「2018 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 またまた、黒砂糖さん、お待たせしました。
 2018年の倉木麻衣さんのライブの掲示板です。
 ライブの名前はこちら。

 「Mai Kuraki Live Project 2018 "Red it be 〜君想ふ 春夏秋冬〜"」
 10月13日(土) 千葉 成田国際文化会館 大ホール
 10月28日(日) 大阪 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)メインホール
 11月1日(木) 東京 東京国際フォーラム ホールA
 11月11日(日) 名古屋 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

 です。

 今回は何やら、「春・夏・秋・冬」の四季が関係していて、
 4つの会場それぞれで違う演出をするとのこと。

 倉木さんがデビューした頃は、まだインターネットが普及しだしたところで、
 アーティストの人の公式サイトもほとんどない状態でした。
 そんな中、倉木さんのサイトはいち早く立ち上げられてたなぁ、
 などと、思い出にふけっていたら、
 今回のライブは、LINEで応募できるようにもなっている状態に。
 時代の変化は速すぎです。

 でも、相変わらず、この掲示板を立ち上げるのは遅れに遅れて、
 せっかくいち早く教えていただいた黒砂糖さんにも、ハラハラさせてすみませんでした。

 そして、黒砂糖さん、今回もおおきにです。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
2 / 7 ツリー ←次へ | 前へ→

【18】Red it beツアー第三弾、東京公演(2018/11/01)のレポです♪ 黒砂糖 18/11/7(水) 4:37 [未読]
┗ 【26】Re:Red it beツアー第三弾、東京公演(2018/1... Steinfeld 18/12/31(月) 3:19 [未読]
┗ 【32】Re:Red it beツアー第三弾、東京公演(2018/1... 黒砂糖 19/1/3(木) 3:53 [未読]

【18】Red it beツアー第三弾、東京公演(2018/11...
 黒砂糖  - 18/11/7(水) 4:37 -

引用なし
パスワード
   麻衣さんライブの「聖地」、東京国際フォーラムのライブに無事に参加することができましたので、レポ板も無事に治ったみたいですので(←田熊さん、どうもありがとうございます)、ちょこっとレポらせていただきます♪個人的な記憶に基づくレポですが、参加された方が何かを思い出したり、参加できなかった方にライブのことを少しでも伝えることができたら嬉しいです♪

今までに何度も、素晴らしい麻衣さんライブを体験することができた「聖地」国フォ、どの会場もそれぞれに良さがありますし、どの会場でも麻衣さんライブは「最高の時間」ですが、やはり、「聖地」国フォのライブは、何か格別なものがありますよね〜♪

今回の席は、1階席の13列の左寄り、今回のツアーは、自分としては珍しく、かなり座席運に恵まれていて、今回も申し分のない席でした♪

いつもの「儀式」であるドリンク剤をがぶ飲みしてから、会場に入り、見回してみると、メチャ高い天井と、張り出した大きな2階席の感じ、「ああ、国フォだな〜」みたいに感じること自体が、国フォライブの恒例です(笑)。

そして、今回もドキドキの内にライブがスタートしました♪ ここからは、いつものように、セトリを眺めながら、気ままに書いていきます♪

01. 渡月橋 〜君 想ふ〜
02. 今宵は夢を見させて
03. SUMMER TIME GONE
04. Your Best Friend
05. Tomorrow is the last Time
06. Secret of my heart
07. mi corazon

08. Light Up My Life
09. Let It Be (ビートルズ〈ポール・マッカートニー〉のカバー)
10. Be Proud 〜we make new history〜
11. 真っ赤な傘 〜京都の雨〜

12. Time after time 〜花舞う街で〜
13. 花言葉

14. WE ARE HAPPY WOMEN
15. BE WITH U
16. Stand Up
17. SAWAGE☆LIFE
18. Wake me up
19. Do it!

〜Encore〜
20. 無敵なハート
21. Love, Day After Tomorrow
22. always

この日は、春夏秋冬の「秋」バージョンのライブです。まず、場内が暗くなって、スクリーンに美しい日本の自然の映像が映し出されるのですが、そこも、美しい秋バージョンになっていたと思います♪

そして、冒頭の「渡月橋」、赤い衣装をジュディオングのようにひらひらさせながら歌う麻衣さんの背景には、普通のスクリーンだけでなくステージまでもスクリーンとして使って、この日は、秋の渡月橋の映像が映し出されました、赤い紅葉の葉が舞う映像と、ライブでの「渡月橋」の切ない歌声、実にマッチしていて、沁みましたね〜。。。

