「2012 LIVE」
 お誘い、レポート&感想専用掲示板
 
 うわー。また今年もギリギリだ。というか、今日が当日です。

「Mai Kuraki Live Tour 2012 〜OVER THE RAINBOW〜」

1月21日(土)18:00 千葉 市原市市民会館 大ホール
1月22日(日)18:00 宮城 仙台市民会館 大ホール
1月28日(土)18:00 埼玉 熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール
1月29日(日)18:00 東京 府中の森芸術劇場 どりーむホール
2月4日(土)18:00 大阪 河内長野市立文化会館(ラブリーホール)
2月12日(日)18:00 三重 桑名市民会館
2月17日(金)18:30 広島 ALSOKホール
2月18日(土)18:00 福岡 福岡国際会議場 メインホール
2月24日(金)18:30 静岡 三島市民文化会館(ゆうゆうホール) 大ホール
2月26日(日)18:00 神奈川 ハーモニーホール座間 大ホール
3月2日(金)18:30 北海道 札幌市教育文化会館 大ホール
3月10日(土)18:00 埼玉 東松山市民文化センター
3月11日(日)18:00 群馬 太田市新田文化会館 エアリスホール
3月18日(日)18:00 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール
3月20日(火・祝)18:00 大阪 大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール
3月24日(土)18:00 東京 東京国際フォーラム ホールA

の2012年に行われる予定(2012年1月21日現在)のライブの掲示板です。
みなさん、黒砂糖さん、遅くなってごめんよ〜。(OHHO・田熊孝浩)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
57 / 130 ←次へ | 前へ→

【74】Re:その3です☆
 Steinfeld  - 12/7/3(火) 2:51 -

引用なし
パスワード
   >「Sun will shine on u」で、素晴らしいバラードコーナーが終わって、ここで、「The Story of OVER THE RAINBOW」と題されたコーナーがありました。アルバム「OVER THE RAINBOW」、そして、OVER THE RAINBOWツアーのメイキング映像が、スライドショーとして、スクリーンに映し出されました。名古屋と大阪では、「あなたがいるから」の歌無しソロピアノバージョンがBGMになっていましたが、国フォでは、今ツアーの、このコーナーでのデフォルト曲、「Brave your heart」に戻りました。麻衣さんが、レコーディング中に、赤青鉛筆を持って歌詞を試行錯誤しているショットだとか、ヘッドホンで聴いているショットだとか、ツアーのリハーサル、ニット帽を被って、ダンサーの方達やバンドメンバーと真剣な表情で、そして、笑顔で、リハーサルを重ねている瞬間のショットだとか、仲間の作るアーチの下を麻衣さんがくぐっていくショットだとか、今度は仲間がくぐるアーチを麻衣さんも一緒に笑顔で作っているショットだとか・・・実に、印象的というか、見ていて何故か、目頭が熱くなってしまいますた(笑)。こうしたひとつひとつの小さな努力や、時間の積み重ねが、実際のライブに繋がっていく訳で、これからもますます、さらにずっと先まで、繋がって行ったら良いなという思いで、胸を一杯にしながら見た、このコーナーでした(涙)。
>

 バラードコーナーの余韻に浸りながらの「The Story of OVER THE RAINBOW」はタイミング的にぴったりで、実に心地よかったです。


>11.Love one another・・・そして、今ツアーの、これまでになかった様な素晴らしかった点のひとつは、バラードコーナーが終わって、そこから一気に、盛り上がりコーナーに突入していくのではなくて、ゆっくりと、離陸期間というか、緩衝地帯というか、そうしたコーナーがあって、それが、凄く、ライブの中で効いていたことです。そうした温かく盛り上がるパートの最初が、座ったまま、癒し度の高い音楽に身を委ねて、麻衣さんの呼び掛けで手拍子を合わせたりした、この曲でした。南太平洋(?)を思わせる、豊かな自然、緑の木々の葉や、そこからの木漏れ日だとかが、スクリーンに映し出されて、命の息吹を思わせる様な映像と溶け合った麻衣さんの歌声、座ったまま、心地よく堪能しました(笑)。
>

 この感想には大きく頷きます。
 全体の"流れ"がとてもいい感じです。

 私はたしかこのあたりで、名古屋との比較を意識したと記憶しています。
 麻衣さんの声の調子は名古屋の方が少し良かったのに、ライブのデキとしては東京の方がよいと感じているのはなぜか。
 最も強く感じたことは、ライブでは照明やスクリーンの映像の役割は非常に大きいのだなぁということでした。
 今回は名古屋ではなかった演出がすごく効果的だったと思います。


