「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FUSE」
お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
ありゃりゃ、このライブものだ〜。初日が奈良だ〜(倉木さんやスタッフのみなさんに感謝感謝)。
これまた、遅くなってめんご、めんご(←くどすぎる〜)。
ここでも言おう。「参加される方は、楽しんできてね〜。
倉木さんやスタッフのみなさんによろしく〜」。(OHHO・田熊孝浩)


  ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
35 / 351 ←次へ | 前へ→

【384】「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FUSE」  武道館 涙のファイナル!!
 G(^o^)gi@久々レポ!  - 05/10/29(土) 21:52 -

引用なし
パスワード
   10月27日・28日の今ツアー最終の武道館2日間公演に参加してきました。 
28日は、麻衣さんの23回目のBirthdayとも重なり日本全国から、麻衣オタ・・いや麻衣さん大ファンが大結集状態でした。 
ライブに行くたびに見かける顔があちこちに見えて、さすがファイナル、密度の濃い、麻衣さん大ファンの方々が一同に集まっているみたいな感じです。

今ツアーは、国フォ2dayに続き今回の武道館2dayの参加だけだったんですが、やはり“バレンタインライブ”以来、個人だと“Loving You・・・”Tour 2002”いらい3年半ぶりの武道館という大舞台のなか、麻衣さんがどのようなパフォーマンスを見せてくれるか、サプライズはあるのか非常に楽しみな公演でした。 レポを書くのも久しぶりですし、なにしろジジイなものですから、物忘れがひどく、妄想が激しくなり、事実に反することが多々ありますので、その辺はご了承の上で読んでください。  28日、ファイナルを中心に書かせていただきます。 長々とすんません!!

10月28日(金) ツアーファイナル 武道館 開演 19時 

武道館に着いたのはジャスト19時、係員の「もうすぐ公演が始まります。ライブが始まったら1曲目が終了するまで入場できません!お急ぎください」との脅しの声を背中に、ガチャガチャがすいてるのにと横目で見ながら、一路入場口へ。  
汗だくになりながらの入場でした。  結局、今回の公演はいつもギリギリ入場で、ガチャガチャを一度もやれずに終わったなァ〜(涙)

今日は、Kブロックなのであまり期待もしてなかったのですが、席がブロック最前で通路をはさんでいる分だけ見やすかったかもです。  前に大男でも就いた日にゃ目も当てられませんからねえ。  席について一休み、落ち着いた所で廻りをぐるっと見渡してみると、やはりファイナル、昨日とは違ってかなりの入りでした。2階席も9割がた埋まっていたのではないでしょうか。 BGMを聞きながら、はやる気持ちを抑えつつ待ってました。 場内アナウンスが入り、まもなく公演が始まるとの事、それから待つことまた、14,5分、場内の照明が突然消え、BGMがロックビートに変わったなかメンバーがぞろぞろと入場、配置につきはじめます。
照明が消えたとたんの、場内に起こった歓声と、拍手、なんともいえないざわめきと、そして早くもスタンダップ状態で、所々では手拍子すら起こって来ている状況です。 舞台の照明がつき、BAND(Purple Haze)のメンバーによる煽りと、サテンドールのコーラスの続く中、Mai-kコールと共に麻衣さん登場、

麻衣さんの衣装、 白と黒の重ね着タンクトップ、左のひざから腿辺りに模様の入ったブルージーンズに黒の幅広ベルト、ちょっとかかとが高めの黒い靴、腰に銀のアクセサリーがついている今回のカラー、紫色のスカーフ、銀のネックレス、右手に金属っぽいリストバンドと中指に銀色の大き目の指輪、髪は倉敷から復活した前髪のある、FAIRY TALEツアー仕様のさらさらヘアー

大歓声の中、前奏の後、歌いだし
01.ダンシング

歌いだして一旦ストップ、 
MC:「皆さんこんばんは〜、今日、武道館でファイナルを迎えることができました〜〜! 今日は最後まで楽しんでいって下さい〜」  観客 「うお〜〜っ!」と地響きのような大歓声  引き続きダンシング熱唱!