注目のこの日限定の「秋ソング」、不思議と、これだけたくさんの麻衣ソングの中で、はっきりと「秋歌」と呼べる歌って、あまりないですよね〜。だから、どの曲が選ばれるのか、予想がとても難しかったのですが、正解はセトリの3曲でした♪

まず、「SUMMER TIME GONE」が来た時には、これって、どちらかというと「夏の終わり」ということで、自分的には夏歌だと思っていたので、一瞬「あれ?」って思いましたが、なるほど〜みたいな(笑)。これは思わず一本取られた選曲でした(笑)。

「Your Best Friend」は、あまり「秋」ということを意識したことがなかったのですが、でも、久しぶりにライブで聴くことが出来て、メッチャ良かったです♪

「Tomorrow is the last Time」は、これも「秋歌」として意識したことはなかったのですが、イントロを聴いた途端に、思わず体が「おお〜っ!!」っと反応してしまいました(笑)。これは、麻衣さんの歌声の美点を見事に生かす、屈指の素晴らしい楽曲、真の「隠れた名曲」だと思っていますが、久しぶりにライブで聴けて、嬉しかったですね〜♪ サビでゆっくりと手を振る感じも、久しぶりでライブで聴けたのに、思わず条件反射で、自然と出てしまいました(笑)。マーナちゃんのコーラスも、バッチリ効いていました♪

大阪に続いて、「Light Up My Life」の歌声に浸りまくった後、ただ、照明の感じが、大阪とは大分違ってみえたのだけど、それって、席の位置で見え方が違うのかな〜だとか思いつつ、麻衣さんからMCで、「座って聴いて貰えたら嬉しいです」という、嬉しいお言葉があって、ここからは座って味わうことが出来ました♪

その1曲、成田、大阪と、先日のMTVライブで聴くことが出来たレアなカバー曲が続いたのですが、この日は、更にスーパーレアな曲を聴くことが出来ました。何と、ビートルズの超名曲、「Let It Be」を歌ってくれたのです!!!

曲紹介のMCの途中で、「まさか」と思ったのですが、ホントに「Let It Be」でした。普通は「ビートルズのカバー」と言うと思うのですが、そうは言わないで、「ポール・マッカートニーさんのカバー曲です」と曲紹介したのが、何だか、麻衣さんらしい感じがして、思わずスマイルになりました(笑)。

ともあれ、ずっと昔から麻衣さんの発言の中に、座右の銘として言葉としては何度も何度も出てきた「Let It Be」ですが、音楽そのものは、ライブや音源を通じて初めての披露で、この名曲を麻衣ボイスで聴くことが出来て、鳥肌ものの感激の瞬間でした。。。息を飲むように聴いている内にあっという間にボーカルパートが終わってしまい、続いて大賀さんのアコギによるギターソロの後、明るくポップでポジティブなアップテンポのアレンジになったのも、とても麻衣さんらしい「Let It Be」になっていたと思います♪ このスーパーサプライズなカバー曲と、座って浸った切ない「花言葉」あたりが、やはり、この日の個人的なハイライトだったですかね。。。♪

そして、座って聴くバラードパートで、ワンアンドオンリーの美声に、ゆったりと、ウルウルしながら浸りまくって、アクティブなショートヘアーで登場するアゲアゲパートに汗だくになって乗りまくって、気がつけば「always」って感じでした(笑)。

そうそう、ひとつ、この日限定の演出として、ラストの「always」の時に、客席に向かって、パーンと金色のテープが発射されたことがありました♪13列目にはちゃんと届いて、上空からテープが振ってくる中で味わうライブはやっぱ、臨場感があっていいですね(笑)。

ライブ終了後、清掃も兼ねて(?)、床に残されたテープをかき集めて、数十枚ぶらさげて歩いていたら、かなりたくさんの方から、一枚頂けませんかと声を掛けられて、差し上げました(笑)。

出待ちにも、無事に参加することができました(笑)。

ちなみに、秋の大きなライブに毎年誘っている、自分が高校の頃に一緒にバンドを組んでいた時の友人、今年も無事に夫婦で参加してくれました♪ 今年も大満足だったいう、嬉しいメールも届きました♪

そんな感じで、「聖地」国フォで行われた、格別なライブ、ビデオカメラが入っていましたので、ぜひぜひ、ライブDVD&ブルーレイ化が超待ち遠しいですね☆

そして、次はファイナルの名古屋、もうファイナルなのは寂しい限りですが、、、冬バージョンの演出ということで、どんな感じになるのか、今からドキドキですね(笑)。

ここまで読んでくださった方は、本当にどうもありがとうございました!!! 