>12.どうして好きなんだろう・・・いつもならここで、可愛いメルちゃんの「Stay the same」で、ゆっくりと立ち上がって、手を振って合唱して盛り上がる感じなのですが、国フォファイナルでは、何と、サプライズゲストということで、ここで何と、ジョルジョさんが登場。麻衣さんとの絡みで、ここから2曲、ゲスト参加してくださいました♪ 先ずは、「どうして〜」。この曲は、歌詞の世界観が、これまでの麻衣ワールドとは異なる様な曲でしたが、でも、麻衣さんの歌声の美しさを、今までには無かった様な感じで、実に美味しく引き出して下さった、とても切なく美しいメロディを持った曲ですよね。そのライブバージョン、やっぱ良い曲だな〜とか思いながら、美味しく浸った印象です。
>
>13.言葉にできないほど好きなのに・・・12が、ジョルジョさんが、麻衣さんの方に歩み寄る様な形で、新しい麻衣ワールドを作ってくださった感じの曲なら、こちらは、ジョルジョさんワールドに、麻衣さんが参加しているみたいな印象の曲ですね。妙にアップテンポの懐かしい感じのメロディと、刹那的な切なさに溢れた歌詞の感じが印象的な曲ですが、ライブで聴けるのは非常に貴重な経験で、とても良かったです(笑)。ジョルジョさん、基本的に、一歩下がった感じで、麻衣さんを引き立てることに徹していた感じで、それに、ファンへの感謝の言葉も忘れないで、そんな所もとても好印象でした(笑)。
>

 以前から書いているように、私はジョルジョさんには好印象を持っていて、ゲスト参加は大歓迎です。

 ただ今回も、あまり嬉しくないという雰囲気の人が一部いたみたいで、それは残念でした。私の近くで言うと、左隣の単独参加の男性や右斜め後方の男性2人組は
かなり明確に "いらないぞオーラ" を出していました。。。。。


>14.Stay the same・・・そして、今ツアーの温かく盛り上がる参加のパートで、曲の世界に誘われる様に、そっと立ち上がって楽しんだのが、この、メルちゃんの、可愛くて温かい曲でした(笑)。スクリーンには、MVでお馴染みのメルシーヒルズのアニメが流れていて、これを初めて見た、チャリティーライブの感じだとか、MVを見る度に涙腺を破壊されたことだとか、わき上がって来て、かなりヤバイ状態でした(笑)。「ラーラーラー・ララ・ラー・ララ♪」みたいに歌いながら、ゆっくりと手を振る感じだとか、楽しかったですね(笑)。「泣きたい時は〜♪」の所なんかは、スクリーンのマイマイのアニメの口が、ちゃんと、この歌詞を歌う様に動いているので、しかも麻衣さんは、ちょっと声優の様に声色を変えて歌っているから、ステージの麻衣さんと、スクリーンのマイマイの、どっちを見て聴くべきか、そんな嬉しい迷いを感じながら楽しんだのも、この曲の懐かしい感じですね(笑)。あと、メルちゃんのゲスト参加があったら、もっと良かったんですけどね(笑)。
>

 こういう曲が1曲あると、ライブ全体にちょっとしたアクセントがついた感じでなかなか乙だと思います(笑)。

 この曲を聴くと、子供をイメージしてしまいますが、東京は名古屋よりも(中学生以下の)子供が大差で少なかったように感じました。

 黒砂糖さんの(子供の数についての)印象・記憶はどうですか?


>15.Chance for you・・・そして、これまでのライブだと、ライブの締めくくりの部分で、大切に歌われて来たこの曲が、今ツアーでは、中間部の、温かく盛り上がるパートの締めの部分に来ましたね(笑)。こうした、ライブの中で、明確な役割をずっと果たして来た曲を、別の位置にコンバートするのって、結構、勇気が要ったのではと思うのですが、それも、今ツアーの個性的と言うか、今までにない感じのセットリストの、大きな特徴でしたよね。ともあれ、これをライブで歌う度に、これまでライブで重ねて来た色んな思いが、頭をよぎる感じで、やっぱ、麻衣さんライブは良いな〜っていう気になります(笑)。
>

