「2017 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 また、黒砂糖さん、お待たせしました。
 2017年の倉木麻衣さんのライブの掲示板です。

 2016年12月20日現在、予定されているのは薄々知っているのですが、
 個人的な理由で、今現在、何もできない状態になっています。

 なので、あとはみなさんにお任せします。

 黒砂糖さん、今回もご連絡いただきまして、おおきにです。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
20 / 54 ←次へ | 前へ→

【35】遅くなりましたが、レポです☆
 黒砂糖  - 17/11/14(火) 3:56 -

引用なし
パスワード
   オリコンフェスに無事に参加できましたので、大変遅くなりましたが、マイペースにレポさせて頂きます♪参加できた方が何かを思い出すきっかけになったり、参加できなかった方にライブの感じを少しでも伝えることができたら嬉しいです♪ てか、大したことは書けませんが、お時間のある方は、長文でよろしかったら、暇つぶしにでも読んでみてくださいませ〜(笑)。

パシフィコ横浜は、個人的に、自分が初めて麻衣さんのライブに参加した思い出深い会場です。それに、毎年恒例だったカウントダウンライブがずっと開催された会場で、その意味では多くの麻衣さんファンにとっても本当に特別な、まさに「聖地」とも言える会場ですよね♪

そんな「聖地」に麻衣さんが遂に帰ってくる、それだけで、特別な感情で胸が一杯になるみたいな、そんななんとも感慨深い気持ちで臨んだライブでしたね〜♪

そんな感じは、会場へと向かう途中からして、まさにそうで、例えば、電飾された観覧車を横に見ながら、動く歩道を歩く時だとか、ライトアップされた日本丸の感じだとか、到着目前でドキドキしながらぷかり桟橋のほうへと階段を降りていく感じだとか、「ああ、カウントダウンライブに向かう時の感じが蘇るな〜。。。」だとか、ひとりウルウルとなりながら会場を目ざしました(笑)。

といいつつ、結構時間はぎりぎりで、到着した時には、既に開演時間は過ぎていて、感慨にふけっている時間もなく、小走りにドアを目指しました。会場内はもう暗くなっていて、係員さんに席へ誘導して貰っている時に、いつもの麻衣友さんに声を掛けられたりしました♪

ちなみに席は、25列の右寄り、パシフィコは座席のレイアウト上、10列目あたりが実質の最前列なので、実質15列目あたりです。とてもよく見えました(笑)。とはいえ、麻衣友さんの中には、実質2列目の方が何人かいて、羨ましいなあみたいな♪

さて、スクリーンに、これまでのオリコンフェスに出演されたアーティストの名前がどんどん表示されて、コメントビデオなんかも流れて、みたいな感じで、ライブがスタートしたような記憶です。

まずは、大原櫻子さん、続いて、 SILENT SIRENさんのライブ、そしてトリが、我らが麻衣さんという順番でした♪

こうしたいわゆる「対バン企画」は、それぞれのファンの方たちによる応援合戦も見所のひとつで、特に、大原さんのファンは自分の周りも結構多くて、見慣れないツアータオルやペンライトを使ったフリだとか、なかなか熱いものがありました。「応援合戦」と書きましたが、確かSILENT SIRENさんのMCでも言っていらっしゃったと記憶しますが、会場内、優しいお客さんが多くて、自分のお目当てでないアーティストの呼びかけににも、ちゃんと答えて、いろんなフリだとかを、ぎこちなくも、ちゃんとやっている人が多かったのが、とても新鮮でしたね。例えば、自分の周りには、たくさんの麻衣さんファンがいて、というのは、首に掛けたタオルや、SAWAGE☆LIVEのペンライトでそれがわかるのですが、それらを使って、麻衣さんの時以外にも、ちゃんとライブを盛り上げようという会場のイイ感じの「マナー」が、とても素敵に感じられましたね(笑)。

さてさて、そんな感じで、自分も、正直聴いたことがない曲や演奏に、ちょこっと照れくさく思いながらも結構盛り上がりながら、音楽を楽しんでいる内に、遂に、麻衣さんの登場が近づいてきました。休憩時間にトイレを済まして、ここで、恒例の栄養ドリンクをがぶ飲み(笑)。そして会場に戻りました。

