「2014 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 黒砂糖さん、お待たせしました。
 2014年の倉木麻衣さんのライブの掲示板です。

 いやー、それにしてもいいです。
 ライブホールで、ライブをする。
 ほんと、原点だとぼくも思います。

「15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014
 BEST “一期一会” 〜FUN FUN FUN☆彡〜」


 ツアーの日程です。

 6月21日(土) 愛知  Zepp Nagoya
 6月28日(土) 大阪 堂島リバーフォーラム
 6月29日(日) 東京 STUDIO COAST
 7月05日(土) 香川 高松オリーブホール
 7月13日(日) 福岡 DRUM LOGOS
 7月21日(祝・月) 広島 BLUE LIVE 広島
 7月26日(土) 札幌 ペニーレーン24
 8月10日(日) 福島 郡山Hip Shot Japan

 です。
 もうファンクラブに入っている人の申込は終わってしまったけど、
 一般発売はまだこれからです。

 今年は、この他にもホールでのライブも予定されているとか。
 いつも掲示板を作るのが遅いので、この他のライブも、ここの掲示板を使っていただければと思います。
 そして今回もまた、黒砂糖さん、遅くなってごめんよ〜。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
5 / 17 ツリー ←次へ | 前へ→

【20】福島郡山ツアーファイナル(014/08/10)のセトリです☆ 黒砂糖 14/8/12(火) 3:30 [未読]

【22】遅くなりましたが、レポその2です☆ 黒砂糖 14/9/5(金) 4:10 [未読]
┗ 【42】Re:遅くなりましたが、レポその2です☆ Steinfeld 14/11/2(日) 2:17 [未読]
┗ 【43】Re:遅くなりましたが、レポその2です☆ 黒砂糖 14/11/3(月) 2:30 [未読]

【22】遅くなりましたが、レポその2です☆
 黒砂糖  - 14/9/5(金) 4:10 -

引用なし
パスワード
   感動の郡山ファイナルから、随分と時間が経ちました。書きかけだったマイペースなレポですが、その間に新曲の発売があって、楽しいイベントだとか、テレビにラジオだとか、目白押しで、気がつけば、レポ書きも随分と遅くなってしまいまいたが、、、。そんな新曲モードも一段落ということで、遅ればせながら、セトリを眺めて、楽しかったライブハウスツアー、FunFunFunツアーのことを振り返りながら、気ままにカキコしていこうと思います(笑)。遅い上に、薄いレポですが、よろしかったら、読んでやってくださいませ〜♪

前回も書きましたが、とにかく、今回のライブは、席のない、密集したライブハウスなので、メモ書きをつけることが出来なかったので、レポのネタは、物忘れの酷い頭だけですので、記憶違いや誤りだとかは、ご容赦くださいませませ♪


01. Stand Up 
02. Everything's All Right
03. Love, Day After Tomorrow
04. Delicious Way
05. Ready for love
06. Reach for the sky
07. Strong Heart
08. 恋に恋して
09. Revive

10.わたしの、しらない、わたし。
11. SUMMER TIME GONE
12. PUZZLE
13. touch Me!
14. FUTURE KISS
15. Wake me up
16. TRY AGAIN
17. Feel fine !

(アンコール)
18. STAND BY YOU
19. 無敵なハート
20. always
21. Diamond Wave

さて、前回の続きです。「Revive」で、大いに盛り上がりながら、麻衣さんは途中で舞台の袖へ。そこからは、ダンサーさんたちによる、客席のあおりに、会場は、熱く、大いに盛り上がりました。♪

そして、ライブは後半戦へ。前回、今ツアーのセトリは、たくさんの「ペア」が基本となって構成されているのではと書きましたが、10と11のペアは、KOSEなペアみたいな感じ(笑)。10周年の頃の、KOSEのCMキャラクターとして、発表された曲のペアですよね♪ 今でも、この曲を聴くと、条件反射的に、その時のCMの感じが思い出されます(笑)。10は、ガットギターのイントロだとか、ホントは生演奏で聴きたかったですが、カラオケでも、歌声の素晴らしさが特に伝わった内のひとつが、この曲だった印象です。そして12は、久しぶりにライブで聴く曲ですが、特にサビの感じだとか、ホントに、終わりゆく夏への切ない気持ちが、実に美しく音楽になっていて、改めて、良い曲だな〜ということを、再確認した印象です。ただ、「夏になると、なぜか海が恋しい♪」のパートは、なぜか今回も歌われなかったのが、妙に残念に思った記憶です。。。

