「2015 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 黒砂糖さん、またまた、お待たせしました。
 2015年の倉木麻衣さんのライブの掲示板です。

 今のところ2つ、でしょうか?
 一つ目は、もしかしたら今年が最後かな?のシンフォニックライブ。

 「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 3-」
 日程:2015年9月12日(土)
 場所:すみだトリフォニーホール 大ホール(東京)

 そしてもう一つは、ファンクラブのイベントです。

 ファンクラブイベント「Mai-K.net presents 2015 〜 BIRTHDAY (ハート) LIVE 〜」
 日程:2015年10月28日(水)
 場所:東京 Zepp DiverCity

 ぼくはどちらも参加できませんが、
 運よくチケットを手に入れられたみなさん、楽しんできてね〜。

 そして今回もまたまた、黒砂糖さん、遅くなってごめんよ〜。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
2 / 3 ツリー ←次へ | 前へ→

【2】シンフォニックライブOpus3(015/09/12)のセトリです♪ 黒砂糖 15/9/13(日) 5:10 [未読]

【3】レポその1です☆ 黒砂糖 15/9/19(土) 4:26 [未読]
┗ 【10】Re:レポその1です☆ Steinfeld 15/12/31(木) 1:36 [未読]
┣ 【11】Re:レポその1です☆ 黒砂糖 15/12/31(木) 4:11 [未読]
┗ 【15】Re:レポその1です☆ 黒砂糖 16/1/2(土) 4:26 [未読]

【3】レポその1です☆
 黒砂糖  - 15/9/19(土) 4:26 -

引用なし
パスワード
   シンフォニックライブOpus3が終わってから数日が経ちました。これまでだと、シンフォニックのシリーズは、二日連続で開催されるのが定番でしたが、今年は1回限りのライブ。もうあっという間に終わってしまって、かな〜り抜け殻状態ですが、、、忘れてしまわない内に、感想だとかをアレコレと、一杯引っかけながら書いておこうと思います(笑)。いつものようにあくまで、個人の記憶に基づいた感想で、あまり客観性はない文章だと思いますが、ライブに参加出来た方が、少しでも何かを思い出したり、今回はチケットが手に入らずに参加を断念した方が沢山いらっしゃると思うのですが、そんな参加したくても参加出来なかった方に、少しでもライブの感じを伝えることが出来たら嬉しいです♪

これまでのシンフォニックライブは、池袋の芸術劇場で行われてきました。建物に入ってから、長〜いエスカレーターを昇っていくみたいな感じが、何ていうか、シンフォニックライブの「儀式」みたいに感じていて(笑)、それがないのはちょっと寂しい感じもしましたが、今までに麻衣さんが出演したことのない新しい会場でライブを味わえるのもまた、楽しい気分でした(笑)。

錦糸町駅を降りて、徒歩で10分もしない場所に、今回の会場である、すみだトリフォニーホールがあります。途中、歩きながら右手を見ると、建物の隙間から、そびえ立つ東京スカイツリーがすぐそばに見えて、結構テンションが上がりました(笑)。コンビニで、お茶と、これはシンフォニックというライブの性質上、必要ないかな〜とか思いつつ、やっぱ、ライブの時はこれがないと始まらないので、いつもの栄養ドリンクを買ってから会場へ向かいました(笑)。

去年の12月の、武道館プレミアムライブ以来、本当に久しぶりのライブでしたが、会場に着いて階段を上ると、そこには、いつもながらのライブ前の風景♪ 既に沢山の開場を待つ麻衣ファンの方々が、いらっしゃいました。すぐに、顔なじみの麻衣友さんたちを発見、合流しました♪ みなさん、既に、グッズの先行販売で、しっかりと戦利品をゲットされています。まだグッズを買っていない自分は、少し心もとなくなりましたが、開場までにまだ結構時間があったので、ライブ前の腹ごしらえへ(笑)。軽食で済ませる方達と、ガッツリと食べたい人たちに分かれての、ライブ前の楽しいひとときです。そうこうする内に、気がつくと、開場時間をだいぶ過ぎていたので、まだグッズを買ってない自分は、一足先に会場へ入りました。