先ずは、スクリーンに、オリコンへの感謝の言葉を伝える麻衣さんのビデオ映像が流れて、それに続いて、いよいよ、久しぶりの「聖地」パシフィコ横浜のステージに帰ってきてくださった麻衣さんの、熱いライブの幕開けです。会場内は、少なくとも自分のまわりは、いよいよ本番みたいな雰囲気がありあり(笑)。自分も、久しぶりに使うSAWAGE☆LIVEのペンライトに明かりをともして、ライブモードに入りました(笑)。

ここからは、肝心の麻衣さんのステージですが、メモは曲名くらいしか書かなかったので、しかも、他のアーティストさんのファンに負けてなるものかと、大いに盛り上がってしまったので(笑)、客観的なことは余り詳細に憶えていなくて、書けないと思われますが、セトリを見て、思い出しながら気ままに書いていきます。間違いや勘違いなら、スイマッセン(笑)。

先ず、バンドですが、SAWAGE☆LIVEの時の、ホントに素晴らしいクオリティを持ったバンドでした。ただ、コーラスがマーナちゃん一人になっていました(残念)。また大きな単独ライブの時にはぜひ、マヤちゃんに戻って来て欲しいな〜と思いました。そして、6人のダンサーさんという布陣です。

01. Stand Up
02. Love, Day After Tomorrow
03. Secret of my heart
04. 渡月橋 〜君 想ふ〜
05. Feel fine !
06. SAWAGE☆LIFE
07. always

01. Stand Up・・・最初の1曲目は、ライブ前の予想も楽しいですが、こうした「他流試合」は、やはり、予想どおり、この曲でスタートです。イントロを聴くだけで、メッチャ盛り上がりましたね〜(笑)。ショートバージョンでしたが、麻衣さんが扇動するフリなんか、もう、たくさんのライブを積み重ねてきた、「百戦錬磨」のライブアーティストとして、実に堂々とした、まさに貫禄のパフォーマンスだったと思います♪

02. Love, Day After Tomorrow・・・続いて、麻衣さんの曲の中で、一番有名なこの曲が、ここで来ました(笑)。これも確か、ショートバージョンだったと思いますが、素晴らしいグルーブのバンドサウンドに乗って、初々しくも貫禄が出てきた歌声に合わせて、ライブを重ねて条件反射になっているフリを、バッチリと楽しみながら、味わった印象ですね(笑)。

03. Secret of my heart・・・次は確か、麻衣さんのMCで、初めてコナン君の主題歌として歌わせていただいた曲ですみたいなMCに続いて、この超名曲が来ました(笑)。ショートバージョンだったと思いますが、場内はそれまでと打って変わって、じっくりと麻衣さんの繊細でニュアンス豊かな歌声に耳を傾けて、体を揺すりながら聴き入っていましたね♪

04. 渡月橋 〜君 想ふ〜・・・そして次は、今最も旬な、この曲がきました♪確か1箇所、歌詞が抜けかけて、ちょこっとヒヤッとしましたが、それもまた、ライブは生き物である証(笑)。耳タコになっているスタジオ版の「渡月橋」の歌とは、かなりニュアンス的に異なる、ライブならではの、起伏の大きな美しいバラード歌唱に、うっとりと聴き入りました(笑)。

05. Feel fine ! ・・・そして次は、またまたガラッと雰囲気が変わって、熱く熱く盛り上がる、「終わりなき夏」のこの曲です(笑)。麻衣さんの、ジャンプを促す煽りや、「ヘイヘイヘヘヘイ♪」なコール&レスポンスに、汗だくになって応じながら、やっぱライブって、理屈抜きに楽しいな〜という思いで一杯になった印象ですね(笑)。ダンサーさん達とのあうんの一体感、そして、バンドのサウンドもバッチリ決まっていて、特にこの曲では、大賀さんのギターソロが絶好調だった記憶です♪

06. SAWAGE☆LIFE・・・そして次は、楽しかったSAWAGE☆LIVEツアーを思いきり思い出させる、この曲がきました♪ 早くも懐かしく感じるような楽しいフリを含めて、ライブの楽しさ全開でしたね〜(笑)。ちなみに、ライブの後にお馴染みの麻衣友さんとお話したのですが、この曲、初めて聴いた時と比べて、ライブで聴くと、どんどん格好良くなっていくみたいな感じ、確かにそうだな〜みたいな(笑)。バンドも、メチャ格好良かったです♪