12と13と14は、この辺りが、今回のライブハウスツアーのハイライトだと思うのですが、ここまで、基本的にペアで来た選曲が、ここだけ、一枚、戦力をふやす形で、トリオで来た印象です!!! つまり、望月さん楽曲の怒濤の三連発みたいな(笑)。12は、言うまでもなく、今の麻衣さんライブの熱いパートの代表曲で、キーッとドアが開く音が流れて、ダンサーさん達と麻衣さんの例のダンスが来るだけで、会場はメチャ盛り上がりです♪

そして13は、それでなくても熱いライブハウスでの、熱気ムンムンのエアハイタッチがメチャ印象的でした(笑)。そして、麻衣さんの歌声も、特にこの曲は、凄い力強い熱唱だったのが、とても印象に残っています。

続く14は、これも言うまでもなく、今の麻衣さんライブの盛り上がりパートのハイライトだと思います!!! イントロの、攻撃的なシンセのサウンドが鳴り響いた瞬間の、会場内にピーンと張り詰める、「キター!!!」みたいな瞬間が、何度ライブで味わってもたまりません(笑)。ライブハウスツアーでは、隣の人との距離が狭いので、例の振りが、窮屈でやりにくかったですが(笑)。ともあれ、基本アゲアゲ曲の連発で攻めてきた、今回のライブハウスツアーのハイライトが、この、望月さん楽曲の怒濤の三連発だったと思います。まさに、「無敵なパート」みたいな印象のパートでした♪ 

望月さん楽曲三連発で、熱くヒートアップした後の、15と16は、最新のアゲアゲ曲のペアと言った感じでしょうか(笑)。15は、これも確かに熱く盛り上がりますが、14まででヒートアップした感じを、盛り上がりつつも優しくクールダウンというか、盛り上がりつつも癒されるというか、上手く言えませんが、そんな印象の曲でした。てか、改めて、温かくて良い曲だな〜と、心底思いましたね♪ サビの部分の、「右手を振り上げて→左手を振り上げて→両手を空に向かって♪」みたいな振りも、実にイイ感じでしたね(笑)。16は、これも、サビの振りだとか、投げ縄のように回転させて、もう楽しい楽しい(笑)。もう、こんなに熱くて、温かくて、楽しい時間は他にないよな〜みたいになりながら、楽しんだ記憶です(笑)。

そして、後半戦の締めは、17の「Feel fine !」!!! この、アゲアゲ曲が連発したアゲアゲライブを、しっかりと締める、貫禄さえ感じさせる選曲でしたね♪ 振りもバッチリ決めて、熱く大いに盛り上がりつつ、まさに、「終わりなき夏♪」と歌う歌声が、まだまだ終わって欲しくない、真夏のライブの締めの感じを、熱く切なく際だたせている感じでした。。。
                                    
アンコールの18と19は、ファイナルでは、まさに出来たてホヤホヤの、新曲のお披露目ペアです♪ 18は、今回のツアーで唯一の、バラードが歌われたパートで、会場によって異なる選曲もされましたが、郡山ファイナルでは、最新曲の「STAND BY YOU」でした♪ まだ、ライブの当時は、この曲のことをちゃんと知らなかったですが、発売されて超ヘビロテしている今だったら、きっと、もっと色んな感じが判ったと思いますし、きっと、会場が大合唱で満たことだろうな〜みたいに思います(笑)。ともあれ、熱く盛り上がった、そして、老体にはかな〜り疲れ切った体や耳に、優しく染み渡るような歌声で、深く癒してくれた感じでした♪ ただ、こうした、しっとりと聴かせる曲は特に、バックの演奏は生演奏であって欲しいです。。。そして19は、対照的に、超アグレッシブな曲で、メチャメチャかっこいいですよね(笑)。ダンサーさん達のキレも素晴らしくて、それに、新しい振りもあるのですが、これも狭いライブハウスツアーだと、いきなり、前の方の背中に両手パンチをしてしまいそうで、ちゃんと出来なかったので、ホールツアーの宿題にしておきたいですね(笑)。