今回は、グッズは、かなり高価なものが多くて、全部は買えないので、懐中時計やマグカップなど、いくつか厳選して買いました。5000円以上で貰える筈だったショッピングバッグは、既に品切れでした(涙)。

あと、ロビーにはグッズ売り場以外にも、何と、本日のシンフォニックライブの映像化が早くも決定していた訳で、DVD&ブルーレイの予約コーナーがあって、何よりもその発表に、思わずガッツポーズが出ましたね(笑)。

座ってじっくりと聴くシンフォニックライブですが、一応、ライブ前の個人的な儀式ということで、いつものように、トイレを済ませてからドリンク剤の一気飲み(笑)。こうすることで、心身が条件反射的にライブモードに入ります(笑)。

そんな感じで、いよいよ場内に入りましたが、今回の席は、3階バルコニー席の左手、だいぶ後ろです。バルコニー席は、基本、一列なので、横に並んでステージを見下ろす感じを推測していたのですが、ステージの方に向かって前向きに一列、椅子が並んでいるといった感じでした。

今回、チケットが手に入っただけでもラッキーと言えるライブだったのですが、席に関しては、かなり勿体ないというか、正直、一回限りのライブだからこそ、もう少し条件のいい席で見たかった気もします。というのは、椅子が前を向いて並んでいて、基本的に、右下にあるステージを見下ろすような形で観ることになるのですが、その際、座ったままだと、ちょうど麻衣さんが立って歌っている姿に、手すりのパイプの支柱が微妙に重なってしまう訳です(涙)。まさか、立って観たりする訳には行かないので、座ったまま、体を傾けて、パイプの隙間から観るみたいな感じでした(笑)。そして、それ以上にやっかいだったのは、すぐに左が壁だということです。3階からだと、オーケストラの音がかなり遠いですし、その上、すぐ横の壁の存在が、広がりのあるハーモニーを味わったりする上で、かな〜り音的に条件が悪かったです。。。

それはおいておいて(笑)、素晴らしい場面に事欠かないライブでしたので、セトリを見ながら、一杯引っかけつつ、ライブの感じを振り返ってみます。一応、暗がりでメモを取りながら観ていたのですが、いつもはメモ書きのライトとしても機能しているペンライトがないので、メモ書きの情報量は、ほんの少しで、あとは、あやふやな記憶が元になりますので、勘違いや間違いがあってもご容赦くださいませ♪

(第一部)

01. Time after time 〜花舞う街で〜
02. 冷たい海
03. Like a star in the night
04. fantasy
05. Smile〜Alfie
06. My Way

(第二部)

07. SAFEST PLACE
08. 白い雪
09. I sing a song for you
10. 儚さ
11. Secret of my heart
12. Reach for the sky
13. STAND BY YOU
14. Love, Day After Tomorrow

(アンコール)

15. Wake me up
16. always

場内の照明が落ちて、会場から拍手が起こり、いよいよ、ライブの始まりです。ホントに久しぶりの麻衣さんライブ、待ちに待った麻衣さんライブ、胸が高鳴ります♪

まずは、東京フィルハーモニーの方々が、徐々にステージに登場。そして、楽器のチューニングを始めます。そして、自分の席からは、登場シーンは見えないのですが、大きな拍手に迎えられて、白髪の紳士、藤原いくろうさんの登場です。

いくろうさんが指揮台に立って、オケも準備オッケーで、何で始まるのかと、息を呑む瞬間です。オーケストラが奏でたのは、これまでのシンフォニックライブでもおなじみにメロディ、藤原いくろうさん作の「Prelude」で今年のシンフォニックライブは開幕です。シンフォニックライブで聴き慣れたメロディということもあって、まさに、気持ちがシンフォニックモードに入った印象ですね(笑)。