そのまま2曲目に入って
02.key to my heart

軽快なのりで、バックダンサーを伴って歌ってました。

一旦照明が消え、ドラムステッキの音とともに演奏開始。
03.Everything's All Right

初期ののR&Bナンバー、バックダンサーを伴って、 舞台の右、左へと移動しながら軽やかに熱唱、終了と共に消。 場内大歓声「麻衣ちゃ〜〜ん、麻衣ちゃ〜〜ん」とかわいい声から、聞きたくないような野太い声があちこちから飛び続けます。スポットライトの中、麻衣さん舞台中央へ

MC:「え〜、ここ武道館でライブを行うのは3年ぶりなのですが、またこうして武道館でライブを行えることを、大変光栄に思ってます。奈良から始まった今ツアーも、皆さんの暖かい声援に支えられて励ましや勇気をいっぱいもらいました。 昨日、今日の武道館公演で無事ファイナルを迎えることが出来ました〜。」 軽くお辞儀!  観客 「おめでと〜う、お疲れ様〜〜」等 大声援。   「皆さんに、励まされて無事に大学を卒業し、これからは新社会人として、歌を追及し皆さんの心に伝えられる歌をうたって行きたいと思っています。 これからもよろしくお願いいたします。」  また、軽くお辞儀! 観客、大声援  「ツアーのタイトルである導火線にひを付けて皆さんの心に響く歌を届けたいと思います。 今日は最後まで楽しんでいってくださ〜〜い。」 またまた、場内大歓声と拍手!

映像と演奏がはじまり、
04.P.S MY SUNSHINE

マイクをスタンドにセットしてPVを写ししながらの熱唱  
お下げの麻衣ちゃんが〜、子犬が〜、女子高生が〜  (・・・病気か? 恥)

続けて、
05.You look at me〜one
06.Love,needing

演奏が始まると、背筋がぞくぞくと・・  おーなかなか良いじゃん、CDでは味わえない心地よさを感じました。
PVの中の麻衣さんも女の子らしい服装も実にお似合いで  結構けっこう!!

摩天楼のような映像が映し出されて、
07.Don't leave me alone

夕暮れの摩天楼のような映像(だと思ったが?)に麻衣さんの姿がかぶさっての熱唱! 昔の昭和歌謡曲を思わせるような異色のナンバーに、R&B・POP歌手の、麻衣さんが挑戦、う〜〜ん演歌歌手もいけますよ! 
ビブラートを聞かし、声を振り絞って体をおりまげながらの大熱唱!!  そのまま消灯!  観客、割れんばかりの大声援と拍手

暗闇の中、麻衣さん左袖に退場

Come on! Come on!の演奏の中、バンドメンバーのみでメンバー紹介 最後にMai-kとの声に麻衣さん再登場!

麻衣さんの服装   遠目では赤に見えるような濃いピンクのノースリーブのタンクトップの重ね着、黒のジーンズに幅広ベルト(最初のよりもっと広そうだった) 黄色というよりも黄緑っぽい蛍光色のスニーカー?、ネックレス、リストバンドは同じかな?

大歓声の中、麻衣さんが、「ありがと〜、ありがと〜」といいながら、右に、左に手を振りながら挨拶。 

前奏が始まり
08.駆け抜ける稲妻

これも軽快に終了!

MC:「ここから静かなバラードの曲が続きますので、良かったら座って聞いてください。」 「は〜い}とどこかから返事  観客、ざわざわと着席 「え〜、最近、事故や事件のニュースが多く、この間テレビを見ていたら報道されてました。 そのような方々に、私にも何か出来ないかと考えてみました。 私に出来ることは何か?? と考えたときに私の歌によって少しでも心の支えになってくれたらと思いました。 そういう思いを込めて作った曲があります。  
「I sing a song for you」を聞いて下さい。」  観客「うお〜〜〜っ!」

09.I sing a song for you

聞き入るように聞いている中、麻衣さんの歌声だけが場内にしっとりと流れました。 最後の高音のか細い澄んだビブラートがこころのそこに響き渡ります。 歌の終了とともに観客の大声援と拍手がこの大きな武道館の場内に鳴り響き渡りました。  本当にいい曲です。 

