くと、大汗をかきながら、大いに熱く盛り上がりながら、「終わりなき夏♪」なんていう歌詞が、終わりつつあるライブの寂しさと重なってくる感じでしたが、今ツアーは、まだまだこの先、至福のバラードパートもあり、更に、後半のアゲアゲパートもありと、そんな中で熱く楽しむ「Feel fine !」は、最高に楽しかったですね♪

そんな感じで、結構長くなってしまったので(汗)、、、今回はこの辺で♪ 

ここまで読んでくださった方は、どうもありがとうございました!!! また、続きはマイペースで書こうと思いますので、その時も、よろしかったら、読んでやってくださいませ〜♪

では(笑)。

【50】レポ、その2です☆
 黒砂糖  - 14/11/26(水) 4:18 -

引用なし
パスワード
   マイペースに、セトリながめて、アレコレ思いだしながら、続きを書かせて頂きます♪ ライブに参加出来た方が、何かを思い出すきっかけとなったり、参加出来なかった方に、少しでもライブの素晴らしさを伝えることが出来たら、嬉しいです♪

01. 無敵なハート
02. FUTURE KISS
03. SUMMER TIME GONE 
04. わたしの、しらない、わたし。
05. 一秒ごとに Love for you
06. Feel fine !

07. chance for you(途中までアカペラ&後半バンド、そして合唱)
08. STAND BY YOU
09. 明日へ架ける橋
10. Secret of my heart
11. Everything's All Right
12. Time after time 〜花舞う街で〜
13. あなたがいるから
14. Stay by my side

15. Stand Up
16. ベスト オブ ヒーロー
17. TRY AGAIN
18. PUZZLE
19. touch Me!
20. 無敵なハート

アンコール
21. You can
22. Wake me up
23. always 
24. Love, Day After Tomorrow

「無敵なハート」で始まり、「Feel fine !」で終わるという、ライブ序盤とは思えない熱い展開の第一部が終わって、至福のバラードコーナーへと続く訳ですが、ここ最近のライブの恒例ともなっている、麻衣さんの着替えの間、スクリーン映像を使って、ファンにメッセージを届けるコーナーがありました♪

「全てはいつもここからはじまる」みたいな感じの、麻衣さんの声でのナレーションで、麻衣さんのこれまでの活動の歴史が、振り返られました。まずは、ボストンでの初めてのレコーディングのこと。白黒の大変貴重な映像です。夢への最初の一歩を歩き始めた頃の麻衣さんの、慣れない環境の中での不安げな表情がとても印象的な場面です。そして、「ファーストミーティング」の映像、そして、これまでの重ねて来たライブの数々の映像。WISHツアーだとか、リッツライブだとか、FUSEツアーのファイナルの「chance for you」の映像だとか、DWツアーのウェーブの映像だとか・・・もう懐かしい場面の連続に、見ていて思わず、涙腺がやられました(涙)。映像のバックには、「Your Best Friend」のピアノによるインストバージョンが流れていて、感動をさらに倍増させていましたね。そして、最後に、全ての麻衣ミュージックの発信源である、音楽制作のスタジオが映し出されおわるみたいな、確か、そんな感じでこのコーナーが終わって、いよいよここからが、麻衣さんライブの至福の時、座って聴くバラードコーナーです♪

07. chance for you・・・ツアーの最初の頃には、全曲、完全アカペラで歌われた、この麻衣さんライブに絶対欠かせない名曲ですが、ツアーの途中から、曲の途中でバンドが加わって、更に会場の合唱が加わる感じで落ち着きました。合唱に欠かせない曲であると同時に、麻衣さんのピュアな歌声の良さが特に綺麗に乗る曲だと思うので、「歌いたい」という思いと「聴きたい」という思いのジレンマを、時として感じるこの曲ですが、「無敵なハート」ツアー・バージョン「chance for you」は、こんな感じに落ち着いたといった印象でした♪ ともあれ、ツアー前半で、完全アカペラを聴けたのは、ラッキーでしたね〜(笑)。