長文駄文、失礼いたしました。。。

では(笑)。

【26】Re:Red it beツアー第三弾、東京公演(2018...
 Steinfeld  - 18/12/31(月) 3:19 -

引用なし
パスワード
   >黒砂糖さん

大阪のレポに引き続き、東京のレポも楽しませていただきました☆〜☆


>注目のこの日限定の「秋ソング」、不思議と、これだけたくさんの麻衣ソングの中で、はっきりと「秋歌」と呼べる歌って、あまりないですよね〜。だから、どの曲が選ばれるのか、予想がとても難しかったのですが、正解はセトリの3曲でした♪
>
>まず、「SUMMER TIME GONE」が来た時には、これって、どちらかというと「夏の終わり」ということで、自分的には夏歌だと思っていたので、一瞬「あれ?」って思いましたが、なるほど〜みたいな(笑)。これは思わず一本取られた選曲でした(笑)。
>
>「Your Best Friend」は、あまり「秋」ということを意識したことがなかったのですが、でも、久しぶりにライブで聴くことが出来て、メッチャ良かったです♪
>
>「Tomorrow is the last Time」は、これも「秋歌」として意識したことはなかったのですが、イントロを聴いた途端に、思わず体が「おお〜っ!!」っと反応してしまいました(笑)。これは、麻衣さんの歌声の美点を見事に生かす、屈指の素晴らしい楽曲、真の「隠れた名曲」だと思っていますが、久しぶりにライブで聴けて、嬉しかったですね〜♪ サビでゆっくりと手を振る感じも、久しぶりでライブで聴けたのに、思わず条件反射で、自然と出てしまいました(笑)。マーナちゃんのコーラスも、バッチリ効いていました♪
>

 注目の秋曲の選曲ですが、全体的には、春=穴傾向、夏=本命傾向、秋=再び穴傾向という印象です。

 「SUMMER TIME GONE」は、私は、9月のイメージですが、盲点からの選曲という感じかな。
 「Your Best Friend」は秋リリースの曲で、とても好きですが、中身としては特定の季節感がある曲ではないような。。
 「Tomorrow is the last Time」もとても好きな曲ですが、やや冬に近いというイメージです。

 ということで、曲自体の秋の感覚という点では?マークがないわけではありませんが、いずれも2010〜2011年の秋(ほぼ秋)にリリースされた麻衣さんの良曲なので、3点セットとしてのまとまり感は良いと思います。

 「Your Best Friend」と「Tomorrow is the last Time」は2019年12月に20周年ライブをやるならば、是非セットリストに入れてほしいと思います。


>
>その1曲、成田、大阪と、先日のMTVライブで聴くことが出来たレアなカバー曲が続いたのですが、この日は、更にスーパーレアな曲を聴くことが出来ました。何と、ビートルズの超名曲、「Let It Be」を歌ってくれたのです!!!
>
>曲紹介のMCの途中で、「まさか」と思ったのですが、ホントに「Let It Be」でした。普通は「ビートルズのカバー」と言うと思うのですが、そうは言わないで、「ポール・マッカートニーさんのカバー曲です」と曲紹介したのが、何だか、麻衣さんらしい感じがして、思わずスマイルになりました(笑)。
>
>ともあれ、ずっと昔から麻衣さんの発言の中に、座右の銘として言葉としては何度も何度も出てきた「Let It Be」ですが、音楽そのものは、ライブや音源を通じて初めての披露で、この名曲を麻衣ボイスで聴くことが出来て、鳥肌ものの感激の瞬間でした。。。息を飲むように聴いている内にあっという間にボーカルパートが終わってしまい、続いて大賀さんのアコギによるギターソロの後、明るくポップでポジティブなアップテンポのアレンジになったのも、とても麻衣さんらしい「Let It Be」になっていたと思います♪ このスーパーサプライズなカバー曲と、座って浸った切ない「花言葉」あたりが、やはり、この日の個人的なハイライトだったですかね。。。♪
>