01. Time after time 〜花舞う街で〜・・・そして、いよいよ、麻衣さんの登場です。万雷の拍手の中、登場シーンは、残念ながら自分の席からは見えませんでしたが、舞台の中央に現れた麻衣さんは、黒いドレスで登場です。かなり遠いし、手すりはじゃまだしで、細かな表情は見える筈もありませんが、まずは、お元気そうで何よりだと思いますた(笑)。そして、聴き慣れた、イントロでの、印象的なバイオリン独奏の感じ、すぐにこの曲だと判りました(笑)。本当に久しぶりの麻衣さんライブ、そして、ライブ味わうことに飢えていた、ライブでの麻衣ボイス。少々、視覚的にも音響的に条件が悪い場所でしたが、しっかりと味わうことが出来ました♪ そして、この曲をライブで味わうことが出来た、これまでの色んなライブのことを思ったりすると、思わず目頭が熱くなりました(涙)。パイプオルガンが鎮座している背景には、桜の舞う映像が、映し出されていた記憶です。

02. 冷たい海・・・そして、これまでのシンフォニックライブの中で、ある意味で、最もシンフォニックアレンジが素晴らしかったこの曲が2曲目に来ました。イントロの独奏ピアノ、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の弾きだしで始まる感じ、すぐに、「冷たい海」だと判りました(笑)。自分の場所からは、ゲストピアニストの方の姿は、見えなかったのですが。。。シンフォニックライブも三回目で、チャリティライブや、武道館プレミアムライブも含めると、既に実績のある「シリーズ」ですよね(笑)。そうした、このスタイルでのライブを、しっかりと積み重ねて来た経験から来る落ち着きを、麻衣さんが醸し出していたのが、個人的には印象的です。それは例えば、ご自分が歌わないオケのパートで、演奏されている音楽に同化するように音楽的に動く、麻衣さんの手の動きだとかに、あらわれているな〜とか思いながら見ていました。その手の動きを観ているだけで、心底、癒される〜みたいな(笑)。ともあれ、練られたアレンジのオーケストラサウンドと、麻衣さんの比類無き、ひんやりとした透明な歌声の素晴らしさを、今回も、しっとりと堪能出来た曲でしたね。あと、照明もこの曲の時は、青い色で、この曲のイメージにぴったりでしたし、照らし出されるドレスの色が、照明の色によって、とても深みのある色んな色に見える感じも、とても印象的でした。

03. Like a star in the night・・・これまでのシンフォニックライブで定番であると共に、最もシンフォニックに合う、これまでのシンフォニックの代表曲とも言える2曲で始まったあと、何と、シンフォニックでは初披露の曲です。この曲だと判った時には、まさか、これを聴けるとは思っていなかったので、思わず、鳥肌が立った記憶です(笑)。あと、とても印象的だったのは、この曲の時に、何とドレスに電飾が仕込まれていたようで、麻衣さんが着ているドレスに、星が流れるみたいに光が流れる演出でしたね(笑)。パイプオルガンの所の背景にも、星の映像が映し出されていて、それを見ながら、シンフォニックでは初めて聴くこの曲の歌声に、うっとりと聴き惚れていた記憶です(笑)。そして、エンディングのアレンジが実に素晴らしくて、ディズニーの名曲「星に願いを」のメロディをオーケストラが静かに奏でて終わるという、何とも心憎い演出♪ 思わず鳥肌が立つと共に、「星に願いを」それ自体を、いつか、麻衣さんの歌声で聴いてみたいな〜と願いつつ、ウルウルと浸っていました(笑)。この辺は、ライブの大きなハイライトのひとつでしたね。「星に願いを」のメロディの中、最後に、スクリーンには、星が降るように流れて、三日月が映し出されました♪

