「2010 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 うわー。もう一つ目終わってるやーん。

2010年10月9日(土)「HAPPY HAPPY HALLOWEEN LIVE 2010」

2010年11月6日(土)「倉木麻衣 学園祭 LIVE in BKC」

「ライブツアー」
2010年12月10日(金)愛知 愛知県芸術劇場
2010年12月11日(土)大阪 グランキューブ大阪
2010年12月18日(土)東京 東京国際フォーラム ホールA

の2010年に行われる予定(2010年10月9日現在)のライブの掲示板です。
黒砂糖さん、遅くなってごめんよ〜。(OHHO・田熊孝浩)
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
9 / 193 ←次へ | 前へ→

【185】テレ朝ドリームフェス(2011/09/23)について☆
 黒砂糖  - 11/10/5(水) 3:41 -

引用なし
パスワード
   テレ朝ドリームフェスに参加することが出来ましたので、またまた遅くなりましたが、マイペースで感想等を書いておきたいと思います。個人の記憶に基づいた個人的なレポですが、ほんの少しでも、参加された方が何かを思い出したり、考えたりするきっかけになったり、参加出来なかった方に、少しでもライブの感じを伝えることが出来たら嬉しいです♪ お暇な方は、暇つぶしに読んでやってくださいませ〜♪ と言った感じで、難しく考えずに、思いつくままに、アレコレ書いて行きます(笑)。

ライブの聖地武道館でのライブ、これまでに参加して来た色んなライブや、つい先日の献血ライブやその他、麻衣さんライブのアレコレのことを思い出したりしながら会場へ向かいましたが、やっぱ、武道館でライブを見るのは、特別な時間だと言うことを改めて感じたライブでした(笑)。

今回は、3日間にわたって行われたフェスの初日で、麻衣さんを含めて6組のアーティストが登場しました。登場する順番は、会場に着いても事前の発表はなく、ライブが始まってから、実際に登場する直前に、スクリーンに「next アーティスト」みたいな感じで発表される演出で、「次は、いよいよ麻衣さんだろうか??」みたいなドキドキ感が、何とも言えませんでした(笑)。

席は、2階スタンドの後ろの方(笑)。でも、武道館の2階スタンドって、思ったよりもずっと、ステージが近く感じられて、全体も良く見えるし、個人的にはいかにも武道館でライブを観ているって感じで、決して悪くないですよ〜。アリーナの中央、メチャメチャ前の方と言う超良席で楽しまれている、ヒットの麻衣友さんたちのことを2階スタンドから発見して、軽く負け惜しみを感じつつも、そう思いますた(笑)。

さて、麻衣さんは、いきものがかり、TOKIOに続いて、3番目の登場でした。ちなみにその後は、ユニコーン、クロマニヨンズ、ラルクと続きました。こうして並べて見ても、色んなタイプのアーティストの競演でしたが、全体的にロック色が強いラインナップでしたね。

こうした、麻衣さんとはまるで音楽性や持ち味の違う人たちの中に入ると、麻衣さんは、色んな意味で、歌声も、MCも、バックの演奏も、色んな意味で「異質」だな〜と感じましたね〜。

この日のライブで特筆するべきは、バンドのメンバーが、これまでのツアーのバンドとは一新されていたことです。ライブの最中は、詳しいことは全く判らなかったのですが、ライブが終わった後に、いつもの麻衣友さんから、あの「僕らの音楽」で、素晴らしい演奏を聴かせてくれた方々が参加していたと言うことを聞きました。そうと判っていたら、もっと耳をかっぽじって、演奏もちゃんと聴いたんだけどな〜だとか、後になって大いに後悔しました。。。

家に帰って来てから調べた所、麻衣さんが初めて出演された時の「僕らの音楽」で、「ルビーの指輪」をはじめ、めちゃめちゃスンバラシいバッキングサポート、ギター演奏を披露してくださった、DIMENSIONの増崎孝司さんをはじめ、それ以外の方も、非常に充実した音楽経験を地道に積み上げて来られた方達らしく、そうしたバンドのことは自分にとって全くの不意打ちで、しかもこうした、普段のライブとは違うフェスの雰囲気に軽く飲み込まれている内にあっと言う間に終わってしまった印象で、ちゃんと集中して聴けなかったのが、我ながらアレとしか言い様が無かったです。。。