08. STAND BY YOU・・・曲の前に、麻衣さんからのMCがあって、カンボジアでのエピソードと、それによってこの曲が出来たことが紹介されてから歌われたのが、この曲でした。スクリーンには、カンボジアで、麻衣さんと子供達の触れあう様子が映し出されていて、特に、麻衣さんが音楽の授業をやっている時の、子供達に向けた笑顔の素晴らしさは、ピュアな歌声との相乗効果で、思わず泣きそうになった瞬間でした(笑)。個人的には、ツアーが始まる前の頃には、この曲は、会場での合唱曲になっても良い感じの曲だと思っていた訳ですが、逆に、そうしなかったことで、この曲に麻衣さんが込めた真剣なメッセージが、より伝わりやすかったようにも思います。曲の前のMCで、「みんなで歌いましょう」ではなしに、「何かを感じ取ってくださったら嬉しいです」みたいな感じからも、そうした大切なメッセージが、押しつけがましくなく、伝わりました。ただ、大阪でのこの曲は、前半戦から全力投球で飛ばしすぎたからか、ちょこっと、危なっかしかった気も(笑)。

09. 明日へ架ける橋・・・今年のホールツアーの特に素晴らしかった点は、個人的には、座って聴く至福のバラードコーナーが、メチャメチャ充実していた点にあったんですが、その中でも、特にこの曲は、最大の聴き所のひとつでした。これまでも、数々のライブで、美しい歌声を聴かせてくれた、その意味では、バラードコーナーの常連曲な訳ですが、今ツアーの「明日へ架ける橋」は、これまでよりも更に表現力に磨きが掛かっていて、実に素晴らしかったですね。例えば、これまでのライブだと、「失っていた光輝くよ」というところだとか、こういう箇所だけは、もう少しだけ、声に光り輝くような力強さが欲しいななんて思うようなこともあったのですが、今回のツアーでは、今までにない位に、輝かしい歌声をこの箇所で聴かせてくださいました!!! そしてそれは、素晴らしい照明との相乗効果もあったと思いますね。虹色の照明で始まったこの曲が、そこの所では、後光が射すような一色の光を受けて、麻衣さんがシルエットになるみたいな感じ、そして、「失ってい〜た光〜輝くよ〜♪」と高らかに歌ったあと、バンドが全休止して、麻衣さんがアカペラで「明日へ」と歌ってから、バンドが鳴ると同時に虹色の光が溢れるみたいな感じ、そしてエンディングでは、麻衣さんを虹色の光が包み込むような感じ、照明の演出が、まさに、歌声の美しさを引き立てていて、マジで鳥肌ものの「明日へ架ける橋」でしたね♪そして、書き忘れましたが、イントロの、大賀さんとコージさんによる、アコギのデュオによる美しいギターサウンドも、生で音楽を聴く快感に満ち溢れていて、実にイイ感じでした♪

10. Secret of my heart・・・この曲も、イントロで、大賀さんとコージさんによる、アダルティで美しい、ジャジーなアコースティックギターの絡みがあって、素晴らしい聴き所でした。やっぱ、素晴らしい生演奏って、マジでイイなと(笑)。そのイントロに続いて歌われたのは、個人的に最高に大好きな、最愛の麻衣ソングのひとつの、この曲でした(笑)。麻衣さんがインタビューで、スランプに陥ってしまったこと、そして、伊勢神宮に参拝をして、「Wake me up」を作ることで、スランプを脱することが出来たという話がありました。そのスランプ、正直、ライブに参加し続けての客席から聴く限りだと、不覚にも、あまり気がつきませんでした。。。ただ、ひとつだけ、個人的には、この最愛の麻衣ソングのひとつであるこの曲が、ライブで、確かに美しいのだけれども、何か、もうひとつ、しっくりと来ないというか、バンドのアレンジを変えたり、歌い方のアクセントを変えたり、色々と出来るんだけれども、前みたいに、何か、すーっと入って来ないというか、そんなもどかしさを感じていたのも、実は事実でした。。。それが、「無敵なハート」ツアーでは、オリジナルに近いアレンジで、吹っ切れたような自然体で普通に歌うことで、歌が、すっ〜と心の深い所に入ってきたみたいな、そんな「Secret of my heart」でした(笑)。そうなると、何て美しい曲なんだろうと、何て癒される美しい歌声なんだろうみたいに、この曲にライブで身をゆだねる快感が、しっかりと戻って来たような、そんな個人的な印象ですね♪