そしてそして、ライブの最後は、20と21、もはや麻衣さんライブの定番、ライブを締める、ライブラストの2曲のペアといった感じ(笑)。20は、相変わらず、これのイントロが流れた途端に、「ああ、今日のライブも終わりだな〜。。。」みたいな、今日のライブが終わってしまう寂しさと充実感が入り交じった感じですよね(笑)。そして、次のライブを期待する思いで、手振りにも力が入りますよね(笑)。そして、21では、「まだまだ行けるよ〜!!!」みたいな感じで、大汗をかきながら、タオルを回して楽しむ感じ、、、書いていて、熱いライブの時間が、メッチャ恋しくなってきます(笑)。

そんな感じで、15周年イヤーの、ライブ前半戦、ライブハウスツアーのFunFunFunツアーは、無事に完走しました♪ ちなみに、ふと気がついたのですが、セットリストだけではなくて、ライブ自体も、ライブハウスツアーとホールツアーといった感じで、一対のペアになっているんですよね。それに、15周年ベストアルバムも、一対の二枚組、、、なんて色々と、取り留めのない妄想が広がっていきますが(笑)。

さて、その後、タッチ会にも無事に参加出来て、色々と感動的な場面がありましたが、特に、アカペラ&合唱で歌われた「chance for you」、恐らくは麻衣さんのアドリブだと思うのですが、サビだけではなくて、しかも、今までの聴いたことのない、大変に貴重な構成だった「chance for you」の記憶です♪

ライブ&タッチ会が終わって、細い階段を上がって外に出たら、余りに楽しい熱いライブを楽しんでいたから、台風が来ていたことをすっかり忘れていましたが、、、外はかなりの暴風雨でした。。。でも、幸いにも、すぐに雨は小降りになって、クロークに預けていた鞄を受け取り、その中に入れっぱなしになっていたスタンプカードも、無事に押して頂けました♪

その後、麻衣友さん達、数名と、いかにも地元の飲み屋さんといった風情のお店へ行って、泡の出る飲み物で乾杯(笑)。最高に美味しかったですね♪

そんな感じで、随分と遅くなってしまいましたが、楽しかったライブハウスツアーの、ファイナル郡山公演の、個人的なレポでした♪ てか、ファイナルのレポというよりも、4回参加出来た、ツアーを振り返っての感想といった感じですが、ご容赦くださいませ♪

また、ホールツアーでも、マイペースに書いていくつもりですので、大したことは書けないかもですが、もしもよろしかったら、読んでやってくださいませ(笑)。そして、ここまで読んでくださった方は、どうもありがとうございました☆

では(笑)。 

【42】Re:遅くなりましたが、レポその2です☆
 Steinfeld  - 14/11/2(日) 2:17 -

引用なし
パスワード
    黒砂糖さんの一連のレポとみのさん、Kさん、あや猫さんのレポを楽しく読ませていただきました。

 私はライブハウスツアーには一度も参加できなかったので、皆さんのレポを通して様子がわかり、嬉しく思っています。

 本来ならば一つ一つにレスをつけるべきでしょうが、かなり時間が経過してしまったこともあり、ここにまとめて感想を書いてみたいと思います。

(1) セットリストについては黒砂糖さんの”ペアー、ペアープラス1”説を読んでまさに「目から鱗が落ちる」でした。

 ライブハウスツアーが発表されたとき、私はひたすらノリノリダンス系の路線を突っ走り、特定のファン層だけにアピールするライブになるのではないか? と危惧したのですが、実際のセットリストは非常によく考えられていて、15周年の歩みをしっかり意識させるとともにバランスの良い構成に出来上がったという印象です。これならば幅広いファン層の人々が楽しめたと思います。
   
(2) バンドなしのカラオケに関しては、黒砂糖さんの新木場レポ中の災いした曲、幸いした曲の文章を読んだときに大きく頷きました。バンドがないとライブ感がイマイチな曲もあれば、たとえライブであってもカラオケで聴きたくなるような曲もあります。麻衣さんの曲のレパートリーの広さを改めて再認識させられました。