全く、何の予備知識もなく、初めてのバンドをバックに聴いた麻衣ミュージック、てか、バンド演奏の、ライブ中に抱いた感想は、とにかく、派手なパフォーマンスやアピールは皆無で、ごく真面目にバッキングに徹しているから、全く地味だけど、良く聴くと、カチッとしていて実に上手いじゃないみたいな感じでした。いつもの麻衣さんライブのバンドが、若くて、ある意味「やんちゃ」な印象だったのに対して、もっとずっと、大人びた感じの演奏だな〜みたいな。ただ、こうしたロックバンドが中心のフェス、熱い盛り上がりを旨とした、ある意味で「お祭り」の中では、そうした、落ちついて耳を傾けて聴くべき「大人っぽい」音楽の良さは、これは伝わりにくいな〜と言うのが、何とも勿体ないと言うか。。。個人的には、もっと小さな音の良い会場で、ゆっくりと耳を傾けて聴いてみたいな〜と思える様なバンドの感じでした♪

さて、3番目に登場された、我らが麻衣さんですが、軽くレポります(笑)。タスクさんが作ってくださった、速報セットリストを、有り難くお借りします♪

1.Stand up!
2.SUMMER TIME GONE
3.Secret of my heart
4.Stay by my side
5.Your Best Friend
6.Love, day after tomorrow
7.always

1.Stand up!・・・1曲目は何かと言うのは、ツアーの初日やこうした単発のライブでは大きな注目点で、ドキドキでした(笑)。と言いつつ、ロック色が濃いフェスな訳で、きっとこれだろうと密かに思ってた曲でした(笑)。麻衣さん、黒を基調とした、ちょっと忍者を思わせる様な衣装で登場。ダンサーが5人。「あれ? バンドが違う〜」とか思って、配置だとかをメモメモしていたら、隣のラルクファンのカップルが、メモ書きする自分のことを、不思議そうに見ていました(汗)。そして、複雑ないつものフリも、最初は少々ためらいながらも、見渡すと結構な数の人がやっていて、それを見て心強くなって、バッチリ楽しみますた(笑)。ちなみにショートバージョンだったのは残念でした。

2.SUMMER TIME GONE・・・2曲目は、何と、この曲でした。持ち時間の短いこうしたフェスなので、マイケースタンダードでまとめて来るかなと思っていたので、個人的はとても意外な選曲でしたね。でも、終わりつつある夏の感じからすると、非常にタイムリーな選曲だと思いました(笑)。大震災で途切れてしまった熱いライブツアーの感じが、懐かしく蘇って来る様で、軽くウルウルとなりますた(涙)。これもショートバージョンでした。

3.Secret of my heart・・・相変わらず、何とも繊細で優しい、癒し感満点の歌声で、こうした、激しいロックが多い他のアーティストの中で聴くと、それは実に個性的だな〜とか思いながら浸った、この日の「Secret〜」でした(笑)。虹色の照明も、とても綺麗でイイ感じでした。ただ、これもショートバージョンだったのは、勿体なかったですね。。。

4.Stay by my side・・・確か、ごくシンプルな伴奏で始まって、徐々に盛り上がって行く感じのアレンジだったと思いますが、3と同じく、何と言うか、声の透明感や、実に気持ちの良い空気感みたいなものが感じられて、「やっぱイイな〜♪」とか思いながら聴いていた印象です(笑)。

ここで、MCがありました。来月(てか今となっては今月ですが)、同じ武道館で行われるチャリティライブのこと、まあ、宣伝と言えば宣伝な訳ですが、ただのライブではなくて、チャリティライブな訳で、もっとはっきりとそのことを全面に出して、参加と言うか、協力をお願いすれば良いのにな〜とか思いつつ、でも、そうした奥ゆかしさも麻衣さんらしいなとか思いながら聞いていました(笑)。しゃべり方なんかも、相変わらず、「何と」だとか「そう」だとかを連発するのも、いつもの麻衣さんのMCらしくて、ファンとすれば聞いていて嬉しい感じでした(笑)。あと、2階スタンドの上の方に向かって、「今日はブルーベリージュース(←でしたっけ??)を飲んできたので、上の方まで良くみえますよ〜♪」みたいな、プチ天然節もありました(笑)。

ただ、例えば、いきものがかりの、ボーカルの女の子とバンドのメンバーとの、ちょっとしたコントを思わせる様な、テンポの速い、実に軽妙で面白いMCだとかがデフォルトの人には、そんな感じの麻衣さんのMCは、余りに折り目正しいと言うか、真面目と言うか、おっとりと言うか、相当異質に映ったかもですね(笑)。ちなみにメンバー紹介も、ここでありました。