11. Everything's All Right・・・そして注目の「日替わりお楽しみコーナー」は、大阪ではなんと、アコースティックで演奏されることは極めて珍しい(てか初めて?)、この曲がきました♪ いつものエレクトリックなバンドでの歌も良いけれども、アコースティックだと、さらに細やかに、麻衣さんの繊細なグルーブ感が、歌声に乗って、伝わって来た印象です♪ そして、アドリブでの、客席への無茶ブリは、この日も健在で、曲の後半のサビの部分、英語の歌詞のパートを、客席に合唱を求めてきました(笑)。怪しいカタカナ英語で乗り切りましたが、何はともあれ、ライブならではの、一回限りの、生まれつつある音楽に参加出来て、楽しかった〜♪

※ちなみに、「日替わりお楽しみコーナー」、その会場限定で、毎回、鮮度の高い音楽が生まれて、生き生きと展開されて、盛り上がって行って、そして終わるという、ライブ感抜群の時間を味わうことが出来る、本当に素晴らしいコーナーでした!!! 麻衣さんにとっても、バンドにとっても、今まで歌い慣れていた、演奏しなれていた曲を、全く新しい感覚で、鮮度の高いドキドキ感の中で捉えなおしたり、音楽的な共同体としての絆や理解を、お互いに、更に深めることが出来たと思われる、とても素晴らしい試みだったのではと思います♪ せっかくですから、全会場で、どの曲が歌われたのか、まさに一期一会の大切な記録の意味も込めて、一覧にしておきます♪ 自分が参加出来なかった会場の曲に関しては、某麻衣友さんの、ミスターコンプこと、ひー○ーさんが、ライブの後にいつも、メールで教えてくださった大切な情報に基づきます!!! ←メチャメチャthankfulです☆

三郷・・・Tomorrow is the last Time
磐田・・・儚さ
久喜・・・happy days
桐生・・・冷たい海
宮城・・・Special morning day to you
福岡・・・Reach for the sky
愛知・・・P.S MY SUNSHINE
札幌・・・風のららら
愛媛・・・BE WITH U
香川・・・anywhere
武蔵村山・・・Delicious Way
大津・・・Baby I Like
大阪・・・Everything's All Right

12. Time after time 〜花舞う街で〜・・・「日替わりお楽しみコーナー」で、生き生きとしたライブの時間を、大いに楽しんだ後、ここでは、桜をテーマにした2曲の超名曲が、日替わりで歌われました。大阪では、「Time after time」でした♪ イントロの、大楠さんの、繊細なピアノの、特に弱音の素晴らしさも、まさに鳥肌ものでした♪ この曲は、個人的に、初めて麻衣さんのライブに参加した時の1曲目で、つまりは、初めてライブで麻衣さんの生声を聴いたのが、まさにこの曲で、ライブでこの曲を聴く度に、そのことを思いだしつつ、どんどん歌に深みや、表現の幅が出てきていて、素晴らしいな〜とため息が出ますね(笑)。麻衣さんが、着実に、一歩一歩、歌手としての経験を重ねてくださって、それが、何て言うか、毎年咲き続ける桜の花の、美しさの、太い「幹」になっているんだよな〜なんてことを、勝手に思いながら、うるうると浸った印象です。。。ホントは、前の週の、京都に近い大津で聴けたら、もっと感動的だっだんだろうな〜みたいな気も、少しだけ、しつつ(笑)。

※「さくら さくら...」・・・日替わりで、交互に歌われたのが、同じく、桜をテーマにした、新しい超名曲の、この曲でした。どちらも、さくらの花びらの持つ、儚げな淡い色合いを、他ならない歌声自体で、自然と表現することが出来るのは、ホントに、他に絶対に掛け替えのない、麻衣さんの歌手としての大きな才能だと思います!!! ホントは、両方、ペアで聴きたかった気がしますが(笑)、、、こちらの方は、大震災にちなんだ、心深いレクイエムや、復興への思いだとかが、きっと、曲の深い所にあって、曲のエンディングの、深い祈りを声に込めた時の素晴らしさだとか、正直、知らない遠い世界へといざなわれるみたいな、そんな凄みすら感じさせられる、ある意味で、これまでの麻衣さんの、ライブでの歌の表現の、今時点でのひとつの最高到達点が、この曲かな〜と思える位に、感動した曲です。。。