 私はビートルズファンであったことは一度もありませんが、この曲を麻衣さんが歌うのは(しかも国フォで!)凄〜く聴きたかった。

 「 この名曲を麻衣ボイスで聴くことが出来て、鳥肌ものの感激の瞬間でした。。。 」を経験した黒砂糖さんが凄〜〜〜く羨ましいです(笑)。

 DVD(ブルーレイ)化に期待します。


>そうそう、ひとつ、この日限定の演出として、ラストの「always」の時に、客席に向かって、パーンと金色のテープが発射されたことがありました♪13列目にはちゃんと届いて、上空からテープが振ってくる中で味わうライブはやっぱ、臨場感があっていいですね(笑)。
>
>ライブ終了後、清掃も兼ねて(?)、床に残されたテープをかき集めて、数十枚ぶらさげて歩いていたら、かなりたくさんの方から、一枚頂けませんかと声を掛けられて、差し上げました(笑)。
>

 「清掃も兼ねて(?)」は吹きました(笑)。「差し上げました」は微笑ましいです。

 いつもながら、黒砂糖さんの絶妙なタイミングでユーモアを交えながらやさしい人柄が滲み出る文章には脱帽です。


>ちなみに、秋の大きなライブに毎年誘っている、自分が高校の頃に一緒にバンドを組んでいた時の友人、今年も無事に夫婦で参加してくれました♪ 今年も大満足だったいう、嬉しいメールも届きました♪
>

 黒砂糖さんは高校時代にバンドをやっていたのですね!やはり、ロック系ですか?


 今回も素敵なレポをありがとうございます♪

 今日はここまでで、最終日名古屋のレポは日を改めて読みたいと思っています。

【32】Re:Red it beツアー第三弾、東京公演(2018...
 黒砂糖  - 19/1/3(木) 3:53 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん

こんばんは(笑)。

改めて、マイペースなレポもどきに、楽しくも刺激的なレス、どうもありがとうございます♪

> 大阪のレポに引き続き、東京のレポも楽しませていただきました☆〜☆

ホントですか? それなら、書いて良かったです(笑)。

>>注目のこの日限定の「秋ソング」、不思議と、これだけたくさんの麻衣ソングの中で、はっきりと「秋歌」と呼べる歌って、あまりないですよね〜。だから、どの曲が選ばれるのか、予想がとても難しかったのですが、正解はセトリの3曲でした♪
>>
>>まず、「SUMMER TIME GONE」が来た時には、これって、どちらかというと「夏の終わり」ということで、自分的には夏歌だと思っていたので、一瞬「あれ?」って思いましたが、なるほど〜みたいな(笑)。これは思わず一本取られた選曲でした(笑)。
>>
>>「Your Best Friend」は、あまり「秋」ということを意識したことがなかったのですが、でも、久しぶりにライブで聴くことが出来て、メッチャ良かったです♪
>>
>>「Tomorrow is the last Time」は、これも「秋歌」として意識したことはなかったのですが、イントロを聴いた途端に、思わず体が「おお〜っ!!」っと反応してしまいました(笑)。これは、麻衣さんの歌声の美点を見事に生かす、屈指の素晴らしい楽曲、真の「隠れた名曲」だと思っていますが、久しぶりにライブで聴けて、嬉しかったですね〜♪ サビでゆっくりと手を振る感じも、久しぶりでライブで聴けたのに、思わず条件反射で、自然と出てしまいました(笑)。マーナちゃんのコーラスも、バッチリ効いていました♪
>>
>
> 注目の秋曲の選曲ですが、全体的には、春=穴傾向、夏=本命傾向、秋=再び穴傾向という印象です。

ホントですね〜♪ 夏には、はっきりと夏歌といえるような麻衣ソングが多いというのもありますよね(笑)。

> 「SUMMER TIME GONE」は、私は、9月のイメージですが、盲点からの選曲という感じかな。
> 「Your Best Friend」は秋リリースの曲で、とても好きですが、中身としては特定の季節感がある曲ではないような。。
> 「Tomorrow is the last Time」もとても好きな曲ですが、やや冬に近いというイメージです。
>
> ということで、曲自体の秋の感覚という点では?マークがないわけではありませんが、いずれも2010〜2011年の秋(ほぼ秋)にリリースされた麻衣さんの良曲なので、3点セットとしてのまとまり感は良いと思います。

そういえば、この3曲は確かに、時期的に近いリリースでしたね。色々なことが思い出されますね♪

> 「Your Best Friend」と「Tomorrow is the last Time」は2019年12月に20周年ライブをやるならば、是非セットリストに入れてほしいと思います。