04. fantasy・・・そして次も、シンフォニックでは初めて聴くことが出来た、麻衣バラードの傑作が来ました。03の最後で、スクリーンに三日月が映し出されましたが、初めてのハロウィンライブの時に、麻衣さんが、三日月のゴンドラに乗って、この「fantasy」を歌ってくださった感じがオーバーラップして、この辺りも、実に感動的でしたね〜。。。どの曲もそうですけど、この曲なんて時に、丁寧に、心を込めて歌っている感じが手に取るように伝わってきました。オーケストラのアレンジも、とても美しく練られていて、素晴らしかったっす。スクリーンには、夕日を浴びた草原の映像が映し出されていたのも、印象的でした。ともあれ、この曲は、個人的に超好きな曲なので、ブルーレイが出たら時に、改めてじっくりと味わってみたい曲ですね♪

05. Smile〜Alfie・・・シンフォニックアレンジで、初めて聴くことが出来た曲が2曲続いて、そして次も、イントロを聴いて、何の曲だか全く判らなくて、「この曲、何だろう?」みたいな感じ。そして麻衣さんが歌い出して、「Smile」だと判った時に、もう、鳥肌がゾーッと立ちまくりました(笑)。チャップリンの「モダンタイムス」のテーマソングであるだけでなく、スタンダードナンバーとして、世界中で愛されて来たこの曲、それを、他に比類のない、ワンアンドオンリーの麻衣ボイスで聴ける喜びは、これだけでも、シンフォニックライブOpus3に参加出来て良かった〜と心底、思いました(笑)。優しくて、柔らかくて、敏感なニュアンスと、ひんやりとしたマイナスイオンたっぷりの声質で、丁寧に紡がれていく名曲「Smile」、マジで素晴らしかったっす。。。

そして、メドレーで、映画音楽の巨匠、バート・バカラックの「Alfie」が続きました。不覚にも、ライブ中は、曲名を思い出せないで、「あれ、この曲、何だっけ〜?」みたいに、メモ書きを片手に、軽くパニくってましたが(笑)。今回、初めてのハロウィンライブ以来ずっと、秋から年末にかけてのの大きな麻衣ライブに夫婦で参加してくれていた、僕の高校生の頃からの友人が、今回はチケットが手に入らないで参加出来なかったのですが、この友人が映画音楽が好きで、特にバート・バカラックの大ファンなんですよね。生で聴かせてあげたかったな〜と思います。。。

長くなってスイマセン(汗)。ともあれ、これまでに歌われて来た「Over the Rainbow」にしても、「Sound of Music」にしてもそうですが、麻衣ソングに麻衣ボイスが欠かせないのは当たり前として、麻衣ソングでないポピュラーな歌を歌うと、麻衣ボイスの他ならない個性と魅力が、実に鮮明に浮かび上がることを、今回も実感しました。そして、映画マニアである麻衣さんが選曲した、色んなマニアックな映画音楽を、麻衣さんの歌声で聴いてみたいな〜なんて思いも、沸き上がってきたのが、この素晴らしいメドレーでした(笑)。

06. My way・・・そして、何とここで、サプライズの、新曲の披露です!!! 歴史のある名曲のメドレーに続いての初披露でしたが、そこに、何の違和感もなく、しっくりと落ち着いてはまるみたいな、そんな、深みと、何ていうか、麻衣ソングらしい変わらない良さを実感出来るような、懐の深いバラードといった、新曲を聴いての第一印象です(笑)。これまでの麻衣ソングだともちろん、スタジオで作り込まれた音源を先に聴いてから、それがシンフォニックアレンジになった時に、新鮮さや驚きを感じたものでしたが、今回は、最初に聴いたのがシンフォニックアレンジなんですよね。その意味でも、どんな曲として発売してくれるのか、ちゃんと音源を聴くのが、超楽しみですね!!! そしてもちろん、この曲も、ブルーレイが出たら、改めて、ちゃんと味わってみたいです。

ここで、一旦、麻衣さん、舞台の袖へ。そして、休憩を告げる場内アナウンス。久しぶりのライブだったこともあって、しかも、シンフォニックライブで聴いたことがない曲が続いたこともあって、もう、あっという間に、第一部が終わってしまった印象ですね。「あれ? もう休憩?」みたいな(笑)。