13. あなたがいるから・・・続いて、大楠さんのシンプルなピアノの演奏で歌われたのは、東日本大震災の後に、復興を願って作られたこの曲でした。そして、まだまだ麻衣さんが、RE:PROJECTのことを忘れないで、マイペースで、ちゃんと実践してくださっていることを思いつつ、この曲の歌声に浸ると、更に感動が倍増しました(涙)。ともあれ、シンプルかつ、音楽性の高い伴奏をバックに、心を込めぬいて歌う、その歌声を聴いて、それと一緒に、歌声に呼吸するように浸ることこそが、麻衣さんライブの、至福のバラードコーナーの真骨頂で、この曲は、その意味では、「明日へ架ける橋」と並んで、個人的には、今年のツアーの、メチャ充実していたバラードコーナーの中でも、ハイライトとも言える曲でしたね♪

14. Stay by my side・・・そして、大充実のバラードコーナーは、初期からずっと、麻衣さんが大切に歌い続けてきた、この名曲で幕を閉じました。曲の途中で、扉がパッと左右に開くようにして、背後のスクリーンに、この曲のMVが映し出されて、しかも、今、目の前で歌っているのと、ちょうど同じ所を歌う、若き日の麻衣さんの姿が映し出さるのが、実に印象的な演出でした。スクリーンの中の麻衣さんと、今、ステージで歌っている麻衣さん、色んなタイプのファンがいると思われるので、これを見て、感じることはそれぞれに違うとは思いますが、個人的には、一歩一歩積み上げてきた時間は、伊達ではないな〜なんて思うのですが、ともあれ、ひとつだけ、これだけは間違いなく言えそうなことは、歌うということに対しての、ひたむきさ、一途な姿勢は、初期も今も、全く変わらないよな〜だとか、ウルウルとしてしまいますた(笑)。

何だか、まだまだ書き忘れていることだとかが、沢山あるような気がしますが、長くなってしまったので、今回はこれくらいにしておきます。長文、失礼しました。。。

続きもマイペースで書く予定ですので、お時間がある方は、よろしかったら、読んでやってくださいませ♪ ともあれ、ここまで読んでくださった方は、本当にどうもありがとうございました!!!

では(笑)。

【51】レポ、その3です☆
 黒砂糖  - 14/12/3(水) 4:26 -

引用なし
パスワード
   マイペースで恐縮ですが、続きです(笑)。セトリを眺めながら、思い出すことをあれこれ、一杯引っかけながら、書かせて頂きます♪ 余り客観性のない内容になると思われますが、ライブに参加された方が、少しでも何かを思い出すきっかけになったり、ライブに参加出来なかった方に、少しでも感じが伝わると嬉しいです♪

01. 無敵なハート
02. FUTURE KISS
03. SUMMER TIME GONE 
04. わたしの、しらない、わたし。
05. 一秒ごとに Love for you
06. Feel fine !

07. chance for you(途中までアカペラ&後半バンド、そして合唱)
08. STAND BY YOU
09. 明日へ架ける橋
10. Secret of my heart
11. Everything's All Right
12. Time after time 〜花舞う街で〜
13. あなたがいるから
14. Stay by my side

15. Stand Up
16. ベスト オブ ヒーロー
17. TRY AGAIN
18. PUZZLE
19. touch Me!
20. 無敵なハート

アンコール
21. You can
22. Wake me up
23. always 
24. Love, Day After Tomorrow

麻衣さんライブの至福の時、座って聴くバラードコーナーが、「Stay by my side」で幕を閉じて、一端麻衣さんは、舞台の袖へ。美しい歌声に浸りまくって、身も心も涼やかに癒された後は、麻衣さんライブ恒例の、後半の熱〜く盛り上がるスパートです。今年のツアーは、本来ならこのパートの主力曲達のいくつかが、前半で歌われましたが、それでも、これだけ厚みのある、強力なセットリストになるのは、これまで積み上げてきたレパートリーの厚み、伊達ではありません(笑)。