 12月のpremiumライブ(武道館)ではSecret of my heartを敢えてカラオケで歌ってMVのイメージを思い出させてほしいと思っています。

(3) Kさんが報告してくれた「なんでやねん」のエピソードは面白かったです。ちょっとした言葉に敏感にユーモアを感じるのは麻衣さんらしいとも思いました。

 麻衣さんはこの15年間に雑誌や会報でたくさんのインタビューに答えていますが、いつか麻衣さんが自分のユーモア感 ( ドタバタバラエティーみたいなのがいいのか、香港映画のようなアクションコメディーが一番好きなのか、ダジャレや言葉遊びは本当に好きなのか、アメリカンコメディーは好きか、etc. ) について詳しく語ってくれたら興味深いと思います(笑)。


(4) 女性専用エリアについては「逆差別だ」と主張する人もいて賛否両論あると思われるが、私はよいことだと思います。このことについて延々と議論する意思は毛頭ありませんが、私がこのような「逆差別」を支持する最大の理由は、男女の身長差云々などではなく、麻衣さんのライブ参加者の女性割合が低すぎるからです。

 黒砂糖さんや黒砂糖さんの麻衣友仲間の間では女性優遇は肯定的な人が多いですか、それとも否定的な人が多いですか?

(5) 黒砂糖さんは曲目12〜14あたりがライブのハイライトだったと書いてますが、実際にタッチ会が実施されたことからして13が頂点に感じた人が多かったのではないかと想像します。この位置にtouch me!を持ってきたのは優秀な選択だと思いました。


 素晴らしい数々のレポをありがとうございました☆☆☆

 近日中にホールツアーのレポを読むことを楽しみにしています。

【43】Re:遅くなりましたが、レポその2です☆
 黒砂糖  - 14/11/3(月) 2:30 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん

こんばんは(笑)。

密かにお待ちしておりました♪ 

> 黒砂糖さんの一連のレポとみのさん、Kさん、あや猫さんのレポを楽しく読ませていただきました。
>
> 私はライブハウスツアーには一度も参加できなかったので、皆さんのレポを通して様子がわかり、嬉しく思っています。
>
> 本来ならば一つ一つにレスをつけるべきでしょうが、かなり時間が経過してしまったこともあり、ここにまとめて感想を書いてみたいと思います。

どうもありがとうございます!!! 僕も、Steinfeldさんの感想を拝見して、それに対してレスすることで、改めて、FunFunFunツアーのことを、楽しく回想しようと思います(笑)。

>(1) セットリストについては黒砂糖さんの”ペアー、ペアープラス1”説を読んでまさに「目から鱗が落ちる」でした。

いやあ、「目から鱗」とは、ほめすぎですが、ホントに、こうした見方、出来ますよね〜(笑)。

> ライブハウスツアーが発表されたとき、私はひたすらノリノリダンス系の路線を突っ走り、特定のファン層だけにアピールするライブになるのではないか? と危惧したのですが、実際のセットリストは非常によく考えられていて、15周年の歩みをしっかり意識させるとともにバランスの良い構成に出来上がったという印象です。これならば幅広いファン層の人々が楽しめたと思います。

確かにそうですね(笑)。ただやはり、自分も含めて、ライブハウスで立ちっぱなしなのは、かなり厳しいものがあったのも事実です。ライブが始まってしまうと、ノリノリになってしまうので、あまり気にならないですが、始まるまで、席のない会場で、自分の居場所を確保しながら、立ちっぱなしなのは、けっこう、きつかったです。。。

その意味では、やはり、ライブハウスツアーは、どちらかと言ったら、若い人へ特化したライブだったと思います。その一方で、座って聴くパートが大いに充実した「無敵なハート」ツアーは、こちらはどちらかと言ったら、ベテランのファンに特化したライブだったと思われ、その意味では、「FunFunFun」と「無敵なハート」自体が、ひとつのペアーになって来るみたいな、そしてプラス1が武道館みたいな、そんな構造も、妄想したくなって来る気がしますね(笑)。
   
>(2) バンドなしのカラオケに関しては、黒砂糖さんの新木場レポ中の災いした曲、幸いした曲の文章を読んだときに大きく頷きました。バンドがないとライブ感がイマイチな曲もあれば、たとえライブであってもカラオケで聴きたくなるような曲もあります。麻衣さんの曲のレパートリーの広さを改めて再認識させられました。