久しぶりのライブということもあってか、相変わらず、長くなってしまいましたので、今回は、ここまでです(笑)。駄文、長文、失礼しました。。。ここまで読んでくださった方は、どうもありがとうございました!!! 出来たら、続きも書こうと思いますので、もしもよろしかったら、読んでやってくださいませ☆

では(笑)。

【10】Re:レポその1です☆
 Steinfeld  - 15/12/31(木) 1:36 -

引用なし
パスワード
   >黒砂糖さん

ずいぶん時間がたってしまいましたが、レポを楽しく読まさせていただきました♪

>
>これまでのシンフォニックライブは、池袋の芸術劇場で行われてきました。建物に入ってから、長〜いエスカレーターを昇っていくみたいな感じが、何ていうか、シンフォニックライブの「儀式」みたいに感じていて(笑)、それがないのはちょっと寂しい感じもしましたが、今までに麻衣さんが出演したことのない新しい会場でライブを味わえるのもまた、楽しい気分でした(笑)。
>

 これは私もまったく同じ感想です。
 芸術劇場の長〜いエスカレーターは印象的です(笑)。


>錦糸町駅を降りて、徒歩で10分もしない場所に、今回の会場である、すみだトリフォニーホールがあります。途中、歩きながら右手を見ると、建物の隙間から、そびえ立つ東京スカイツリーがすぐそばに見えて、結構テンションが上がりました(笑)。コンビニで、お茶と、これはシンフォニックというライブの性質上、必要ないかな〜とか思いつつ、やっぱ、ライブの時はこれがないと始まらないので、いつもの栄養ドリンクを買ってから会場へ向かいました(笑)。
>

 私は今年(2015年)、初めてスカイツリーの展望台に行きました。
 黒砂糖さんはスカイツリーに行ったことはありますか?

>
>今回、チケットが手に入っただけでもラッキーと言えるライブだったのですが、席に関しては、かなり勿体ないというか、正直、一回限りのライブだからこそ、もう少し条件のいい席で見たかった気もします。というのは、椅子が前を向いて並んでいて、基本的に、右下にあるステージを見下ろすような形で観ることになるのですが、その際、座ったままだと、ちょうど麻衣さんが立って歌っている姿に、手すりのパイプの支柱が微妙に重なってしまう訳です(涙)。まさか、立って観たりする訳には行かないので、座ったまま、体を傾けて、パイプの隙間から観るみたいな感じでした(笑)。そして、それ以上にやっかいだったのは、すぐに左が壁だということです。3階からだと、オーケストラの音がかなり遠いですし、その上、すぐ横の壁の存在が、広がりのあるハーモニーを味わったりする上で、かな〜り音的に条件が悪かったです。。。
>

 今回は黒砂糖さんが悪い席に当たってしまったのですね。

 私は1階の真ん中あたりの席でした。席に関しては、武道館のリベンジが80%ぐらいはできたと思っています。


>01. Time after time 〜花舞う街で〜・・・

>まずは、お元気そうで何よりだと思いますた(笑)。

 同感です。

 プログラムで見たセットリストが非常に良かったので、麻衣さんが元気であることが確認できたら、早くもうれしさ満開モードに突入しました(笑)。
 
 「東京の9月前半」よりは「京都の春」のイメージのこの曲は、通常のライブだったら違和感のある選曲と感じたかもしれませんが、シンフォニックライブだと全く抵抗なく自然に楽しめました。

 私は曲のリリース時期の季節感に影響されやすいので、アレンジを変えることにより、曲を歌う季節に融通が利くようになるのはシンフォニックライブのいいところの一つだと思いました。


>
>02. 冷たい海・・・

 この曲はシンフォニックでは必ず歌う曲にしてほしいです☆

 曲の良さの他に、 黒砂糖さんも関連したことを書かれていますが、 この曲は照明の色や明るさの変調で味付けできるポテンシャルが高い曲だと思います。今後も期待したいです。