麻衣さんが登場する前に、まずは、バンドコーナーです。大賀さんやコージさんが、大活躍するパートです。勿論、「ヘイ!ヘイ!ヘイ!」のマーナちゃんも(笑)。やっぱ、生のバンドは良いな〜と思いながら楽しみました♪ 

続いて、今度はダンサーさん達の見せ所です。「Everybady crap your hands♪」みたいな感じのテクノな音楽に乗って、実に見事なロボットダンス。特に、並んで6人で行進している半分の3人だけが、途中からスローモーションになる動きだとかは、さすがに良く鍛え上げられているな〜みたいに思いました♪

そして、バンドメンバーの紹介になる訳ですが、ここで楽しい工夫がなされていました♪舞台の袖の所にいる麻衣さんの様子が、スクリーンに映し出されるという演出(笑)。麻衣さんは、スケッチブックを持っていて、それをカメラの前でめくって見せると、そこには、手書きのメッセージが色々と書かれているという感じです(笑)。ツアーの最初の頃は、「この近未来的な衣装、どう?」みたいな感じのメッセージで始まりましたが、ツアーの途中から、その地方の方言なんかを交えて、「みなさん、でら盛り上がってますか?」みたいな感じになりました(笑)。そして、相変わらず、心温まるイラストによる、ご当地キャラの紹介。大阪では、思いも寄らない、逆立ちしたトラッキーでした(笑)。ともあれ、このコーナーでの、麻衣さんのイラストの数々、FCだとかで、「写真館」だとかを作って、保存して欲しいな〜(笑)。

舞台の袖で、カメラに向かってノリノリの麻衣さんの元に、いつの間にかダンサーさん達が集まって、みんなでノリノリになりながら、バンドのメンバー紹介を紹介した後、ダンサーさん達と、舞台に登場。「ヘイヘイヘヘヘイ♪」から始まって、どんどん早く、細かくなっていく、客席とのアハハなコール&レスポンスがあって、ここからが、麻衣さんライブ恒例の、熱い後半スパートの始まりでした♪

15. Stand Up・・・後半の熱いスパートコーナーの最初は、この曲が来ました♪ この曲は、ライブの冒頭で歌われることが多かったですが、後半スパートの頭で歌われたのは、何だかとても新鮮に感じました(笑)。この曲も、これまでのライブで培われて来た、ライブならではの楽しいフリだとかが豊富で、相変わらず、盛り上がりますよね〜(笑)。それと、この曲は、盛り上げ系の曲の中では、特に、やっぱ、ちゃんとしたバンドによる生演奏が、絶対に必要だよな〜と実感した曲でもありました。それは、例えば、今までに無かった曲の構成として、曲のラストに、スギちゃんによる素晴らしいドラムソロが入る辺りなんかも、そのことを、大いに実感ましたね〜♪

16. ベスト オブ ヒーロー・・・続いて、ライブで聴くといつも、熱くて温かい、この曲が来ました♪ イントロの行進曲みたいな刻みを味わうだけで、ああ、「ベスト オブ ヒーロー」だな〜みたいな(笑)。改めて、良い曲だな〜みたいな♪ ペンライトを振る感じも、熱かったです(笑)。

※Growing of my heart・・・16は、日替わりで、開場毎に、「ベスト オブ ヒーロー」と「Growing of my heart」が交互に歌われました。どちらも、麻衣さんライブの、熱いパートを、これまで持ち上げて来た、熱い楽曲の「ベテラン」みたいな感じの曲ですよね(笑)。

17. TRY AGAIN・・・そして次は、新しい、ライブでの超アゲアゲ曲です(笑)。イントロを聴いただけで、「TRY AGAIN」モードに入る感じが、楽しいです♪ 麻衣さんの、手をヒラヒラとさせる動きの時の、手の表情も、実にスンバラシイ(笑)。サビの所の、投げ縄を回すみたいなフリも、この曲の楽しさが全開の場面でした♪