 代わりの締めくくりの曲がみつかったから、私は、この位置への移動を肯定的に評価しています。

 そろそろ皆で合唱する曲から麻衣さんが歌って聴かせてくれる曲にコンバートしても良いぐらいです。


>16.Born to be free・・・そしてここからは、麻衣さんライブ後半の、熱いラストスパートが始まりました。赤い照明と炎、先ずはダンサーさんに導かれる形で、手を突き上げたあと、舞台上段の中央から、麻衣さんが、ぴょんと飛び出して来る感じ。ただ、国フォでは、何かトラブルがあったようで、なかなか麻衣さんが登場されないで、しばらく、バンドだけの演奏が続いて、正直、何があったのか心配しましたね。。。途中から、無事、麻衣さん登場。トラブルの原因は判りませんが、そうしたハプニングにも、取り乱したりすることなく、途中からですが、いつもの様に、熱く歌い上げてくれました♪ だから、いつもの様に、熱く拳を振り上げて、楽しみました(笑)。

 ハプニングには私も一時心配しました。

>
>17.ラララ*ラ・・・そして、熱い感じは、この曲に引き継がれます。まず、曲のイントロが、ボサノバの名曲「マシュ・ケ・ナダ」で始まりました。「オーバオバオバ♪」みたいに、麻衣さんに合わせて、てのひらをパッパってやったのも楽しかったですね(笑)。そしてそうしたルーツミュージックのイントロに続いて、その中から、一気に熱い風が吹き出して来る様に、「ラララ*ラ」が始まるのが、実に印象的でした。ライブ中、曲に合わせて手を振る麻衣ソングは、これまでも結構ありましたが、両手を挙げて振る感じというか、こんなに熱く振る感じは今までにはなかったですよね〜。実際、さびの部分なんかは、麻衣さん、ステージの上をスキップをする様に走り回って、実に嬉しそうに両手を振っていたのが最高でした(笑)。ともあれ、今回のツアーで初めて体験した、実に熱くて、ライブで味わうと、もう破壊力満点の1曲でした(笑)。
>
>18.another day*another world・・・そして次も、ニューアルバムからの破壊力満点の曲が続きました。イントロの所の、打ち込みで流れる麻衣さんの英語のセリフが、実にクールでカッコイイ、この曲の始まり方でした。ダンサーさん達との呼吸もピッタリで、赤とモノクロの強烈な照明を使った、ストップモーション風な見せ方も、とても格好良かったですね。麻衣さんの歌も、実に力強くて、「イマジネーション=フリー♪」の部分なんて、今までにないぐらいの、張りのある力強い声で歌っていたのも、実に熱かったですね。あと、サビの部分だとかは、ギターの大賀さんが、もうノリノリでバッキングを付けていたのも、実にイイ感じでした(笑)。
>

 16〜18はコンビネーション的によく、かつ、最新のアルバム曲を2曲聴けるので気持ち的に盛り上がりました☆


>19.Growing of my heart・・・ニューアルバムからの、熱い曲が二つ続いた後、温故知新とでも言うべきか、麻衣さんライブの熱いパートを、もうずっと以前から作って来た様な、この曲が続きました。この曲は、個人的には、何と言っても、FUSEツアーの後半戦を思い出してしまうのですが、その頃に比べると、歌もライブでのパフォーマンスも、随分と、貫禄が出てきたし、実に力強くなったな〜なんて思いながら、大いに盛り上がった印象です(笑)。
>
>20.PUZZLE・・・この熱いパートのハイライト、絶頂とでも言いたいのが、これと、次の「FUTURE KISS」でした。この2曲は、何て言うか、一切の迷いが無いというか、曖昧さがないというか、ソリッドで、容赦なく熱いですよね〜(笑)。この辺は、いつも、全く理屈抜きに楽しんでいるので、暗がりでつけるメモ書きの情報が、いつも、ほとんど無いのが、個人的な話ですが、レポのネタ的には、ちょこっと難しい曲だったりします(笑)。ショートバージョンだったのだけが、ちょっと、残念だったですかね(笑)。

 たしかに、ライブの盛り上がりの渦をさらにパワーアップさせるためにはいい曲だと思います。

 ただ、これも以前から書いていることですが、19はともかく、20は固定ファンの間の人気とは裏腹に、曲自体があまり好きではない。

 私にとっては、20は麻衣さんよりも水樹奈々さんなど、アニメ声優の人向きの曲だと感じてしまう。


>21.FUTURE KISS・・・「PUZZLE」で大汗をかきながら盛り上がった後、間髪を入れずに、この曲のイントロのシンセが流れて来る時のかっこよさと来たら、これは、実際にライブでしか味わえない、最高の瞬間です(笑)サビの振りを合わせるのも最高だし、ホント、熱く盛り上がるパートのハイライトでした。個人的には、このパートでこの曲が一番好きですね。ちなみに国フォでは、レーザービームの視覚効果や、虹色の照明が、一層、この曲の感じを高めていましたね〜♪
>