 セットリストの位置もよかったと思います。この曲の魅力で麻衣さんのシンフォニックの世界に一気にグイッと引き込まれました。

 最初の方に配置してシンフォニックライブの流れをしっかりと確立する曲はこれが文句なしのNo.1だと思います。


>
>03. Like a star in the night

 シンフォニック初披露だから新鮮だったし、シンフォニックに似合う曲だと思いました。
 
 今回は、この曲がテレビドラマ ”DarkAngel”の日本放送のエンディングに使われていたことを強烈に思い出させてくれました。

 それだけ今回のシンフォニックアレンジが私の ”DarkAngel”の記憶と強く共鳴したということだと思います。これは通常のライブでこの曲を聴いたときには感じなかったことです。

 アメリカのテレビドラマが大好きな私にとってはすばらしい経験でした。

 この曲に対する評価も上がりました。


>
>04. fantasy

 これもすばらしい選曲だったと思います。

 私はハロウィンライブのときのfantasyの記憶とリンクすることはできませんでしたが、とにかくスクリーンの映像を含めてすべてがよかったと思いました。


>
>05. Smile〜Alfie


 映画音楽には疎いので、恥ずかしいことに、知らない曲でしたが、それだけに聴くことに意識を集中させて、楽しみました。

 
 映画音楽は、私にとっては新しいことを知る機会になるので、今後とも麻衣さんにはぜひいろいろな曲を歌ってほしいと思います。


>
>06. My way

 新曲披露はファンにとっては大きな喜びなので、わくわくしながら聴きました。

 私を含めてほとんどのファンは、新曲は複数回数聴き込んでみたいと思うはずなので、1月のブルーレイ発売や正式な新曲としての発売が待ち遠しいです。


 引き続きパート2を楽しみたいと思います☆〜☆

【11】Re:レポその1です☆
 黒砂糖  - 15/12/31(木) 4:11 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

おお、お久しぶりです♪ どうされているのか心配していましたが、久しぶりにお名前を拝見して、しかも、ずっと以前に書いたマイペースなレポに、こうしてご丁寧にレスを頂けて、嬉しい限りです!!!

と言いつつ、今日はガス欠&慌てて拝見してしまっては勿体ないので、後日、ゆっくりと拝見して、レス返しをさせて頂きますね☆

それでは、よいお年をお迎えくださいませ〜♪

では(笑)。

【15】Re:レポその1です☆
 黒砂糖  - 16/1/2(土) 4:26 -

引用なし
パスワード
   ▼Steinfeldさん:

改めまして、こんばんは(笑)。そして、あけましておめでとうございます♪
今年も、どうぞよろしくお願いしますね〜♪

> ずいぶん時間がたってしまいましたが、レポを楽しく読まさせていただきました♪

ご無沙汰していて、どうされているのか心配していましたが、自分の駄文を
楽しんでくださったとのこと、おそれおおくも、どうもありがとうです(笑)。

かな〜り燃料が回っていて恐縮ですが(笑)、その勢いで、レス返しさせて
頂きますね(笑)。

>>これまでのシンフォニックライブは、池袋の芸術劇場で行われてきました。建物に入ってから、長〜いエスカレーターを昇っていくみたいな感じが、何ていうか、シンフォニックライブの「儀式」みたいに感じていて(笑)、それがないのはちょっと寂しい感じもしましたが、今までに麻衣さんが出演したことのない新しい会場でライブを味わえるのもまた、楽しい気分でした(笑)。
>>
>
> これは私もまったく同じ感想です。
> 芸術劇場の長〜いエスカレーターは印象的です(笑)。

ホントですよね(笑)。やはり、初めての体験のイメージは、心に深く
残りますから、最初のシンフォニックライブの会場の記憶は、よく憶えて
いますよね(笑)。自分も同感です(笑)。

>>錦糸町駅を降りて、徒歩で10分もしない場所に、今回の会場である、すみだトリフォニーホールがあります。途中、歩きながら右手を見ると、建物の隙間から、そびえ立つ東京スカイツリーがすぐそばに見えて、結構テンションが上がりました(笑)。コンビニで、お茶と、これはシンフォニックというライブの性質上、必要ないかな〜とか思いつつ、やっぱ、ライブの時はこれがないと始まらないので、いつもの栄養ドリンクを買ってから会場へ向かいました(笑)。
>>
>
> 私は今年(2015年)、初めてスカイツリーの展望台に行きました。
> 黒砂糖さんはスカイツリーに行ったことはありますか?