18. PUZZLE・・・そしてここからは、後半盛り上げスパートのハイライト、怒濤の望月さん楽曲の3連発です。ライブハウスツアーの時は、「PUZZLE」「touch Me!」「FUTURE KISS」の3連発でしたが、無敵ツアーでは、「無敵はハート」が2回歌われることで、この破壊力のある3連発が生まれました♪ この辺はもう、あまり細かいことは憶えていなくて、とにかく、熱く盛り上がっていた印象です(笑)。

19. touch Me!・・・怒濤の望月さん楽曲3連発の2曲目です。麻衣さんの、力強い熱唱が、特に印象的な曲でした!!!エアハイタッチも、忘れられないのが、この曲です(笑)。

20. 無敵なハート・・・そして、本編のラストは、冒頭に続いて、もう一度、最新の熱いナンバーである、「無敵なハート」で締めくくられました。冒頭のバージョンよりも、エンディングのところで、長く引っ張る感じのアレンジで、本編を、実に熱く締めくくってくれました♪ 「無敵なハート」で始まり、出し惜しむことない、熱い展開で始まって、ゆったりたっぷりと、座って歌声に浸れるバラードコーナーがあって、熱くスパートして「無敵なハート」で終わるという、実によく練られた、ひとつの「無敵のセトリ」だったと、個人的には思います(笑)。

21. You can・・・マイケーコールが鳴り響く中、麻衣さん達、手に、旗付きのペンライトを持って登場です♪ そしてアンコールの1曲目は、CMで少しだけ聴いたことがあって、その後、ベストアルバムで曲の全貌を味わうことが出来た、最新のこの曲でした。ちょっと、初期の楽曲を思い出させるような、出過ぎない控えめのグルーブ感が心地良い曲ですが、そんな感じの曲の雰囲気を、そっと旗を振りながら味わうのが最高でしたね(笑)。そして、以前のレポにも書きましたが、この曲の時、スクリーンには、麻衣さんのこれまでの作品の数々が映し出されて、特に、それらがパノラマのように映っている時に、麻衣さんの声で、「好きなことを信じ続けよう♪」と歌われるのを聴くと、必ず、涙腺がやばくなったのが、個人的に、今ツアーの一番の涙腺刺激ポイントでした(笑)。そして曲のエンディングのところで、『delicious way』の写真と、ベストアルバムの通常盤の写真が、並べてスクリーンに映し出されました♪

22. Wake me up・・『delicious way』のジャケ写をセルフカバーした、『-LOVE&HOPE-』の通常盤のジャケ写のことだとかを話す麻衣さんのMCがあって、続いて、麻衣さんがスランプに陥ってしまい、そこから立ち直るきっかけになった曲として紹介されたのが、この曲でした♪ ライブで聴くと、CD以上に、この曲に込められた、押しつけがましさのない、優しい応援メッセージが、すーっと心に浸みるように入ってきますよね♪ サビの所の、右手を振り上げて→左手を振り上げて→両手で大空を仰いで〜みたいなフリも、実にイイ感じでした(笑)。

23. always・・・そして、気がつくともう、ライブも締めが近づいてきたことを知らせる、ライブ終盤の大定番のこの曲です。今日のライブも、もう、あっという間に終わりだな〜みたいな切ない思いの中で、手を振るのがこの曲の醍醐味ですよね(笑)。今年のツアーは、ペンライトに旗がついていたので、それを綺麗に振る為には、いつものライブの時の、左右への手振りとは少し違って、旗がペンライトに絡んでしまわないように、8の字を描く様に振ったのが、今年のホールツアーの「always」でした(笑)。

24. Love, Day After Tomorrow・・・そしてラストは、麻衣さんの原点でもあるこの大名曲で締めくくられました。曲冒頭の「L・O・V・E」の指文字の時には、これまでの毎年のツアーで、客席と麻衣さんが、それを通してライブで交流してきた、この曲の指文字の映像がスクリーンに年ごとに、順番に映し出されました。そして、以前、「always」でもそうした試みがありましたが、麻衣さんが歌っている、丁度それと同じ場面の、これまでの麻衣さんの色々なライブから切り取られてつなげられたこの曲のライブ映像がスクリーンに映し出されました。それらを見ながら、指文字だとかをやっていると、これだけ沢山の「L・O・V・E」を、毎年、ライブで繋いで来れたんだな〜ということ、今もこうして、「L・O・V・E」をライブで味わうことが出来ていることの幸せ、そして、これからもますます、ライブでの「L・O・V・E」を、これからももっともっと、繋いで行きたいな〜という思いで胸が一杯になった、実に感動的な「Love, Day〜」でしたね♪