10.happy days

久々に聞いた.happy daysは、1番をバラードバージョンとでも言うのでしょうか、ライブ仕様にアレンジされていました。 2番からはテンポアップして原曲に近かったですけど、まだゆっくりしていたかな。 原曲がUPテンポだっただけに、また、ふいんきの変わった感じで聞くことが出来ました。  

続けて、キーボードによる演奏が始まり
11.明日へ架ける橋

これは、しっかり聞ける曲として定着してきましたね。 でも、前回ライブでの印象が非常に強いので、何かさらっと聴けてしまった気がします。  舞台中央の麻衣さんに上部から十台くらいのスポットライトがいっせいに照らし出し、まるでスポットライトの光の王冠の中に麻衣さんが立っているように見えて麻衣さんを浮き上がらせていました。

MC: ここから、少し懐かしい曲を歌いたいと思います。  私にとって音楽というのは、励まされたり、こころを癒せてくれたり大切なものになっています。 曲を書くとき私は、日常の情景だったり、出来事などを良く書くのですが、曲を聞くとこの時の情景が浮かび上がってきたりしますよね。 皆さんも曲を聞いてその時そのときの思いを振り返っていただけたら良いなと思います。 次の曲はそのような情景を歌った Time after time を聴いてください。    

12.Time after time 〜花舞う街で〜
13.Secret of my heart

この曲は言うまでもなく、麻衣さんの初期の代表作と、新代表作といえる曲です。 やっぱり何度聴いてもいいですね。
座ってバラードを聞く間、観客は聞き逃してなるものかというような静寂の中、麻衣さんの声が響きわたりました。

麻衣さん、大きく頭の上で手拍子をはじめ、楽曲の始まり  それに合わせて、観客歓声と手拍子をしながらスタンダップ!
14.Delicious Way

これも定番ですね。 2番抜かしで終了!  麻衣さん、左右に大忙しの移動しながらの歌声でした。
続けて、
14.LOVE SICK

この前奏が始まると、自然と手が反応してしまう
15.Love,Day After Tomorrow

演奏が始まり、画面に大きな“Stand Up”文字が打ち出され、麻衣さんがマイクを突き出しながら「Stand Up」連呼します。 
16.Stand Up

麻衣さんの指示による、Stand Upの大合唱はしばらくつづきました。 麻衣さんも慣れたものです。しっかりとリズムに乗せ指導していました。  ジャンピングフィニッシュの3連発により終了!  

麻衣さん「次の曲で最後の歌になりました〜〜。 ジャンプ、ジャンプ Feel fine!〜〜」  ジャンプしながら頭の上での手拍子、会場のあちこちで同じようにジャンプする姿が見えました。 場内は最高潮の盛り上がりをみせています。

17.Feel fine!

「ありがと〜、ありがとうございました〜、ありがと〜」と言いながら、右の端から左の端まで移動しながら挨拶し、演奏の続く中左袖に退場!   バンドは最後の演奏で盛り上げながらフィニッシュ!  大歓声の中ばらばらと退場
余韻が残る中、照明が落ち場内は暗闇に包まれました。  何処からともなく Mai-kコールが始まりました。  さすがに倉オタ(違うって!)麻衣さん大ファンのあつまり、Mai-kコールが響き渡りました。 待つこと5〜6分ですかね照明が一斉に点灯しメンバーと共に麻衣さん「アンコールありがとうございます」と手を振りながら登場!   今回もサイリウムが配られアンコール時に合図と共に点灯しましょうとの注意書きがありましたが、点灯の指示が出ず各自ばらばらと点灯しだしたので、最初はあまりそろわずどうしていいかわからなかった人も多かったと思います。