行ったことないです(笑)。てか、これまでに、スカイツリーに一番近く
接近したのが、この日だった筈です♪

>>今回、チケットが手に入っただけでもラッキーと言えるライブだったのですが、席に関しては、かなり勿体ないというか、正直、一回限りのライブだからこそ、もう少し条件のいい席で見たかった気もします。というのは、椅子が前を向いて並んでいて、基本的に、右下にあるステージを見下ろすような形で観ることになるのですが、その際、座ったままだと、ちょうど麻衣さんが立って歌っている姿に、手すりのパイプの支柱が微妙に重なってしまう訳です(涙)。まさか、立って観たりする訳には行かないので、座ったまま、体を傾けて、パイプの隙間から観るみたいな感じでした(笑)。そして、それ以上にやっかいだったのは、すぐに左が壁だということです。3階からだと、オーケストラの音がかなり遠いですし、その上、すぐ横の壁の存在が、広がりのあるハーモニーを味わったりする上で、かな〜り音的に条件が悪かったです。。。
>>
>
> 今回は黒砂糖さんが悪い席に当たってしまったのですね。

今回は、参加出来ただけでもラッキーでしたけどね(笑)。

> 私は1階の真ん中あたりの席でした。席に関しては、武道館のリベンジが80%ぐらいはできたと思っています。

おお、それは良かったですね〜♪ 武道館では、ある意味で、なかなか味わえない
ような席だったと、以前伺っていたので、今回は、かな〜り、普通の意味での良席
だったご様子、羨ましいですよ(笑)。

>>01. Time after time 〜花舞う街で〜・・・
>
>>まずは、お元気そうで何よりだと思いますた(笑)。
>
> 同感です。

やっぱ、この気持ちは、正直な感じですよね(笑)。

> プログラムで見たセットリストが非常に良かったので、麻衣さんが元気であることが確認できたら、早くもうれしさ満開モードに突入しました(笑)。

おお、先にプログラムを見てしまうのは、自分は御法度ですので、そんな楽しみ
方もあるんですね♪
 
> 「東京の9月前半」よりは「京都の春」のイメージのこの曲は、通常のライブだったら違和感のある選曲と感じたかもしれませんが、シンフォニックライブだと全く抵抗なく自然に楽しめました。

それは言えてますね。原曲のイメージが、とても地に足のついた「京都の春」
であったとしても、アレンジを変えることで、より普遍性のある曲として、
その曲の新しい側面を見えてくれるって、素敵ですよね(笑)。

> 私は曲のリリース時期の季節感に影響されやすいので、アレンジを変えることにより、曲を歌う季節に融通が利くようになるのはシンフォニックライブのいいところの一つだと思いました。

ホントにそうですよね(笑)。衣替えをしたら、音楽の印象が変わるなんていう
ことも、音楽の奥深さのひとつだな〜なんて、思いながら拝見しました♪

>>02. 冷たい海・・・
>
> この曲はシンフォニックでは必ず歌う曲にしてほしいです☆
>
> 曲の良さの他に、 黒砂糖さんも関連したことを書かれていますが、 この曲は照明の色や明るさの変調で味付けできるポテンシャルが高い曲だと思います。今後も期待したいです。

この曲は、そもそも、麻衣さんの歌声の個性が、とても伝わりやすい曲でした
から、それに、クラシカルなアレンジとして、非常に完成度の高い曲ですので、
シンフォニックのまさに、「定番」ですよね(笑)。