そんな感じで、無敵なハートツアーの無敵なセットリストを振り返ってきましたが、ライブの楽しみが、まだまだ、後ろ髪を引かれるような感情の中で、温かく続くのが、麻衣さんライブの醍醐味(笑)。今年のツアーも、最後の曲が終わってからも、色々な形で、麻衣さんが、ファンに感謝の気持ちを届けてくださいました♪ バンドやダンサーさん達と、左右に分かれて、麻衣さんひとりは、左右の両側にまで来て、ファンの近くにまで来てくださって、感謝を伝えてくださったり、マイケーコールの中、みんなでタオルをクルクルと回したり、もちろん、恒例の生声での挨拶もあって、そしてファイナルでは、客席でのダイアモンドウェーブもありました(笑)。

そして最後は、麻衣さんが、舞台中央の階段を上がっていって、スクリーンの前に立ちます。スクリーンには、今年のツアーのキーワードになっている「151(←麻衣さんのシルエット)A」のロゴの、麻衣さんのシルエットで作った「1」だけがない感じ。そこへ立った麻衣さんが、パッと片手を上げてポーズをとると、「151A」のロゴが完成するという実にアイデアに溢れたエンディングでした!!!

麻衣さんが去ると、スクリーンには、麻衣さんの直筆の文字で、ファンへの感謝のメッセージが映し出されますが、ファイナルは、それも大盛りでしたね(笑)。

それから、帰りの深夜バスの時間を気にしつつ、出待ちにも参加出来ました♪ 流石にファイナルだけあって、出待ちにも、いくつかのサプライズがありましたね♪ バンドやダンサーさん達が、ファンへのプレゼントの飴を持って、ファンの中に入ってきて、手渡しで配って下さったこと。そして、一番大きなサプライズが、恒例の 「chance for you」の合唱だけでなく、「always」が合唱されたのですが、なんと、サビだけでなく、フルコーラスの合唱!!! 去年のRE:PROJECTツアーのファイナルの仙台での出待ちの時も、「always」が凄くて、でもあの時は、サビの大合唱が、どんどん転調されて繰り返されて行く感じで、実に熱かったですが、今年は何と、「always」の、フルコーラスの大合唱でした☆

いよいよタイムリミットで、てか、バスの時間がギリギリになってしまい、某ひー○ーさんと、走って会場を出て、電車だともう間に合いそうもないので、勝手知りたるひー○ーさんの案内で、タクシーに飛び乗って、バス乗り場へ。。。流石にタクシーだとあっという間で、少しまだ時間があったので、コンビニでおでんとビールを買って食べたのですが、これがもう、しみじみと美味しかったです(笑)。

そして、更にミラクルが待っていて、なんと、ひー○ーさんと、予約したバスが同じだっただけでなく、なんと、席が隣同士だったという(笑)。

そんな感じで、長々と書いてしまいましたが、何はともあれ、「無敵なハート」ツアー、実に練られたセットリストと、ライブハウスツアーでは味わえなかったバンドによる生演奏の充実感、そして何よりも、麻衣さんの、変わらない、人柄の反映された美しい歌声に浸ることの喜びが全開の、最高のツアーでした♪ ライブハウスツアーともども、絶対にDVD化(出来ればブルーレイ化)して欲しいですね!!!!!

ともあれ、来年のツアーが、どんな感じになるのか、今から楽しみでなりません。いや、その前に、単独ライブ300回記念の、武道館が、もうすぐなので、緊張してきた(笑)。

なんだか、まだ書き忘れていることが沢山ある様な気がしますが、、、ともあれ、ここまで読んでくださった方は、本当にどうもありがとうございました☆

では(笑)。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
3 / 17 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
3,564
(SS)C-BOARD v3.8 is Free