 曲は好き。曲は好き。曲は好き。(笑)。

 振りは。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。ダ●イ(笑)。 

 何度見ても、どうしても感想を変えることができませんm(_ _)m


>22.一秒ごとに Love for you・・・そして次も、ライブで大いに盛り上がる、ライブに欠かせない、熱いライブの感じを代表するこの曲でしたが、今ツアーでの「一秒ごとに〜」には、もうひとつの大きな楽しみがありましたね。そう、イントロの所での、毎回恒例、ご当地ゆるキャラ登場のコーナーです(笑)。これが、今回は何が登場するのかを予想したりする楽しみなんかもあって、実に楽しかったですね♪ ただ、会場が大都市にあればある程、候補になるキャラの種類が多くなって、予想が難しい感じでしたが、中でも、東京は一体なにが来るのか、興味津々でした。で、いわゆる「オーエーオー♪」の掛け合いを、バンドのメンバーとの間でそれぞれ交わしたあと、机の上に隠れていたこの日のキャラは、何と、、、マイマイとメルちゃんでした(笑)。「なるほど〜」みたいに、大いに納得してしまいました(笑)。で、麻衣さん、「オーエーオー♪」と歌って、マイマイにマイクを向けて、自分で声色を変えて高音の裏声で「オーエーオー♪」みたいな(笑)。で、次は麻衣さん、麻衣さんの声で、普通に歌えば良いのに、妙に低い声で「オーエーオー♪」と歌ってしまって、「難しい〜。。。」みたいな(笑)。いっこく堂さんには、とても、なれそうもない感じでした(笑)。ともあれ、これも、熱いライブの一体感を感じることが出来る、素晴らしく充実した1曲でした!!
>

 キャラについては、黒砂糖さんと類似の感想でした。「ほ〜、そう来るか」みたいな(笑)。


>23.BE WITH U・・・そして、ライブ本編の最後は、熱くヒートした心や体を、ゆっくりと手を振って、優しくクールダウンしてくれる様な、この曲でラストでした。そして、国フォでは、今ツアーで初めて、この曲の時に、歌っている麻衣さんの生の映像が、スクリーンに映し出されましたね〜♪ 非常に良く練られたセットリストの、今ツアーの本編は、この曲で、温かく締めくくられた感じですね(笑)。何て書いていると、ライブが恋しくなってくるなあ。。。
>

 この曲の時に、歌っている麻衣さんの生の映像が、スクリーンに映し出されましたね〜♪  ← これでこの曲の "締めくくり曲としての地位" は万全だぜ(笑)。イエ〜イ☆ ガッツポーズ☆ バンザイ☆ 花火ドカ〜ンドカ〜ン☆(笑)


 最後のその4も楽しみです♪〜♪

316 hits

【65】国フォファイナル(012/03/24)のレポです☆ 黒砂糖 12/4/3(火) 2:55
┣ 【66】その1です☆ 黒砂糖 12/4/3(火) 3:00
┃┗ 【72】Re:その1です☆ Steinfeld 12/7/3(火) 0:39
┃┣ 【76】Re:その1です☆ 黒砂糖 12/7/3(火) 4:03
┃┗ 【77】Re:その1です☆ 黒砂糖 12/7/5(木) 4:28
┣ 【67】その2です☆ 黒砂糖 12/4/10(火) 3:55
┃┗ 【73】Re:その2です☆ Steinfeld 12/7/3(火) 1:40
┃┗ 【78】Re:その2です☆ 黒砂糖 12/7/8(日) 4:01
┣ 【68】その3です☆ 黒砂糖 12/4/17(火) 4:46
┃┗ 【74】Re:その3です☆ Steinfeld 12/7/3(火) 2:51
┃┗ 【79】Re:その3です☆ 黒砂糖 12/7/12(木) 4:56
┗ 【70】その4です☆ 黒砂糖 12/4/24(火) 4:25
┗ 【75】Re:その4です☆ Steinfeld 12/7/3(火) 3:32
┗ 【80】Re:その4です☆ 黒砂糖 12/7/24(火) 4:04 [未読]

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
57 / 130 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
8,092
(SS)C-BOARD v3.8 is Free