> セットリストの位置もよかったと思います。この曲の魅力で麻衣さんのシンフォニックの世界に一気にグイッと引き込まれました。

自分も同感です(笑)。

> 最初の方に配置してシンフォニックライブの流れをしっかりと確立する曲はこれが文句なしのNo.1だと思います。

拝見していて、シンフォニックライブに参加してみたい思いが、ふつふつと
沸いてきてしまいますた(笑)。先ずは、DVD&ブルーレイで、楽しみたい
ですよね(笑)。

>>03. Like a star in the night
>
> シンフォニック初披露だから新鮮だったし、シンフォニックに似合う曲だと思いました。

ホントですね(笑)。その一方で、また、麻衣さんの麻衣ペースな引き語りで、
この曲を味わってみたい気持ちも、あったりします♪
 
> 今回は、この曲がテレビドラマ ”DarkAngel”の日本放送のエンディングに使われていたことを強烈に思い出させてくれました。

おお、そうだったんですか・・・。この曲がリアルで発売された頃は、自分は
まだ、音源で聴くだけのライトファンだったので、こうした思い出を大切に
されているのは、本当に羨ましいっす(笑)。

> それだけ今回のシンフォニックアレンジが私の ”DarkAngel”の記憶と強く共鳴したということだと思います。これは通常のライブでこの曲を聴いたときには感じなかったことです。
>
> アメリカのテレビドラマが大好きな私にとってはすばらしい経験でした。
>
> この曲に対する評価も上がりました。

アメリカのテレビドラマなんかも、全くの門外漢なので、このあたりの感じは、
自分には具体的には、残念ながら判らないですが、嬉しく思いながら拝見しまし
たよ♪

>>04. fantasy
>
> これもすばらしい選曲だったと思います。
>
> 私はハロウィンライブのときのfantasyの記憶とリンクすることはできませんでしたが、とにかくスクリーンの映像を含めてすべてがよかったと思いました。

自分は、参加出来なかったFTツアーの、『マイリフ』のこの曲の歌声は、当時、
ライブでの麻衣さんの声に浸る快感を未体験の自分としては、DVDで見ていて、
この曲がピークのひとつだった訳です(笑)。

で、そんな、憧れた瞬間を、最初のハロウィンライブで、麻衣さんが、
三日月のゴンドラに乗って、歌ってくださった時のことは、FTツアーに
参加出来なかったからかもですが、とってもよく、憶えています(笑)。

>>05. Smile〜Alfie
>
>
> 映画音楽には疎いので、恥ずかしいことに、知らない曲でしたが、それだけに聴くことに意識を集中させて、楽しみました。
>
> 
> 映画音楽は、私にとっては新しいことを知る機会になるので、今後とも麻衣さんにはぜひいろいろな曲を歌ってほしいと思います。

自分も、映画音楽に関しては、あまり良く知りません。てか、映画好きの麻衣さんが、
自分らの知らない、色んな曲を、麻衣さんにしか歌えない、素敵な麻衣さん節で、
届けてくださったら、素敵ですよね(笑)。

>>06. My way
>
> 新曲披露はファンにとっては大きな喜びなので、わくわくしながら聴きました。
>
> 私を含めてほとんどのファンは、新曲は複数回数聴き込んでみたいと思うはずなので、1月のブルーレイ発売や正式な新曲としての発売が待ち遠しいです。

新曲の披露は、ライブで初めてだと、ホント、超サプライズですよね(笑)。

とりあえず、DVD&ブルーレイで、そんなワクワクした感じを再体験したい
ですよね(笑)。そして、ちゃんと、音の良い音源として、発売して欲しい
ですよね♪

> 引き続きパート2を楽しみたいと思います☆〜☆

今日は、これでガス欠ですが、続きを拝見することも、心から楽しみにして
いますよ〜♪

では(笑)。

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
2 / 3 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
831
(SS)C-BOARD v3.8 is Free