「ありがとうございます」といいながら、麻衣さん舞台中央へ  
突然、サテンドールの一人が花束をメンバーからと麻衣さんに渡しました。びっくりしている麻衣さんを尻目に、演奏が始まり、曲はなんと“Happy Birthday”の旋律をかなでだしました。 会場全員による“Happy Birthday”の大合唱になりました。 麻衣さん、照れたような笑顔がとっても素敵でした。 スタッフが大きなケーキを運んで来ると、「えっ? こんなのまで??」と驚いていました。 蝋燭の準備をしている間、麻衣さん、花束を抱えながら、もうウルウル状態で 「ありがとうございます」と何度もお礼を言ってました。 蝋燭の準備が出来て、いよいよ吹き消す時です。 麻衣さん、3度ほど吹いてもまだ2本残っていて、苦笑いしながら完了! サイリウムの光と大きな拍手の後、場内のみんなから「おめでとう〜」の大声援でした。  もうひとつ、ファンの中から抽選で麻衣さんに直接花束を渡せるイベントがあり、小学生らしい女の子とお母さんがはなたばを持って登場、後ろを見ていた麻衣さん「びっくりした〜」といいつつ、女の子から花束を受け握手をしておりました。 場内騒然とした中、無事イベント終了、 気持ちを切り替えて麻衣さん舞台中央に登場!

麻衣さんの服装   白の胸にロゴマークの入っているツアーTシャツ、FUSEツアーの星型のネックレス、白のツアーリストバンド、両側の前ポケットにボタンとカバーのついているブルージーンズに濃い茶色の幅広ベルト、スニーカー

〜Encore〜
MC:自分を落ち着けるように 「ありがとうございました。 誕生日にここ武道館でライブが出来ることをとても光栄に思います。 これからもみんなの心に伝わるような曲を皆さんに伝えて行きたいと思います。」    大歓声とサイリウムの光が渦まきました。

演奏が始まり
20.Honey,feeling for me

もうすっかり落ち着いて、かみ締めるように歌ってました。

「え〜、次の曲は、11月9日にリリースされる新曲で、名探偵コナンのオープニング曲としてオンエアされています。 聴いてください“Growing of my heart”を聴いてください。」   観客 「うお〜〜〜」
21.Growing of my heart

テンポのいいなじみやすいメロディが心地よく響きます。  これは結構好きな曲になりそうです。

MC: 「え〜、このツアーで皆さんと一緒に歌いたい歌があります。  “.chance for you” という曲なんですが、心と心のつながりを感じられたらいいなと思います。 皆さん、一緒に歌ってくださ〜い」
22.chance for you

麻衣さんの歌が順調に進み、一緒に歌ってとマイクをつきだす麻衣さんと、場内の全員が参加したのではないかというほど大きな合唱が続きました。  さびを3度アカペラだけで歌ったあと、麻衣さん「ありがと〜〜」といって締めの歌に入り最後のフレーズの前、麻衣さんの声が途切れました。 画像に移った麻衣さんは、うつむき、目を閉じて必死に涙をこらえている様子が映し出されました。
肩がかすかに震え、なかなか声が出てきません。 とうとう、目頭を押さえ始めました。  観客からの「麻衣ちゃん、頑張って〜」「頑張れ」との声援があちこちからかかります。 瞳にいっぱい涙をためながら,かすれながらも最後のフレーズを歌い終わったときには、思わず泣きそうになるほど感動してしまいました。  場内は大声援と、サイリウムの光と拍手の嵐でした。  麻衣さん、「ありがとう、ありがとう」と何度もいってました。

照明が明るくなり、いよいよ本当の最後の曲の演奏がはじまりました。
23.always

曲の始めから、サイリウムによるフリフリが始まり最後までつづきました。  振り返ってみると、アリーナは勿論、1階、2階共大きく振られていて大きな光の波がうねりを上げているように感じられました。 感動です!