ホントですよね。ただ、やはり、ライブはバンドがあってこそというのが、自分みたいな世代の音楽好きにとっては、正直な感想です。。。

> 12月のpremiumライブ(武道館)ではSecret of my heartを敢えてカラオケで歌ってMVのイメージを思い出させてほしいと思っています。

おお、なるほど〜(笑)。それ、面白いですね♪ 

>(3) Kさんが報告してくれた「なんでやねん」のエピソードは面白かったです。ちょっとした言葉に敏感にユーモアを感じるのは麻衣さんらしいとも思いました。
>
> 麻衣さんはこの15年間に雑誌や会報でたくさんのインタビューに答えていますが、いつか麻衣さんが自分のユーモア感 ( ドタバタバラエティーみたいなのがいいのか、香港映画のようなアクションコメディーが一番好きなのか、ダジャレや言葉遊びは本当に好きなのか、アメリカンコメディーは好きか、etc. ) について詳しく語ってくれたら興味深いと思います(笑)。

これも、面白いですね(笑)。てか、麻衣さんみたいな超天然な方は、もしかしたら、とても個性的な笑いのツボを持っていると思われ(笑)。その辺のお話、いつか、聞いてみたいですよね♪ そういえば以前、「世界のナベアツ」にはまっていると、何かに書いていましたよね〜(笑)。

>(4) 女性専用エリアについては「逆差別だ」と主張する人もいて賛否両論あると思われるが、私はよいことだと思います。このことについて延々と議論する意思は毛頭ありませんが、私がこのような「逆差別」を支持する最大の理由は、男女の身長差云々などではなく、麻衣さんのライブ参加者の女性割合が低すぎるからです。

まず、最近明らかに、女性の割合は増えてますよ〜。もちろん、まだまだ男性の方が多いですが(笑)。

女性専用エリアについては、どうですかね〜(笑)。ライブハウスだと、どうしても床がフラットで、しかも、座席がない分、自分のいる場所が確保しにくく、他のお客さんと体が密着することがあるので、女性専用エリアを作るというのは、女性ファンへの思いやりと言った点では、大いに素晴らしいことだと思います。

ただ、個人的には、座席のあるホールツアーでは、ライブを楽しむ時に、自分の周りが男だけだったら、実に窮屈で面白くない気もしますね(笑)。

> 黒砂糖さんや黒砂糖さんの麻衣友仲間の間では女性優遇は肯定的な人が多いですか、それとも否定的な人が多いですか?

どうなんでしょうか(笑)。てか、麻衣友さんとのお話の中で、ほとんど、この話題が出たことって、無いような気がしますね。。。

>(5) 黒砂糖さんは曲目12〜14あたりがライブのハイライトだったと書いてますが、実際にタッチ会が実施されたことからして13が頂点に感じた人が多かったのではないかと想像します。この位置にtouch me!を持ってきたのは優秀な選択だと思いました。

なるほど〜(笑)。とても興味深い指摘だと思います。

あと、「touch Me!」で、ちょっと不思議な気がすることがあるのですが、、、現行の無敵なハートツアーでも、「touch Me!」は歌われていますが、今歌われているこの曲のライブバージョンは、最初にこの曲を聴いた時の印象と、随分と印象が異なるんですよね。

歌詞がちゃんと聞き取れないで、何て言ってるんだろうみたいに思った頃や、ショッキングピンクのジャケットのアルバムで、実際にこの曲が発売された頃に感じていた、これまでの麻衣さんにはない、「やんちゃ」なイメージがあったのですが、「無敵なハートツアー」の「touch Me!」は、音楽が、凄くアダルトで落ち着きのあるものに聞こえるんですけど、どうしてなんでしょう(笑)。

> 素晴らしい数々のレポをありがとうございました☆☆☆

いやいや、とんでもないです。。。こちらこそ、いつも、Steinfeldさんのカキコは、色々なことを思い出したり、思いつかされたり、考え直す意味でも、実に刺激的です♪

> 近日中にホールツアーのレポを読むことを楽しみにしています。

ホントですか、嬉しいです(笑)。

それでは、ご丁寧なレス、どうもありがとうですた(笑)。また、お時間がある時に、どうぞよろしくお願いしますね〜☆

では(笑)。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
5 / 17 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
3,562
(SS)C-BOARD v3.8 is Free