同感です♪

あと、ここ最近の麻衣さんは、和のテイストを生かす素晴らしい楽曲が多いので、和風の、そしてはっきりと「秋歌」と呼べるような曲なんかも、期待したくなってきますよね(笑)。

>>その1曲、成田、大阪と、先日のMTVライブで聴くことが出来たレアなカバー曲が続いたのですが、この日は、更にスーパーレアな曲を聴くことが出来ました。何と、ビートルズの超名曲、「Let It Be」を歌ってくれたのです!!!
>>
>>曲紹介のMCの途中で、「まさか」と思ったのですが、ホントに「Let It Be」でした。普通は「ビートルズのカバー」と言うと思うのですが、そうは言わないで、「ポール・マッカートニーさんのカバー曲です」と曲紹介したのが、何だか、麻衣さんらしい感じがして、思わずスマイルになりました(笑)。
>>
>>ともあれ、ずっと昔から麻衣さんの発言の中に、座右の銘として言葉としては何度も何度も出てきた「Let It Be」ですが、音楽そのものは、ライブや音源を通じて初めての披露で、この名曲を麻衣ボイスで聴くことが出来て、鳥肌ものの感激の瞬間でした。。。息を飲むように聴いている内にあっという間にボーカルパートが終わってしまい、続いて大賀さんのアコギによるギターソロの後、明るくポップでポジティブなアップテンポのアレンジになったのも、とても麻衣さんらしい「Let It Be」になっていたと思います♪ このスーパーサプライズなカバー曲と、座って浸った切ない「花言葉」あたりが、やはり、この日の個人的なハイライトだったですかね。。。♪
>>
>
> 私はビートルズファンであったことは一度もありませんが、この曲を麻衣さんが歌うのは(しかも国フォで!)凄〜く聴きたかった。

これを聴けたのは、一生物の思い出です♪ しかも、ただカバーするだけでなくて、いかにも麻衣さんらしい「Let it be」になっていたのが、最高でした♪

> 「 この名曲を麻衣ボイスで聴くことが出来て、鳥肌ものの感激の瞬間でした。。。 」を経験した黒砂糖さんが凄〜〜〜く羨ましいです(笑)。
>
> DVD(ブルーレイ)化に期待します。

超同感です(笑)。

>>そうそう、ひとつ、この日限定の演出として、ラストの「always」の時に、客席に向かって、パーンと金色のテープが発射されたことがありました♪13列目にはちゃんと届いて、上空からテープが振ってくる中で味わうライブはやっぱ、臨場感があっていいですね(笑)。
>>
>>ライブ終了後、清掃も兼ねて(?)、床に残されたテープをかき集めて、数十枚ぶらさげて歩いていたら、かなりたくさんの方から、一枚頂けませんかと声を掛けられて、差し上げました(笑)。
>>
>
> 「清掃も兼ねて(?)」は吹きました(笑)。「差し上げました」は微笑ましいです。

吹いていただけて、光栄です(笑)。テープが発射された直後、通路にはたくさんのテープが落ちていたのですが、ライブが終わる前に、係員が走って、根こそぎ集めてしまったのが痛恨でした(笑)。だから自分は、係員の目が届かない、座席の所を歩き回って「清掃」しました♪

> いつもながら、黒砂糖さんの絶妙なタイミングでユーモアを交えながらやさしい人柄が滲み出る文章には脱帽です。

それは誉めすぎです(汗)。。。

>>ちなみに、秋の大きなライブに毎年誘っている、自分が高校の頃に一緒にバンドを組んでいた時の友人、今年も無事に夫婦で参加してくれました♪ 今年も大満足だったいう、嬉しいメールも届きました♪
>>
>
> 黒砂糖さんは高校時代にバンドをやっていたのですね!やはり、ロック系ですか?

実は、メタル系のバンドでした(笑)。

> 今回も素敵なレポをありがとうございます♪
>
> 今日はここまでで、最終日名古屋のレポは日を改めて読みたいと思っています。

こちらこそ、貴重なお休みの時間を割いて、お付き合いくださいまして、今回も、どうもありがとうでした☆

続きは、一気に読んでしまってはモッタイナイので、ゆっくりと拝見させて頂きます(笑)。

では(笑)。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
2 / 7 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
639
(SS)C-BOARD v3.8 is Free