曲が終わり、照明が明るくなり、メンバーがそれぞれ手を振りながら退場していきます。 麻衣さんも「ありがとうございました〜」と左袖に退場しました。  昨日は、再度メンバーごと出てきて、麻衣さんからのサプライズがありましたので、Mai-kコールの中、誰も帰る人も無く待ち続けました。
5分後位かな、再度メンバーとともに麻衣さんも登場、メンバーが配置につきます。  
麻衣さん、舞台センターでマイクを持つと、「奈良から始まったツアーも今日で最後となりました。 それぞれの会場の皆さんから、暖かい声援と、いっぱいのメッセージをいただきました。それの一つ一つが私に勇気とパワーを与えてくれました。 そして今日もまた大きな力をいただきました。 こうしてライブを行えるのも、多くのスタッフの皆さん、バンドの皆さん、そしてこうして倉木麻衣を応援してくれるみなさんのおかげだとお思います。私にも辛いときや、悲しいときがあります。 そんなときに応援してくれる皆さんが支えてくれることにより、ポジティブな気持ちになれます。 これからも倉木麻衣をよろしくお願いいたします。」  といって、生声で「ありがとうございました〜〜」といい、大きくおじぎをしました。 10秒、20秒、30秒と頭を下げ、深々とおじぎをしてくれました。   観客からは、これまた大声援と、拍手が大きく響きわたりました。  麻衣さん、涙目のまま、舞台の隅から隅まで手を振りながら観客の声援にこたえてました。  左袖の近くに行くと再度「今日は、ありがとうございました〜〜」と大きく手を振りながら「気をつけてお帰りくださ〜〜〜い」と言って奥に行ってしまいました。   
えっ?? バンドは? 歌は?  バンドのメンバーもきょとんとした顔をしています。  その時なんと奥から麻衣さんの声で「最後にもう一曲歌わせてくださ〜い」と言いつつ、またまた出てきてくれました。

舞台の中央にでてきて、「それでは“Stay by my side”を聴いてください」   観客「ううううわ〜〜〜〜」

〜Encore2〜
24.Stay by my side

もう、これも何も言うことはございません。 じっくりと聴かせてくれました。

曲が終わり、照明が明るくなり、メンバーがまえに勢ぞろいいたしました。  麻衣さん「バンドのPurple Hazeの皆さんでした〜」と紹介  みんなが観客に大きく手を振ったり、麻衣さんと握手したりハイタッチしながらそれぞ退場

麻衣さん、「今日はどうもありがとうございました。 また、次のツアーでお会いできることを楽しみにしています。皆さんの暖かい声援が、心の支えになっています。 これからも応援よろしくお願いいたします」とお辞儀をしました。  「ありがとうございました〜」と最後に左右の袖まで行ったりしながら観客の声援にこたえておりました。 そして最後に、「気をつけてお帰りくださ〜い」といって袖に消えて行きました。
場内は怒涛のような声援と拍手がつづいてました。

今ツアーもとうとう終わってしまいました。 また、一段と歌が上手になっていましたね。 CDで聴くのは勿論ですが、ライブにて直の声を聴けることはこれからも本当に楽しみです。  ライブでも積極性が一段と増して安心してみれるようになりましたが、逆の意味での麻衣さんらしさが失われていくのもさびしい気もします。  まあ、今日もやっちゃいましたが(笑)

来年は、日本全国で行ったこともないところでもライブを行うそうですので、また、多くの人に参加してほしいですね。  
しばらくゆっくりして、また、元気な姿をみせてくださ〜〜い!

また、多くの麻衣ファンのかた、また、どこかでお会いいたしましょう。


注) 麻衣さんの発言はあらかたフィクションです(爆)

1,418 hits

【384】「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FUSE」  武道館 涙のファイナル!! G(^o^)gi@久々レポ! 05/10/29(土) 21:52 [未読]
┣ 【387】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... エッジ 05/10/29(土) 22:41 [未読]
┣ 【390】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... 黒砂糖 05/10/30(日) 4:47 [未読]
┣ 【397】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... ・・・・ 05/11/1(火) 22:49 [未読]
┣ 【398】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... G(^o^)gi@久々レポ! 05/11/2(水) 19:36 [未読]
┣ 【400】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... ソラ 05/11/3(木) 0:21 [未読]
┗ 【401】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... ぶち 05/11/3(木) 1:23 [未読]
┗ 【403】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... 黒砂糖 05/11/3(木) 4:00 [未読]
┗ 【415】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... にゃああ〜 05/11/12(土) 1:23 [未読]
┣ 【416】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A FU... 黒砂糖 05/11/13(日) 5:20 [未読]
┗ 【417】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A ... hiro-k 05/11/25(金) 11:22 [未読]
┗ 【418】Re:「Mai Kuraki Live Tour 2005 LIKE A ... hiro-k 05/11/25(金) 12:45 [未読]

  ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
35 / 351 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
(SS)C-BOARD v3.8 is Free