5.Your Best Friend・・・MCの最後に、次の曲の紹介があって、「おお!!」みたいな(笑)。もしや、ジョルジョさんのゲスト参加もあるかなと思いましたが、それはありませんでした。初めて全曲通し(?)で聴きましたが、非常に印象が頭に残る、実に良い曲だと思いました。麻衣さんが最も得意とするような、何というか、押しつけがましさの無い透明感のある切なさと言うか、そんな感じの魅力が一杯でした。とにかく、特にサビは、美しい高音ファルセットが全開の曲で、コナン君のエンディングで録画したのを聴いた時には、麻衣ミュージックとしては、ちょっとやり過ぎと言うか、ここまでファルセットを全開にしなくても、もっとチラリズム的に使った方が「らしい」のにみたいな印象も、正直あったのですが、やっぱ、ライブで聴くと、凄く良かったです。凄い気持ちのこもった熱唱だったんですが、それが、決して、これみよがしのあざとさにはならないで、あくまで品のある美しい音楽になるあたりは、もう、流石としか言い様がないなと思いながら聴きました。それに、少々危なっかしく感じる部分も含めて、ライブならではの、生きた呼吸みたいなものが、とても自然に歌に乗って、初めて聴く新鮮度も手伝って、この日一番良かったと思った1曲でした(笑)。

6.Love, day after tomorrow・・・そして、大定番のこの曲に続きました。何度聴いても、名曲ですよね〜。他のアーティストのファンも沢山いる中でのお馴染みの指文字は、少し恥ずかしい感じもありましたが、見回すと可成りの数の人がやっていて、「いいね〜♪」みたいに思いつつ、自分も負けずにみたいな(笑)。ただ、今思うと、もっとちゃんと、バックの演奏を聴いておけば良かったなと、後悔した1曲です。。。

7.always・・・そして最後は矢張り、この曲で締めました(笑)。やっぱこれを聴くと、今日のライブも終わりだな〜みたいな、充実感と切なさとが入り交じった気持ちになるのですが、大体6〜7曲だろうと予想はしていたものの、実際にたった7曲で終わってしまうのは、なんとも寂しく思いながら、麻衣さんの歌声に合わせて、手を振りました(笑)。

バンドのメンバーが舞台裏に引き上げた後も、いつもの麻衣さんライブほどではないですが、ステージを2往復くらいして、遠くのお客さんに手を振って、感謝の気持ちを形にしている姿は、いつも通りで、そんなことをするアーティストは、この日、他にいなかったから、これも、普段の麻衣さんライブでは当たり前みたいな光景が、非常に個性的に映った瞬間でしたね。ただ、まだ他の出演者が残っているのに、いつものライブみたいに、「みなさん、気を付けてお帰りください〜♪」って言ってしまわないかと、少々ハラハラしますた(笑)。

そんな感じで、麻衣さん中心で言うなら、こうしたいわゆる他流試合に出て見ると、普段は当たり前みたいに感じでいた麻衣さんらしさが、実にこう、異質と言うか個性的であるのかが良く判ったフェスでした(笑)。歌声の押しつけがましさのない癒し感や透明な空気感、歌の敏感なニュアンス、MCでの折り目正しさや真面目さ、いつまでもファンに、不器用に感謝の気持ちを伝えようとしてくださる姿勢などなど。こうした良さは、今時の世の中、なかなか伝わりにくいような気もするのですが、一人でも多くの人に伝わったらイイですよね〜♪

ともあれ、他にはクロマニヨンズなんかは最高だったし、他のバンドも、普段なら自分からは聴かない様なバンドも、それぞれ、結構楽しめましたが、やっぱ、麻衣さんの歌をもっと聴きたいと言うのが実際の所だったので、今度のチャリティーライブへの期待値が、更に上がりましたね。それに、バンドは今後どうなるのかだとかも、非常に気になる所ですね。

そして、ライブ後は、ヒットの方達や麻衣友さん達と、韓国料理屋さんでオフ会をしました♪ ライブ後の高揚感の中で、大いに盛り上がりながら飲むビールは、もう最高でした(笑)。料理も、中にはかな〜り辛いものもありましたが、、、メチャメチャ美味しかったなあ!!

そんな感じで、またまた遅くなった上に、結構な長文になってしまいましたが、ここまで読んでくださった方は、どうもお疲れさまでした&ありがとうでした(笑)。

では(笑)。

2,081 hits

【185】テレ朝ドリームフェス(2011/09/23)について☆ 黒砂糖 11/10/5(水) 3:41 [未読]
┗ 【186】Re:テレ朝ドリームフェス(2011/09/23)につ... Steinfeld 11/10/12(水) 2:56 [未読]
┗ 【187】Re:テレ朝ドリームフェス(2011/09/23)につ... 黒砂糖 11/10/13(木) 5:01 [未読]

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
9 / 193 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
16,025
(SS)C-BOARD v3.8 is Free