07. always ・・・途中の麻衣さんのMCの言葉で、「厳選した曲を用意してきました♪」みたいな感じのがあったのですが、熱いライブモードの曲に大いに盛り上がって、エンジンが温まって、「よし、ここからが本番だ〜♪」みたいな時に、「always」のイントロを聴くと、「ええっ!!! もう終わり〜。。。」みたいに、ちょっとずっこけた印象です(笑)。そんな切なさの中、首に巻いたタオルからして、麻衣さんファンではない方たちも、ちゃんと手振りをやってくれていたりして、そんな感じを嬉しく思いながら、こちらも大いに手を振った、この日の「always」でした♪

単独ライブなら、「always」が終わった後、バンドやダンサーさんとの挨拶や、生声での挨拶や、ステージを右に左に走り回ってファンに感謝の気持ちを伝えてくださるのが「いつもの」ライブ後の感じなのですが、対バン企画では、それは無理ですよね(笑)。麻衣さんが、名残惜しげに手を振りながら舞台の袖へと見えなくなった後、会場ではいつの間にか、いつものようにマイケーコールが沸き起こっていたのですが、さすがにアンコールは不可能で、司会の方が出ていらっしゃいました(笑)。

そして、本日ライブをされた三組のアーティスト、大原櫻子さんと、SILENT SIRENさん、そして麻衣さんが登場されて、ここで、お楽しみの抽選大会がありました。自分は当たりませんでしたが、結構、近くにいらっしゃる方が、当選されたりしていて、拍手をしながら、いいな〜みたいな(笑)。

この抽選の時に、麻衣さんが、「ダラダラダラダラ〜、ドン!」みたいに、抽選の気分を盛り上げる、恐らくは即興で、声でドラムロールをやっていた感じ、今回の最年長として、ちゃんと場を盛り上げようみたいな、そんな素敵な気配りが感じられて、流石だな〜と思った印象です♪

その後、全員でスマップの「世界に一つだけの花」を歌って、ライブは終了しました。

そんな感じで、久しぶりにライブの聖地「パシフィコ横浜」で、素晴らしいスキルを持ったバンドとダンサーさんたちと、会場のファンとで作り上げた「最高の時間」、カウコンなんかに比べると、時間は早いし短くて、正直、腹三部くらいでしたが、やっぱりライブは最高だな〜と思いました。。。

麻衣さんは、相変わらず、ワンアンドオンリーの魅力を持つライブシンガーとして、ブレない魅力満開でしたし、持ち味の異なるアーティストとの共演は、そうした魅力がさらにはっきりとわかるような気がしました。そして、例えば、イベントやツーショットだとかでのスマイルは最高ですが、やっぱり、ライブでの、水を得た魚のように「ライブの中で生きている」、本当に生き生きとしたスマイルは掛け値無しに最高で、やっぱり麻衣さんライブはいいな〜と、改めて実感しました!!!

ライブが終わって、ここパシフィコだと、このまましばらくしたら、楽しかった大晦日恒例の「出待ちショー」が行われそうな気がして、会場に残っていたい気持ちになりましたが、そうも言っていられないので、外に出ました(笑)。

ロビーにて、たくさんの麻衣友さんとお会いして、楽しく談笑しながら、カウコンでは、「ここに倉木大明神がありましたね〜」だとか、「おみくじガチャガチャが懐かしいですね〜」だとか、「ハロウィンの月のゴンドラが、この辺に展示されていましたね〜」だとか、そんな楽しい会話を交わしながら、久しぶりの「聖地」国フォでのライブ、アフターも盛り上がりましたね〜♪

またいつの日か、ここパシフィコ横浜で、楽しいも懐かしいカウントダウンライブを、体験してみたいですね〜(笑)。てかそれ以前に、やはり、単独でのフルライブが、ホントに待ち遠しい限りです♪

そんな感じで、遅くなった上に、またまた無駄に長くなってしまいましたが、何はともあれ、やっぱり麻衣さんライブは「最高の時間」だな〜ということを、実際にライブを体験することで、再確認出来た、そんなオリコンフェスでした(笑)。

いつものように、無駄に長くなってしまいましたが、ここまで読んでくださった方は、本当にどうもありがとうございました〜♪

では(笑)。

192 hits

【34】オリコンフェス(2017/11/01)のセトリです♪ 黒砂糖 17/11/2(木) 4:22 [未読]
┗ 【35】遅くなりましたが、レポです☆ 黒砂糖 17/11/14(火) 3:56 [未読]

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
20 / 54 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
918
(SS)C-BOARD v3.8 is Free